2018年10月 9日 (火)

仙台戦

遅報になってしまいました仙台戦、まあ何と壮絶な肉弾戦となりましたね。主審のアレなのですが、これでは選手も厳しそう。仙台のほぼ半袖とも思えるチャージに対して余りに笛はならない。青木と興梠が痛んでしまいましたね。
試合的には、失点場面のセットプレーは何とか抑えようがあったような気がしないでもないです。
怪我人、そしてu19で選手のやりくりは厳しいと思います。ACL圏内を目指して是非とも最後の一踏ん張りを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

U19アジア選手権

今月の18日からインドネシアで開催される。アジア予選を突破すれば、ワールドユースへの出場権が与えられる重要な大会です。その大会に浦和から、橋岡、萩原の2選手が選出されました。
18日からの開催ですと、鹿島戦とG大阪戦は出場出来ないようです。橋岡は右サイドでレギュラーをはっており、西川のキックのターゲットにもなっており、浦和としては無くてはねらない存在になってきております。
萩原もそのスピードで左サイドからのアタッカーとして貴重な戦力となっている。
橋岡の代わりは森脇が故障から復帰してきている。ACLの出場権が見えてきた現在、現有の戦力で何とかうまくやりくりをして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

浦和の観客動員について思うこと

裏議に興味深い記事が載っていました。議論の中心は浦和の観客数が減っていることです。確かに浦和の観客数は最盛期に比べれば2万人は減っているわけで、減ってとはいえまだJリーグではNo. 1でありますが、それを支えているのは古参のサポ、文句を言わずにシーチケを購入している、いわゆる岩盤層と言われている層ですね。
その2万人のサポが何処に行ってしまったこと言うと、アイドルとフェスと言う事のようです。これについてはいろいろと意見はあるかと思いますが、私の周りを見て見ても、浦和サポをやめて、AKBやももクロに乗換えている人が多い。最初のうちは、AKBの総選挙に行くとか言って、おまえ何言ってんのと言う感じでしたが、最近では彼らの方が主流となり、まだ浦和サポやってんですがと反撃を食らうようになってしまった。
また.ジャパニーズオンリーもまずかった。あれで浦和のゴール裏の殺伐とした、うっかりと足を踏み入れる事が出来ない所と言うことはなくなり、確かにゴール裏へのハードルは下がったけど、クラブはゲーフラ禁止とかいろいろと規制をかけてしまいたね。
人それぞれてます、人生いろいろ、会社もいろいろです。しかし、その潮流をクラブが掴みきれていない。確かに新しいサポを増やそうとしている努力はしているようですが、我々のこころには響いて来ない。一番心配なのは、どうもクラブの動向が良く分からず、岩盤層と言われる層が離れて行く事だ。アイドルもいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

調子が上がらず

調子が上がりませんな。C大阪戦も先制したところまでは良かったのですが、その後はさっぱりでしたね。スコア的には惜敗ですが、杉本が決めるところをきっちりと決めていたら大敗でしたね。
ファブリシオが怪我で交代したのも気になるところです。ひざが変な曲がり方をした様な感じで長期の離脱にならなければ良いのでますが。
李が入ってきて、先制するところまでは、KLM復活かと思われましたが、その後はさっぱりでしたね。ミシャの残り香を少しの間楽しんだということですね。
この敗戦で、下位チームとの勝ち点差は縮まる。下手をすると降格争いに巻き込まれてしまう。ここは踏ん張りどころ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

今日はは天皇杯

明日は天皇杯の4回戦が、熊谷陸上競技場で行われます。天皇杯もACLへの切符を獲得出来る大会ですので、今のチーム状況からすれば浦和も真剣に取り組んで欲しいものです。
対戦相手はベルディですが、どういうチームなのか全くわかりませんが、J2では昇格圏の6位にいますから結構な難敵になるのではないでしょうか。一方、浦和は清水戦ではメンバーをわりと変更してきたので、どんなメンバーになるのかも注目です。
熊谷陸上競技場ですから、帰り道もなりますが、熊谷駅からのアクセスを考えると、特に帰りを考えると車でないとちと厳しいですよね。スカパーでは一応生中継があるわけですね。なかなか厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

明日は川崎戦

首位を独走する広島に完勝し、次の相手は川崎です。川崎も手ごわい相手ですから浦和の真価が問われる一戦になりそうです。
中断明けは4戦して負けなし。対戦相手も結構な難敵、オリベイラの中断期間の厳しいトレーニングの効果が徐々に出て来ていると言うなのでしょうか。このくそ暑い夏場での効率の良いセットプレーからの得点続いていたわけですが、広島前半では流れのなかから鮮やかな得点、特に後半のカウンターからの得点は見事でした。
新加入のファブリシオが非常にチームにフィットしている。興梠との2トップにして、4バックを採用してもいいじゃないという感じがします。川崎戦でもこの辺が機能してくるか、そこが注目されるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

鹿島化

まあ、いろいろと揶揄されている事ですが、興梠、オリベイラ、ファブリシオときて浦和の鹿島化?が言われています。新潟化、広島化と言われたわけですが、まあいいのではないですか。強ければ良いのですから。
ファブリシオは良いですね。ボールの収まりどころが興梠と、2カ所出来るわけです。これでフォーメーションの選択肢もオリベイラには出てくるわけで、楽しみが増えてくるわけです。さてさて、川崎、長崎と続くホームの連戦なのですが、ここで勢いを一気につけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

アウエー札幌戦

jリーグの後期の日程が発表されました。それによると11月に開催されるアウエー札幌戦の会場がまさかの厚別陸上競技場、何で札幌ドームではないんですか?チケットのゲットがこれは厳しくなって来ています。札幌ドームのイベントスケジュール調べてみると、エグザイルのコンサートと重なってしまったみたい。という事は、飛行機のチケットも取るのもちと大変になる?
一応、ホテルはクラビーサッポロを一休.comで早割で予約だけは入れてあるのですが・・・ただ札幌は観光というより、旨いものツアーという感じになるので、グルメツアーに行って、運が良ければ浦和の試合を見てくる。こんなスタンスで臨みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

清水キャンプ

浦和のW杯の期間中のトレーニングキャンプが終了しました。先週の土日で美味いもの食いに行くのも兼ねて、清水に行ってみようかと思いましたが、暑いのでやめました。
オリベイラ監督の厳しい指導があったようですね。来週から天皇杯、そして再来週からはJリーグも再開されます。気になるのは、磐田とのTMで興梠が負傷した事。詳しい事は分かりませんが、ナバウトもW杯で負傷し長期離脱らしいし、長引くようだとまずい。中途加入したファブリシオがどんだけやってくれるか、そろそろ浦和モードに切り替えていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

直輝負傷

直輝がまた怪我をしてしまった。
20日のトレーニング中に負傷した山田直輝が右腓骨骨折と診断され、本日21日に手術をしましたので、お知らせいたします。全治は約4ヶ月の見込みです。

うーむ、なんで直輝だけ、天は直輝を見放したのか?本当によくよくついていない。次のステップアップを目指すとそこで怪我、直輝も今季浦和に戻ってくるにあたり、相当の覚悟をもって戻って来たと思われる。実力だけで無く、運も必要なんですね。
ユース上がりで相当の期待をもってトップチーム上がって来たが、度重なる怪我に泣かされているわけで、これは不運というしかあるまい。
指宿、沖縄キャンプでのファンサービス、直輝は一人一人丁寧に対応、まさに神対応でしたね。早い回復を祈るしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧