2017年4月11日 (火)

ユーザー車検に行って来た

車を買い替えて3年が経過し、初めての車検がやってきました。ディーラーから車検の見積もりをとるとクオカードをくれるというので、お願いしてみたら、¥128,000とかとんでもない見積もりを出してきました。年間走行距離も4,000km、最初の車検だし、そんなに整備するとこもないだろうと思い、ユーザー車検に挑戦してみました。
 まずは、車検場の予約を取る必要があり、国交省の自動車検査予約システム なるサイトから予約を取る必要があります。2週間前から、24時間いつでも予約をとれるシステムのようです。24時間予約が取れるイオ言うのがくせものですね。私は、希望日の2週間前の応当日の10時ごろにサイトに行ったら既に、さいたま市の埼玉自動車事務所は予約ですでに満杯、春日部も満杯、しかたないので、取り敢えず熊谷に予約をいれました。ただし、キャンセルが出るようなので、サイトをチェックしていると、前日に埼玉の朝一番の枠にキャンセルがあったので、予約を変更することが出来ました。
費用は自賠責保険が¥25,830で、これは前もって代理店で加入、当日は、重量税¥24,600、審査証紙¥1,300、検査登録印紙¥400、合計で¥52,130ですみました。
埼玉自動車事務所では、まずは事務所C棟にて、必要書類と印紙を購入します、書類を記入後、A棟の5番窓口がユーザー車検の窓口になりますので、予約番号を言い、書類のチェックを受けると、検査場の何番のラインに並ぶか指示されます。ユーザー車検で検査に慣れていない人は、前もって見学することもできます。ただし、検査の際、不慣れであることを申告すれば、係員が立ち会ってくれます。
ラインに並ぶと、最初は外観、ランプのチェック、ワイパーウォシャー液のチェックとかそんなものをチャックする。次は方滑り、ブレーキのチェック。検査台にのり、時速40kmまでスピードアップする、そして、最後は排気のチェック、下回りnチェックということで、何もなければ10分もあれば済んでしまう。
最後は検査官にチェック表に異常ないことを確認してもらい、事務所A棟の5番窓口でチェックを受けて、隣の6番窓口にホチキスでとめて亭主すると、当たらい車検証とシールが交付されるという仕組みで、ものの1時間たらずで終了してしまいました。
書類の記入して提出まで少し手間取りましたが、後はいたって楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

阪神大震災から22年

阪神大震災から、はや22年が過ぎました。東日本大震災は発生してもこの経験は決して風化していません、何故かというと、私自身が阪神大震災の被災者だったからです。。
 何故か、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、全くといっていいほどJには興味はありませんでした。さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくる予兆なのかなとは、夢にも思いもよりませんでした。
 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りが襲ってきて、その後物凄い揺れに襲われました。伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなとようやく気ずきました。
 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、誰が高速道路が倒壊することなど、想像できましたか? R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何も無し。当日は、これにて解散。
 それからが、地獄でした。神戸かた大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまい、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、歩って2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。
 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。
 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社に行くより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。またあの地震が2時間後だったらと思うとぞっとします。2時間後は通勤で三宮駅周辺にいましたので、まず命は無かったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

e-taxの準備をする

 今週は少し余裕があったため、久ぶりにブログ更新とe-taxの事前準備をしてみました、今年は、いつもの医療費控除と息子の国民年金の保険料を支払ったが年末調整忘れてしまいましたので、それを申告します。1年前のことだから、いつも最初に手間取るので、今回はその備忘録ということで。
 今年から、申告にはマイナンバーが必要になるということですが、住基カードも有効期間内であれば使用可能なので、今回は住基カードで行います。次回は期限が来るので、マイナンバーカードに切り替えの必要が出てくるようですね。
まずは、国税庁HPの画定申告コーナーにとんで、そこで事前準備のセットアップが必要、事前準備のファイルはその年ごとのファイルが必要となる。WIN10を使っている場合は、ブラウザーはedgeではダメなので、IEで操作必要がある。ファイルをダウンロードする場合は、IEを閉じてから行う。
 次は、公的個人認証サービス利用者クライアントソフト(JPKI利用者ソフト)の確認。これは一度インストールしてあればそれがそのまま使えるので、立ちあげる。ここで、カードリーダーを接続して、有効期限内であることが認証されることを確認する。カードリーダー自体が立ち上がらければ、カードリーダーのメーカーのサイトに行って、最新バージョンのソフトがダウンロードされているか確認をする。suica等は認識されるが、住基カードのみが認識されないということであれば、住基カードカードは回りの電子機器の磁気の影響を受けやすいようなので、影響を受けにくい場所に移動してみてください。これで大抵のトラブルには対応できるものと思います。

以上どうぞご参考にしてみてください。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

キッチンの戸棚を補修した

我が家のキッチンの戸が壊れ、洗い場に上から落ちて来ました。戸棚の蝶番が壊れたらしいのですな。
こういう場合は、ドイト、日曜大工で自分で直すのが我が家の常であります。こういう場合はまずはセキチューへ行きます。セキチュー上尾店はこういう部品の品揃えが、半端ない。358円でありました。
しかし、サイズが微妙に合わないが合わないのですが(^_^)、何とか設置完了です。
浴室の目地補修、ウォシュレットの付け替え、我ながらよくやってると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

阪神大震災から21年

阪神大震災から、はや21年が過ぎました。東日本大震災は発生してもこの経験は決して風化していません、何故かというと、私自身が阪神大震災の被災者だったからです。。
 何故か、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、全くといっていいほどJには興味はありませんでした。さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくる予兆なのかなとは、夢にも思いもよりませんでした。
 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りが襲ってきて、その後物凄い揺れに襲われました。伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなとようやく気ずきました。
 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、誰が高速道路が倒壊することなど、想像できましたか? R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何も無し。当日は、これにて解散。
 それからが、地獄でした。神戸かた大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまい、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、歩って2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。
 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。
 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社に行くより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。またあの地震が2時間後だったらと思うとぞっとします。2時間後は通勤で三宮駅周辺にいましたので、まず命は無かったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

1年を振り返り

年々パワーダウンの弊ブログ、最近のエントリーはやっつけの浦和戦の備忘録と旅行の記録が少々という感じになってしましました。浦和は9年ぶりの天皇杯決勝ですが、そろそろ神様も浦和の方に味方してくれないと不公平だよな、という感じがするくらいタイトルから見放されてしまった。さてさて明日はどんな結果がまっているのか。明日はしっかりとTV観戦しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

家電製品の寿命

洗濯機の入れ替えにより、我が家の家電製品の購入履歴を調べてみました。

冷蔵庫→2002/02 →2013/02
LDKクーラー→2003/01
プリンター→2004/12→2013/02
食洗機→2006/01→2014/09
洗濯機→2006/07 →2015/10
ウォシュレット→2006/08→2015/10
ドアホン→2006/09
掃除機→2006/11→2014/12
レグザTV37→2007/06
レグザTV20→2007/06
DVDレコーダー→2007/06
パソコン→2008/08→2015/08
風呂給湯器→2011/01
FAX→2011/07
BDレコーダー→2012/06
寝室クーラー→2012/06
アイロン→2006/1→2013/01
オーブンレンジ→2013/12/27
ガスコンロ→2014/08

調べてみて改めて家電製品の寿命の長さに関心しました。新しい製品が出ても、画期的な商品なんて最近はないわけで、それなら壊れるまで使い続ける。こんな感じですと、メーカーも売上が上がらず大変なわけですね。
テレビなんか、昔ブラウン管テレビだど外れに当たると3年くらいで壊れてしまう、だが液晶テレビに買い替えて、8年ですが全然問題なし、壊れる素振りすらない。4kに買い替えようと言う気持ちも湧いて来ない。
LDKのクーラーなんて12年も使っている。電気消費量がかなり違うから新しいのに買い替えしたほうが良いという意見もありますがクーラーも壊れるまで使い続けよう。ただ最近、冬場の寒いに使うと霜取りになってしまいやうをなさない事も多くなってきた。
PCもこうですな。3年もすると、HDDが壊れてしまい使えなくなってしまうが、今回は7年もったが、まだ十分に使えたが、コジマのセールで安いものがあり、ポイントもあったので思わず買ってしまった。
製品の性能が上がると、なかなか壊れない、かといって画期的な新商品が出てくるわけでなく、家電製品メーカーも大変なわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

洗濯機を購入する

確か2006年のコジマのオープンセールで日立のビートウォッシュに買い替えましたが、さすがに10年目にはいる、WWEのブロック・レズナーばりのF3なるエラーに遭遇して、洗濯機がうんともすんとも言わなくなってしまいました。
 ネットで調べてみると、サーミスタの故障で、部品は700円程度で売っているそうですが、交換方法を調べてみると、洗濯機の裏の蓋を開けて配線を含めて交換するようなのです。これはさすがに自分では交換できないと思い、日立のサービスセンターに連絡すると、「修理にいくら必要なのかの出張で5000円、おそらくF3の交渉修理ですと、すべて込みで25000円くらいになるのでは」とのこと。これで買い替えを決意しました。
 日立のビートウォッシュは使い勝手が良かったので、またビートウォッシュで、10年前の縦型の機種でしたが一応乾燥機能がついていましたが、乾燥機能は全く使っていないので単純な洗濯機能のものだけ、ドラム式もいいのですがおそらく値段が倍以上、そして出し入れの時にかがまなくてはならいので、腰痛もちには大変そうなので、ビートウォッシュのBW-8WVに的を絞り、ヤマダ、ノジマ、ケーズ、でんきち、コジマと回ってきました。
 まずは、最近オープンしたヤマダに行きました。接客に来た若手店員さすがにオープン間近ということもあり、売ろうという気迫が伝わってきました。出て来た条件は、本体94000円のリサイクル料3024円にポイント4500P還元とのこと。ポイントを勘案すると、本体90000円のリサクル料なのかという目安がわかりました。上司に相談すればもう少し安く出来るということ、更に在庫はあるので翌日配送可能とのこと。
 次に、ノジマに行くと接客は若手の女性店員で、ヤマダの条件と希望を伝えると、本体90000円、リサイクル料3024円、在庫もありとのこと。決めようとしましたが、一応ほかも回ってみることに。
 ケーズは、店員がいなくて、声をかけて洗濯機専門のスタッフを呼ぶのですが、他に洗濯機で接客しているのはないのにもかかわらず5分以上待たされる。この時点で駄目ですね。出てきた店員も清潔感のないオイモ店員、ノジマの条件を伝えると見積書なないのかと言いやがる。ケーズで買い物する機会は今後ありえないでしょうね。価格競争はしない、言い値で買ってくれる人に売っていればよい。
 でんきち・コジマとも、ノジマと条件同じでポイントつけるとのことでしたが、在庫がなく配送には1週間かかるのでアウト。
 最後にヤマダに電話し、駄目ならノジマにしようと思い、ヤマダに電話すると、本体税込み85000円、リサイクル3024円、5年保証、ポイント4500ポイントつけますとのこと。この条件は、ネットは本体価格はもっと安いが、設置・配送料、長期保証料は別途かかってくるので、ポイントまで勘案すると最安値ではないでしょうか。うちの近くには、エイディオンもあるし、大宮駅にはビックカメラ、新都心にはヨドバシカメラもあるわけで、、家電の過当競争は大変ですね。勝ち組と思われたヤマダも経営厳しくなっているわけで、結局差別化図るには価格しかないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

ウォシュレット設置

2006年に設置したウォシュレットがとうとう、うんともすんとも言わなくなってしまいました。9年半、よくもったものです。
電気屋とネットで比較すると5000円くらいの差がある。Amazonか、ノジマオンラインが安そうなのですが、ノジマオンラインは翌日に配送可能とのことでノジマオンラインに昨日注文、今朝の9時過ぎに到着、便利になったものです。
そこから設置にかかったわけですが、ナショナルからナショナルへの買い替えなので、特に設置にじかはかからないと思っていましたが、止水栓の設置が新しいウォシュレットのものでは取り付け出来ない。良く取説を見ると、ネジのサイズが昔のものに比べると小さくなっており、別売の止水栓を買わねばならない?
今までの止水栓を流用することとできそうなのですが、止水キャプを買わねばならないようです。セキチューに行ってみるとありました。

ウォシュレット設置

カクダイの止水キャップで248円、右のネジに志水キャップをねじ込めばよい。サイズもぴったりでアッ問う言う間に終了。左側が今までの止水栓でそれを取り付けて設置完了。

ウォシュレット設置

一応念のために、水漏れ確認のため止水栓の下にバケツをおいてしばらく様子をみてみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

浴室タイル目地を補修した

我が家のマンションも購入して、かれこれ20年超経過したため、いろいろなところに不具合がしょうじてきました。浴室のタイル目地が減ってタイルがかけてしまうところまではいっていないものの、自分で補修を行ってみました。
Dscf6072_2
まずは、ホームセンターでタイルの目地材1kg、ゴムべら、百均でゴム手袋、ボウル、そしてプラスッチクのスプーンを用意しました。
①作業開始
まずは、ボウルで目地材を練るところから、少し緩めのほうが後の作業がしやすいと思い、水は一番多めに混ぜました。それでも、まだこねるには結構力がいりました。
Dscf6075
これを、めじの間にゴムべらを使って練りこんでいくわけです。最初のうちは丁寧に時間をかけて塗り込んでいきましたが、だんだんと粗雑になってくる。それと後半になると、目地材だ少し硬化を始めてきましたので、それもあったかもしれないですね。約1時間かけて塗り込みが完了しました。
Dscf6076
ここからが、大変でした。タイルについた目地材の磨き上げです。硬くならないうちに吹き上げをしなければなりません。最初のうちは、タオルでタイルを一枚一枚ふいていましたが、それでは作業効率がわるい、そしてそのうちに同じ姿勢での作業に私の、ふくらはぎが悲鳴をあげてきました。最初の作業開始から約4時間が限界、その後何とか頑張って30分続けて一応吹き上げを完了しましたが、最初と最後の作業にはえらい差が出てしましました。うまく吹き上げ出来なかったところは、後で激落ちスポンジでも使って仕上げるしなないですね。
②作業後
作業後はこんな感じに仕上がりました。
Dscf6077
良くみると目地からはみ出ている部分もありますが、素人の日曜大工としてはまあまあの出来かな。
しかし、とにかく疲れました。ふくらはぎがパンパンです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧