2017年1月26日 (木)

アウェイ札幌戦の参戦を考えます

昨日、2017Jリーグの日程が発表になった。今シーズンの一番の楽しみはアウェイ札幌戦。前回も前々回も参戦しているんですよね。また、今回逃すと札幌にはいつ行けるか分からない。是非とも参戦したいところです。
発表によると、札幌アウェイ戦は7月29日14:00キックオフ。夏休みシーズンとなり、飛行機はもちろんホテルも高くなってしまう。LCCを調べてみると、28日の前日出発だと、ジェットスターの10:10発千歳12:30着、が良さそう。半日札幌観光を楽しみ、翌日は最終便が19:55ですので、余裕がある日程が組めそうです。
ちょっとその方向で検討に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

2017明けましておめでとうございます。

ほぼ放置状態の弊ブログです。スマホ時代になると、スマホからSNSに投稿すればことがすみ、わざわざPCからブログを更新するのは億劫になってしまう。

去年の浦和もほぼ掌中に収めてシーズンをすんでのところで取り逃がす。早いシーズンオフの訪れ、その後の鹿島の活躍を見れば忸怩たる思いがしましたが、これが浦和の本領といことですな。別にいつも通りの浦和が再現されたと考えれば、まあいいじゃないということで。
クラブからは、チーチケ対象試合に全て来場された記念にメモリアルピンバッチが送られてきた。ACLのFCソウル戦は欠席しましたが、これは対象試合に入っていなかったようですね。浦和がJ2に落ちてからのシーチケ保有ですから、今年で18年目、まおよくも飽きもせず続いて入りものですね。今年もまったりと浦和を応援しますので、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

明日はルヴァン杯決勝戦

さてさて明日はいよいよルヴァン杯の決勝戦になりました。浦和のタイトル獲得は、去年の1stステージ優勝ありましたが、これは半分の意味合いしかないもの、その前に遡れば07年ACL制覇までないわけです。
うーん、まさに失われた10年ですよね。その間、ナビスコ2回、天皇杯も1回ファイナルまでは行っているが、タイトル獲得までは至らなかった。しかしですねえ、今年はチームの充実度、選手のコンディションを考えますと、大丈夫なんじゃねえ、と考えるわけであります。
まあ今年は、ルヴァン杯のファイナルのチケットはJの早割で早々と購入、バックアッパーの502ゲートの上辺りが、2000円と言う事で格安価格でゲットしておりまして、今日の、前日抽選に行く事もなく平穏無事ないつもの生活を送っているわけであります。
13年は前日抽選に参加しましたが、順番は埼玉スタジアム2008なる微妙な番号で、当日の有志による迅速な呼び込みがなければ席難民になるところでした。結果は、終了間際に決まったかに見えた興梠のゴール、副審の旗は上がらずてっきりゴールは決まったかに思え、周りの方々とハグしまくっていたら、結局オフサイドの判定でノーゴール、まあ柏DFのクリアしたボールが柏木に当たってオフサイドポジションにいた興梠のところにこぼれてきた、副審からすれば興梠がオフサイドポジションにいたのは分かっていたが、ボールが当たったのが誰だか分からなかったので、それをコデブヤと確認を取ってオフサイドの判定となってしまったわけで、現場に居合わせた者としては非常に悔しい結果となってしまったわけであります。
今思い返しますと、私的にも、ファイナル用のレプリカまで買い込んで非常に肩に力が入った状態で行ったのが良くなかったのか。今年は指定のチケットもあります。肩に力を入れずに普通通りを合言葉に参戦います。確率的にいっても浦和が優勝してもおかしくはありませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

人間万事塞翁が馬

昨日の浦和の試合、高卒新人の伊藤が初登場しました。浦和で高卒新人がルーキーイヤーに出場したのは長谷部以来なんですかね?(ユース上がりは除く)
この事自体は今の浦和の選手層を考えればたいした事だと思います。指宿キャンプでも、長崎とのTMで試合に出場して、先輩たちに対しても遠慮ないプレーをしていた印象があります。
長谷部も一年目はそこそこ試合に出場しましたが、2年目にエジムンドが移籍して来ましたが、ほんの数試合出ただけで退団してしまいました。それが長谷部に取っては、与えられたチャンスを勝ち取りましたね。
また、山瀬は長谷部の成長と本当に残念ながら2度目の大怪我を負ってしまい、ポジション被る長谷部に勝ち目は無いと感じてか、移籍してしまいました。だか、未だに京都ではレギュラーを張っているわけで、何か感じるものがありました。
結局与えられたチャンスをものに出来れば良いが、そこには運と言うものがありますよね。チャンスをものに出来るか出来ないか、難しいですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月29日 (日)

2015シーズンを振り返って

結局、何にも変わらなかった。期待させて、肝心なところでは勝てずに失望感だけ残す。それが、ミシャ仕様だと言ってしまえばしょうがないが、果たしてこれでいいものなのか?ミシャの監督としての評価もこれで固まってしまった。
ロスタイムの武藤のヘッドが決まったら、丹羽のバックパスがオウンゴールになったら、たらればを言ったらキリがないが、しかし後味の悪さを決定つけた3失点目、槙野が上がってしまい、パトリックの本来のマーク役がいないなかで、本来であれば柏木がケアしなければいけない場面で、いとも簡単に裏を取られてしまった。闘利王と啓太のコンビではこういうことは無かったと思います。
確かに柏木がボランチに入り、ボールの差配を握り浦和の攻撃のバリエーションが増えたことは確か、代表にも呼ばれたのだから、それに対してとやかく言うつもりはありません。しかし、やらねばならないことをやっていない。これが最終的にはこういう結果を生んでしまうのではないでしょうか?
来年もミシャ体制が継続するようですが、こういう側面を来年払拭できるの?「監督に森保を呼んで来いよ!」昨日、痛烈なヤジが飛んでいた。どうなんだろうね、来年は変わることができるのだろうかね。大いに不安をかかえつつ今年は・・・、まだ終わらない。天皇杯で意地を見せてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

速報神戸戦

速報神戸戦

まあ、一応1stステージの優勝がかかった試合。代表戦のお休みあったわけで、選手達はリフレッシュ出来たのか。
スタメンは、
FWー興梠
MFー梅崎、武藤、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、岡本、橋本、青木、李、ズラタン、高木。森脇復帰で岡本は永田を押しのけてベンチ。李、ズラタン、高木のサブは強烈だよね。主審は飯田。
前半、休み明けのせいか動きに精彩がない。西川、柏木ミスが多い。最初は、左サイドのクロスからマルキニョスにあわやの場面、その後は西川のトラップミスからもあわやの場面。クイックスタートからペドロジュニオールのワンオンワンは西川が何とかセーブ。その後も、ホスト、クロスバーに救われる場面があり、前半無失点で抑えられたのは不思議なくらい。
攻めは、ミラーゲームなのでサイドのスペースが無くなると、サイドからの攻めが窮屈となる。それでも、武藤のクロスから興梠→梅崎のコロコロシュートはボストに当たるがゴールイン。また、サイド攻撃から左サイドから見事に崩してゴールインするが、オフサイド。いまいち集中力に欠ける前半でした。
後半、あまりびりとしない。しかし、守備は集中している。興梠、柏木→ズラタン、青木と二枚代えするがあまり効果なしそうこうしているうちに宇賀神が2枚目のイエローで退場、興梠→橋本で完全に専守防衛。
渡邊に同点ゴールを許すものの何とか凌ぎきり、1stステージの優勝を決めました。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

厳しい現実

残念な結果になってしまいました。ここまで、
6戦して、2勝4敗、勝ちはJ2昇格チームに辛勝、ACLでは3戦全敗内容も完敗という厳しい現実を突きつけられました。そもそも、ACLのための補強を行ったにもかかわらず、ターンオーバーの効果も検証出来ないうちにACLは、ほぼ終戦とうなりました。
日本勢は柏以外は勝ちがないというか全敗ですね。これは日本サッカー界が抱える構造的な問題なのでしょうか。今シーズンの興味も一気に半減してしまうような昨日の敗戦でしだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

ニューイヤーカップ清水戦

ニューイヤーカップ清水戦

桜島の噴火に刺激され、浦和の攻撃陣も爆発しました。といっても良かったのは3点を取ったところまで。その後は、ミス続出で清水に3点取られる乱戦模様となってしまいました。
スタメンは
FWー李
MFー高木、石原、橋本、宇賀神、啓太、阿部
DFー槙野、永田、森脇
GKー西川
前半、浦和は李に当ててからのサイド攻撃がはまりました。これに石原が非常に気の利いたポジションを取っていた為、相手のDFにカットされ、ボールを奪われてしまうことが減ったような気がしました。
序盤は浦和が圧倒的に攻め、CKから李が決めて先制。その後は中にあてサイドでフリーになった橋本から、高精度のクロスが上がり李にどんぴしゃりで2点目。ここで浦和は、石原、高木、啓太→梅崎、武藤、柏木と交代。交代直後に橋本が起点となって、李からのボールを武藤が押し込んで、3ー0となる。ここまでは非常に良かったのですが、このあとは余裕を出そうとしてか、中途半端なボール回しでミス続出で、失点する。
後半、茂木が入ってボランチになるが、これで更なるミスがてる。まあ、攻撃は李は好調で、後半に入っても2得点。守備はそのごもしまらずに2失点。
良いところと悪いところがはっきりと出た試合でした。橋本は期待通りの働き、今までの浦和のWGにはない高精度のクロスを上げてくれた。それと、攻撃陣の層が厚くなった分、柏木をボランチで起用するのでしょうか?軽いプレーで相手にボール献上という場面が目に着きました。はまれれば面白いのですが、この起用は諸刃の刃ですね。
梅崎が元気ないのと、高木は浦和の戦い方にフィットするにはもうちょっと時間が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

鹿児島旅行②

鹿児島旅行②


鹿児島に到着しました。ジェットスターの座席、狭いし角度が90度に近く辛かった。2時間が限界、鹿児島雨が降っています。こりゃあ、桜島も見れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月31日 (土)

鹿児島旅行

 おおまかな予定をたてました。ネットで予約が出来るのは非常にありがたいことですね。
2月12日はLCCのジェットスターで鹿児島まで、出発は成田空港になるので、空港までの足は車で、成田空港周辺のUSAパーキングを予約、3日のお預かりで2160円なり。鹿児島についたら、市内観光をする、出来たらフェリーにのって桜島にいってみたいですね。晩飯はドルフィンポートあたりで考えています。この日の宿はホテルアービックで鹿児島中央駅の目の前。
2月13日は、ニコニコレンターで車を借りて指宿へ移動、午前中の浦和の練習をみて、昼飯は温たまらん丼を食べて、砂蒸し風呂に入って、午後からの練習を観戦。そして、鹿児島へとって返す。当初の予定では、いわさきホテルに宿泊予定でしたが、翌日のニュイヤーカップが鹿児島市内で開催されるということなので、城山観光ホテルを予約しました。晩飯は天文館あたりで黒豚のしゃぶしゃぶでもと考えています。
2月14日は、ニューイヤーカップが行われる鹿児島県立サッカー&ラグビー場への足を考えると、やはり車がよろしいようなので、この日もにこにこレンタカーで車を借りて、移動することに。試合を観戦して鹿児島中央駅まで戻り、あとはラーメンでも食って鹿児島空港にいき、成田まで帰ってくる。成田着は22:30の予定です。
ネットでもってこれだけのことが出来てしまのだから、世の中便利になりましたね。願わくば、天気がよくなることを祈っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧