2018年9月27日 (木)

天皇杯8強揃う

天皇杯はベスト16の残り2試合が行われた。鹿島がJ1首位の広島を延長の末に2-0で破り、3大会連続で準々決勝へ進んだ。磐田は札幌に4-2で勝ち、2大会連続の8強入り。
準々決勝で鹿島はJ2の甲府と対戦し、磐田は仙台との顔合わせとなる。鹿島はこれで、ACL、天皇杯、ルバン杯と全て勝ち残っており、リーグ戦もACL圏内で今後のスケジュールがもう大変、殺人的スケジュールになるでしょうな。この時期になってチームの観戦で忙しいというのは羨ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

ACL鹿島4強進出

AC準々決勝で鹿島は中国の天津に快勝して、準決勝に進出した。アウエーでも、、2-0で勝っており、ホームでの2ndレグでも、3-0の圧勝、鹿島の強さというより、中国チームの汚いプレーが目立った試合でしたね。これで、初のAC L準決勝に進出、対戦相手は韓国の水原になる。
また、西ではシャビ、カビを有するアルサッドが準決勝に進出した。シャビ見てみてー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

U21日本代表アジア大会決勝戦へ

森保体制のスタートとなったU21で臨んだアジア大会、予選リーグでは引いて守る相手を崩せず、またベトナムには完敗と心配されていたが決勝トーナメントに入って調子を上げてきた。
サウジアラビア、UAEを撃破、日程が過密となるなかコンデション面で日本には1日の長があったようです。アジア大会での成績が次の五輪に繋がってくることを考えると、決勝の韓国戦は是非とも勝っておきたいところです。対戦相手の韓国は孫興民が兵役免除をかけて、決勝戦に臨んでくる。韓国は優勝出来ないと兵役免除にはならず、必死に向かってきます。それをサラリとかわせれば優位な戦いにもっていけるのではないかと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

U21アジア大会ベスト4へ

ここまで非常に不安定な戦いをしてきたわけでありますが、ベスト4をかけたサウジアラビアとの戦い、きっちり2点を取って勝ちきりました。メンバーを見てもJに出ている選手は少なく、この世代がれぎゆを取れるようになればですな。次戦はUAEで、決勝戦は韓国になる可能性が大、アジア大会で結果出せば、五輪でも結果がついてくる、そんな事だから次の2戦は頑張って欲しいものです。
U19メンバーに、浦和からは橋岡、萩原が選ばれました。2選手には期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

マーキープレイヤー

本田選手がオーストリアのメルボルンビクトリーに移籍が決定したようです。ミランの10番から、メキシコのパチューカをへての移籍で、なんか都落ちと言う印象は免れません。しかしオーストリアリーグには、マーキープレイヤーという制度があり、何でも年俸は1億7千万以下に制限されているのですが、チームに一人だけこの決まりから除外される選手がいてもよく、本田はどうやらマーキープレイヤーに指定されたようです。
AリーグのチームとはACLで戦うわけですがら、メルボルンビクトリーとは浦和は対戦しましたっけ?あまり記憶にありません。
個人的には、日本に戻ってきて欲しいかったのですが、やはりコストかかりすぎJのチームは獲得に二の足を踏んだのでしょうか?でも本田の、実力からすればまだまだやれると思います。ただ、やはり何か少し寂しい気持ちはします。本田のチームとACLでの対戦を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

さすが鹿島

鹿島がC大阪に勝ちましたね。ACLの日程の影響で残っていた試合の消化が昨夜行われた。
金崎の鳥栖への移籍が発表され、どうなるのと思われていた鹿島ですが、C大阪に完勝。昌子も足を怪我してしまったが、そこはさすが鹿島という事ですね。
なんか若手も出てきているようですね。これである程度の結果を出せれば良い。でも、鹿島は日本勢で唯一ACLで勝ち残っているので、更にACLでは頑張ってもらいたい。ジーゴTDの影響?まだ来てないでしたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

鹿島金崎移籍

鹿島の金崎が鳥栖に移籍が電撃的に発表されました。金崎は鹿島の10番を背負っており、リーグ期間中に主力FWがJの他チームに移籍のは非常に珍しいことです。金崎は、今オフにも神戸から移籍オファーを受けたが、鹿島に留まった。
鳥栖には、トーレスが移籍して来ておりこれに影響を受けたのでしょうか。大物を連れてくると、このような副次効果も期待できるわけですね。鳥栖は現在17位に低迷していますが、金崎の移籍で巻き返しの陣容を整えて来ている。G大阪が監督を電撃的に解任したのとは対照的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

G大阪監督解任

G大阪が迷走状態になっているようです。攻撃的なチームを目指して、C大阪での実績もあるクルピ監督が今期から指揮を取るようになったわけですが、一向にチーム状態上がらない。W杯中断明けも、連敗で解任されることになりました。
後任はOBで日本代表のキャプテンも努めた宮本ということのようです。どうにも、前から準備しているわけでもなく、直前の話し合いで急転直下で決まったようです。
厳しいですな、このチーム状態で経験なく、監督が初体験、その前にもJ2に落ちた時にも、監督経験ないOBの松波監督持って来てJ2に降格、既視感たっぷりですな。宮本監督の検討をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

W杯終了です

一か月近くにわたり開催されたいたW杯もフランスの優勝で幕を閉じた。MVPはクロアチアのモドリッチ、まあモドリッチの活躍からすれば当然と言うことですか。
得点王はケイン、一次リーグでは得点出来たが、決勝トーナメントではさっぱりでしたね。近代サッカーは守備の機能が上がり、遅攻での得点はなかなか出来無くなってきており、やはりセットプレー、カウンターからの得点が増えた来ている。絶対的な選手一人だけでは通用しないようになってしまった。また、スペイン的なパスを繋いでいく戦法も通用しなくなって来ている。
また、ポグバとか、ルカクに代表されるようにフィジカルに優れた選手が活躍する、こうなって来ると日本は苦しいですね。フィジカルで世界に通用するのは酒井宏くらいしかいない?
監督も日本人で長期的な育成にシフトして行くようでが、今回成功していたようでそうでない部分も上手く吸収出来ていくか、ハリルホジッチのやり方は間違っていなったが、JFAとコミュニケーションが取れなかったのが致命的でしたね。果たして、どういう方向に行くのか、東京五輪を含めて注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

W杯いよいよ決勝

W杯の決勝選が決まった。フランスvsクロアチアとなりました。私の予想は、ベルギーvsイングランドでしたので、予想は全くの外れとなってしまいました。
フランスがやはりコンデション的にも有利ですかね、クロアチアは決勝トーナメントに入って120分の戦いが続いているなかで、休養日もフランスより少ない。モドリッチ、ラキティッチはヘロヘロでしょう。
フランスは、エムベッパのスピードに目が行きがちですが、カンテ、ボクボがやっぱ凄い。今回の特徴として、フィジカルに優れた選手が活躍していますね。これからもこういう傾向になるのでしょうかね。何となく寂しい気持ちもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧