2021年1月17日 (日)

阪神大震災から26年

阪神大震災から、4半世紀が過ぎました。東日本大震災は発生してもこの経験は決して風化していません、何故かというと、私自身が阪神大震災の被災者だったからです。。
 何故か、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、全くといっていいほどJには興味はありませんでした。さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくる予兆なのかなとは、夢にも思いもよりませんでした。
 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りが襲ってきて、その後物凄い揺れに襲われました。伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなとようやく気ずきました。
 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、誰が高速道路が倒壊することなど、想像できましたか? R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何も無し。当日は、これにて解散。
 それからが、地獄でした。神戸から大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまい、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、歩って2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。

 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。
 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社に行くより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。またあの地震が2時間後だったらと思うとぞっとします。2時間後は通勤で三宮駅周辺にいましたので、まず命は無かったでしょう。

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

爪白癬

Image0_20201004073201

爪白癬の治療をしています。爪白癬て、分かりやすくか言えば爪に出来た水虫です。平成28年5月に右足の親指と人差し指の間に水虫が出来たのが始まりでした。それは、ひ皮膚科で塗り薬のルリコンを処方してもらい半年くらいで治りました。

しかし、その後親指の爪に白い線状のスジが爪の中にできました。残っていたルリコンや、薬局でエクシブを購入してた爪に塗っていたが、一向に良くならない、それどころか足爪全体が白くなってしまった。これはさすがにまずいと思い、再び皮膚科に行ったのが平成31年5月、爪白癬と診断され塗り薬のルコナックを処方してもらいました。

一年以上、ルコナックを塗り続けましたが、全然よくならない。ネットで調べると、塗り薬での、完治率は15%程度、塗り薬で治らないのなら飲み薬での治療があるとのことで先生にも相談して、飲み薬を処方してもらいました。注意することは、肝臓の機能障害を起こす可能性があるので、血液検査をしながらと言うことでした。

飲み薬には、イトリゾールを1週間飲んで3週間様子見する、これを3回繰り返す。パルス療法と言うようです。2回目の服用が終わったところです。白い部分が伸びて来て、その後に白い部分が出て来ていない事が分かります。このまま、爪が生えかわり良くなればと思っています。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

 久しぶりに通常の休日を過ごす

日曜日に久しぶりにショッピングに行きました。ステラタウンに行ったのですが、結構な賑わいでした。10:45に到着したのですが、専門店の開店は11:00からで、我々が到着した頃には開店を待つ人のかたまりが結構なものになっていました。UNIQLOなんか入店制限するのじゃないのくらいの混雑、何店か回りましたが、まああまり目を引くものもなし。折角、ステラタウンまで来たので、OKストアで食料品なら買い出しをして帰りました。
帰りに、ヤマダ電機により分けるAmazonファイアスティックがありましたので購入しました。ネットでも売り切れ、メルカリで買おうかと思っていましたが、さすがにヤマダ電機さん、
午後には、3ヶ月ぶりにスポーツクラブに行きました。プールでスイミングを行いましたが、何しろ3か月ぶりでしたので、クロールで泳ぐと肩に違和感が出て来ましたので、そうそうに引き上げ、徐々に慣らしていくしかない。その後、温泉とサウナでリラックス、これは最高でした。おうちのお風呂には入れませんね。
だんだんと通常の生活に戻りつつありますが、コロナの感染リスクが全く無くなった訳ではありません。そこは自己責任と言う事で慎重にやって行くしかありませんね

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

日本人の民度

麻生さんが日本のコロナの死者が諸外国に比べると圧倒的に少ないのは、日本が民度が高いからだと言っている。強制力のない緊急事態宣言についても、そんなに反対の声もなく守られている。
確かにここは日本人の特徴的なお話なのかもしれない。ですが、政治はそれに頼り切って自ら大胆な対策出てこないし、特別金だって、アベノマスクにしてもぐたぐたというのが今の政治が劣化している証左なのかもしれない。だけど、これにいつまでも頼り切っているのはいかがなものか思います。
日本は最低限の生活で生きて行くには、一番やっていくやすい国なのかもしれない。最低限の生活が保証されている最も優秀な国、そんな国なのかもしれない。国の借金が増加し続けても、何とも思わないし、今の環境が変わってしまう事の方を恐れてしまう。国としての、ダイナミズムが失われてしまっているでしょうね。良いのか悪いのかわかりませんが、私も年齢的に環境が変わってしまう事を恐れてしまう世代に入ってしまったような気がします。まあ、しょうがないですね

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

コロナ微陽性

巨人の坂本、大城の2選手がコロナの陽性反応を示したようです。両選手とも自覚症状もなく、外出も一回だけと感染ルートはよう分からんとのようです。微陽性もいうのですか、基準値をわずかにオーバーしたようです。これはスゥーデンなんかでやってる集団免疫という発想と同じことなのですか?要は本人が分からんうちに免疫ができ、本人は感染した症状がない、これはよいけど、他人に感染させるリスクほどうなんですかね。
こういう話が出て来ると、とにもかくにもPCR検査をもっとやる必要が出て来るわけですね。巨人の両選手は感染者の数にカウントされるのでしょうかね。Jリーグもプロ野球も徹底した感染対策を行わないといかんですね。この報道を聞いて、私もスポーツクラブでのスイミングはもう少し先延ばししよかと思います。油断大敵ですね。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

金崎選手発症

名古屋の金崎選手がコロナにかかったという事で発表がありました。金崎選手は、鳥栖から名古屋に移籍、見事に泥舟からの脱出は図れましたが、ここでコロナ発症はタイミング的にも最悪、せっかくJリーグの再開も決定したところですので、何と言いますかねえ。これでチームでクラスター発生となると、Jの再開にも暗雲が差し込んできてしまう。
集団の競技
特に接触プレーがあるスポーツは注意せねばならないですね。金崎選手の回復と、Jリーグの無事の再開をお祈り致します。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

Jリーグ再開のイメージ


Jリーグの再開について何ですが、現状では全くメドが立たないと言う事ですが、再開のイメージとしてはどうなんですかね。
ともかく、リーグだけは最低でも成立させないと、スポンサー料とかのからみでまずい。となると、無観客でもいいから再開?DAZN的にいえば、リーグが再開さえすれば、無観客の方が契約者は増加するような気もする。無観客となれば、シーチケ持っていようが、試合を見るには、DAZN様と契約せざるを得ない。
うちも、SBひかりからAUひかりに変えました。今までは、DAZN見ているとすぐにくるくるになってしまった。AUに変えたら、おうちのWi-Fiの繋がりも良くなったような気がする。スマートTVで見るYouTubeも比較的ストレスなく見れる。
まあ、そろそろチェアマンもリーグ再開後のイメージを示して欲しいものです。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

地価上昇

公示地価が発表されました。埼玉県は、南部では上昇、北部では下落と言う流れのようです。うらわ、大宮は住みやすい街ランキングで上昇したように、商業地、住宅地とも上昇、特徴的なのは、川口の上昇率が高いこと。
川口は東京の隣りで、地下の上昇は当然と言えば当然なのですが、ようやくひのめをみたようですね。ただ電車は京浜東北線しかなく、それが止まってしまうと、直ぐに入場規制、駅がカオスになる、ここがいけないですね。
コロナウィルスの影響は反映されていないようですが、それが反映されるとどうなるのか、地価が暴落して一気にバブル崩壊、なんて事にならなければ良いのですが。不動産担保融資もそんなには盛んではないので、二の舞いは無いとは思うのですが。しかし、沖縄、北海道ニセコ周辺の高騰は異常と思えます。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

延期の始まり

通勤時間帯なのですが、休日のように街中は閑散としています。時差出勤なのですかね、うちの会社はそんな配慮はありません。学生もいません。 そんな中で、東京五輪ですが、とうとう延期についてのコンセンサスが出来つつあります。完全なかたちでの開催を検討していくと言う事ですが、肝心な開催時期については言及せず。完全なかたちで時期をずらして開催しましょうと言う事なのですね。東京での開催はすんなりと一発で開催される事はないのですね。非常に残念ですがしょうがない。

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

あまりに暇なので

やる事がないと、家でテレビを見るしかない。何気なく見ているが、スポーツ中継がないと本当に見たいものがない。なんか訳の分からないバラエティ番組見ていても時間の無駄です。 幸いうちのテレビはスマートテレビなので、AmazonプライムやらYouTubeが見れるので、まずはAmazonプライムで映画を見る。松本清張作「砂の器」を見る。主人公のピアニストが加藤剛、刑事が丹波哲郎、森田健作、駐在の警察官が緒形拳、映画館の主人で渥美清が出てたりする。 テーマは非常に重いですよね、昔は不治の病で伝染病とされた癩病、今はハンセン病、治療法も確立して、適切な治療を受ければ、伝染力も非常に弱くなる。国内では、ほとんど発症しなくなった。でも昔はこの病気に対する差別があったわけで、ハンセン病の父と子供は放浪の逃避行に出るわけですが、そこで緒形拳に助けられる。父は治療を受ける為に子供と別れる事になる訳ですが、その別れのシーンは何度見ても泣けてくる。 最後のコンサートシーンの会場は、埼玉会館ですよね。この作品のテーマ曲は宿命、非常に重い作品を見てしまいました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧