2017年10月29日 (日)

速報広島戦

リーグ戦でのモチベーションは取りづらい状況に陥ってしまっているわけで、ACLを意識した選手起用。
スタメンは、
FWー興梠、ラファ、武藤
MFー柏木、長澤、青木
DFー宇賀神、槙野、阿部、遠藤
GKー西川、
サブは、榎本、マウリシオ、平川、梅崎、高木、矢島、ズラタン。マウリシオがベンチ、広島はパトリック、丹羽がスタメン。主審は村上。
前半、最初のコイントスで阿部はしばし考え逆のコートを選択。互いに守備重視の戦い!浦和のビルドアップは、最初は広島のブレスに手を焼いていたが、浦和がビルドアップを確実にしだすと浦和のペースになる。
広島は、途中で青山が負傷交代、ますます浦和のペースになる。アデッショナルタイムに、興梠がぬけだして、ビッグチャンス掴むが興梠のシュートは枠を捉え切れず。
後半、お互いに冴えないプレーが続いたが、浦和は、右サイドから遠藤のクロスは見事に長澤にぴったりのタイミングで会い、浦和が先制。
浦和は、矢島、ズラタン、梅崎と投入し何とか逃げ切り。試合終了間際にパトリックに抜け出されたが、西川がビッグセーブ。しょっぱいを試合を制したのは浦和、槙野はセンターバックで守備にてっして、変なことを考えない方が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

速報上海上港戦

浦和に残された唯一のタイトルとなってしまったACL準決勝2ndレグ、数字の上では浦和有利だか上海上港には強烈の3人がいる。
スタメンは
FWー興梠、武藤、ラファ
MFー柏木、長澤、青木
DFー槙野、阿部、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブほ、榎本、宇賀神、梅崎、矢島、高木、李、ズラタン。この一戦にかけたメンバー構成。
前半、アウェーゴールでアドバンテージを持っている浦和は慎重な立ち上がり。上海外ボールをキープする展開。上海は前目けらブレスをかけられビルトアップも難儀。
しかし、CKからラファがゲット。前半の浦和のチャンスはこれくらいだったかな。上海にボールをキープされ苦しい展開だが、前の3人には確実にマークして、外目に押しやりボールを受けさせる。そこから、中にはボールを入れさせない。フッキは相当ブラストレーションがたまった様子。
後半、上海はアフメドフが降りて来てボールをさわるようになり、フッキ、エウケソンにつながるとようになると厄介だが、浦和の守備の集中は切れない。
CKけら槙野、阿部→興梠と絶好のチャンスへあったが決め切れず。次第に双方足が止まり!カウンターの応酬の展開となる。浦和はメンバー交代も確実にこなして、一点を守り切る。守備もやればできるじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

速報神戸戦

週中にはACLのSFもあり、選手起用が木になるところですが、堀監督はメンバーを随分といじってきました。
スタメンは
FWー興梠、
MFーズラタン、武藤、柏木、矢島、青木
DFー宇賀神、阿部、マウリシオ、森脇
GKー西川
サブは、榎本、遠藤、平川、長澤、平川、高木、ラファ。代表帰りの、槙野はメンバー外、遠藤はサブ。サイドは、宇賀神、森脇。アンカーが青木なのでしょうね。主審は岡部。
前半、立ち上がり宇賀神のボーとしたプレーからあっさり失点。神戸は、渡邉!小川の2トップで、その下にポドルスキーが構える。ただポドルスキーが余りにボールを触りたがるポジションを取っているため、ゴールから遠くなってしまい怖さはない。
浦和は柏木の右からのクロスのこぼれたところを、宇賀神がシュート、枠を全然外れていたが矢島が反応して同点。全くラッキーね得点でした。
左の宇賀神の出来が余りに ひどく、左からの攻撃はかたちにならず。右からのズラタンの攻撃が効いていたような。宇賀神は試合にでるレベルで無いね。
後半、宇賀神→平川ほ当然の交代。神戸はポドルスキーはゴール前でポジション取っていたが、ボールが来ないため、またゴールこら遠ざかりボールを受けに行く。
浦和もズラタン奮闘しているが、コンビネーションがイマイチ、武藤は消えていた。決定機はあったがゴールネットを揺らすまでには至らず。こういう試合をものにしないと上には行けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

速報鳥栖戦

天皇杯、ルバン杯と敗退、リーグ戦で3位以内にはいりACLの出場権を獲得を目指すには負けへ許されない状況。
スタメンは、
FWー興梠、高木、駒井
MFー武藤、矢島、阿部
DFー槙野、遠藤、マウリシオ、森脇
GKー西川
サブは、榎本、田村、宇賀神、長澤、菊池、梅崎、ズラタン。柏木はベンチ外、青木はサスペンションで出場停止。堀監督の選手起用もほぼ固まってきた。主審は廣瀬。
前半、キックオフ後相手にボールが渡った段階でいとも簡単に裏を取られて失点。その後も、中二日の影響か、全体的に動きが悪い。
右サイドの、森脇の判断が遅く攻撃は寸土まりになってしまうところを鳥栖に狙われカウンターを食らう。そのパターンから、ポスト直撃のシュートを二本くらう。
攻撃も精彩が無い。ボールはキープするがコンビネーションプレーが無い。高木からの攻めに期待できるくらいの出来。
後半、力づくの縦パスは鳥栖の守備網に引っかかる。それでも、CKからマウリシオのヘッドが決まり同点。堀監督は、森脇→ズラタンのカードを、切って3バックにする。ズラタンをターゲットに浦和の、攻撃は鋭さ増すが、相手GKからのパントキックを西川判断ミスして失点。ただ、ここから浦和も駒井→長澤、高木→梅崎で反撃。武藤のヘッドを権田がこぼして、そこに武藤が詰めて同点。互いにGKミスで点を取り合うという内容は冴えない。何とか引き分けまで持ち込む。覚悟を決めてのズラタン投入の3-5-2はそれなりに迫力はあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

速報天皇杯鹿島戦

これで来年のACLはほぼ不可能になった、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

速報ACL川崎戦

こんな事もあるわけです。川崎に先制され、お前はもはや死んでいる状態になったと思ったが、川崎に退場者が出たのはしょうがないが、憲剛を下げ守備固め。これで川崎はボールの収まりところが、なくなってしまい後半はハーフコートゲームで、川崎ほ疲弊してしまい攻める気力さえ無いだろ。
堀監督の選手采配も結果からすれば当たっていたが、川崎の自滅のような
気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

速報柏戦

堀監督に代わり安定した戦いになってきたが、上位チームには勝ちきれない状態が続いている。
スタメンは
FWー興梠
MFーラファ、武藤、高木、矢島、阿部、青木
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、岩舘、マウリシオ、平川、長澤、駒井、李、ズラタン。スタメンに、サイドの選手がいない、高木、森脇がWGを努め、阿部がCBに入る布陣?怪我のマウリシオ、ズラタンがベンチに復帰。主審は西川。
前半、浦和のフォメーションは矢島、武藤がIH、ラファ!高木がOH、阿部が下がり、青木アンカーの1-4-1-4。柏の強烈ね3トップにスペースを与えず、青木のサイドはIHでカバー。
左サイドからのクロスが!フリーのラファに通りら、ラファごGKとワンオンワンになるが決めきれず。右サイドを深く抉ったクロスからの興梠のシュートもゴールを捉えきれず。
守備はミスこら危ない場面もあったが、柏の3トップには決定的なチャンスほ与えず。
後半、決定的なチャンスあったが、ゴール奪えず。カウンターこらすきを突かれて失点。これで勝負あり。浦和の一点はおまけ。堀システムは残念ながら不発だった。IHに負荷がかかりすぎなような気がしました。最後は浦和式パワープレー、何か違うような、でもこんなものですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

速報ルヴァン杯C大阪戦

ルヴァン杯の準々決勝2ndレグ、堀監督はスタメンを随分といじくってきた。
スタメンは、
FWー興梠
MFーラファ、矢島、菊池、平川、阿部、長澤
DFー田村、遠藤、橋岡
GKー西川
サブは、榎本、森脇、青木、駒井、高木、武藤、李。ヤングマン枠は、前節でまずまずの出来だった橋岡を起用。前は興梠、ラファに矢島の組み合わせ、平川ごなんとスタメン起用、長澤もスタメン。森脇はベンチに戻ってきた。ミシャではあり得ない選手起用。主審へ松尾。
前半、新しいメンバーで浦和のビルドアップですが、長澤が盛んにボールに触り、積極的にボールを持ち上げる。興梠の裏抜けに長澤からボールが通るが、興梠のシュートはGKにセーブされる。
その後はC大阪の時間帯、CKからのボールが逆サイドまで抜けて、やすやすとC大阪に詰められて先制点を許す。浦和の前のコンビネーションご悪く、ラファが個人プレーに走り出す。ラファは浦和の攻撃の終着点になる。前半終了間際にFKから失点、全く失点の仕方が悪い。
後半、矢島、橋岡→武藤、森脇の2枚替え、前のコンビネーションが出てきてボールの回りが良くなる。平川からのクロスが武藤にあいヘッドが決まり、一点差。その後、西川からのパントキックからラファが裏抜けする場面が2度あったが決めきれず。
最後のカードは、田村→高木、高木は交代直後のCKを興梠にどんぴしゃり合わせ同点。しかし、惜しい場面もあったが勝ち越し点は奪いきれず。チームコンデションは随分と整ってきたが、上位チームとの戦いは厳しいものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

速報清水戦

連戦、かつ怪我人続出で苦しい台所、選手の入れ替えが、上手くいくかどうか
スタメンは
FWー興梠
MFーラファ、武藤、菊池、梅崎、矢島、阿部
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、榎本、平川、青木、長澤、駒井、高木、李。柏木ご故障て矢島がスタメンに、サイドは久しぶりに梅崎が右サイドに。主審は扇谷。
前半、浦和が主導権を取る。柏木が不在の、穴を埋めるべく矢島がスタメンであったが、柏木の様にボールを、散らす事が出来ず。ビルドアップはマウリシオ、遠藤が上手くボールをコントロールする。興梠は好調を持続している。梅崎も守備におもきをおいている。
しかし、セットプレーから安い失点を喫する。
後半、遠藤、ラファのシュートで、逆転。バランスを考えた戦いになってきた。清水相手なら、これくらいの戦いは出来る。C大阪、柏、川崎と上位との戦いでポイントですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

速報瓦斯戦

ここからACL、ルバン杯を挟んで連戦が続く。何はともあれ2試合連続無失点という結果になっていますが、本当の所の評価はこれからという事ですね。
スタメンは、
FWー興梠
MFー李、武藤、菊池、駒井、柏木、阿部
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、榎本、田村、青木、平川、矢島、ラファ、ズラタン。青木が久しぶりのメンバー入り。森脇は負傷欠場で宇賀神の名前もない、マウリシオがスタメンに入る。前線はKLMでのスタート。主審は、廣瀬。
前半、瓦斯は前田のワントップで大久保がトップ下、高萩がボランチか、前田が前線から盛んにプレスを仕掛けてくる。浦和はマウリシオが中心となりビルドアップ、柏木経由してKLMのコンビネーションを使って行く。
右サイドの駒井のクロスから武藤の落としたボールを興梠が決めて先制。その後、瓦斯は大久保からの絶妙のボールご浦和の左サイドの、裏に通され同点になる。しかし、浦和は柏木から李→武藤→興梠のコンビネーションこら興梠のころころシュートが、決まり浦和が、勝ち越し。大久保に対しては阿部が、きっちりとマークしリスクマネジメントは行き届いている。
後半、瓦斯は頭から前田→ピーターウタカ、瓦斯に攻め込まれる時間帯はあったが、浦和はカウンターてま対抗。柏木→青木、興梠→ラファと交代は明確で分かりやすかった。最後は武藤→矢島、瓦斯に攻め込まれポスト、バーに救われる場面もあったがなんとかしのぎきる。ただし浦和にも、ラファ、矢島の決定機はあり、どちらかを決めていれば展開はもう少し楽になったと思われます。
ミシャ時代より、CBは両方攻め上がらない、リスクマネジメントへきっちりと出来ていたような気はしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧