2017年9月23日 (土)

速報鳥栖戦

天皇杯、ルバン杯と敗退、リーグ戦で3位以内にはいりACLの出場権を獲得を目指すには負けへ許されない状況。
スタメンは、
FWー興梠、高木、駒井
MFー武藤、矢島、阿部
DFー槙野、遠藤、マウリシオ、森脇
GKー西川
サブは、榎本、田村、宇賀神、長澤、菊池、梅崎、ズラタン。柏木はベンチ外、青木はサスペンションで出場停止。堀監督の選手起用もほぼ固まってきた。主審は廣瀬。
前半、キックオフ後相手にボールが渡った段階でいとも簡単に裏を取られて失点。その後も、中二日の影響か、全体的に動きが悪い。
右サイドの、森脇の判断が遅く攻撃は寸土まりになってしまうところを鳥栖に狙われカウンターを食らう。そのパターンから、ポスト直撃のシュートを二本くらう。
攻撃も精彩が無い。ボールはキープするがコンビネーションプレーが無い。高木からの攻めに期待できるくらいの出来。
後半、力づくの縦パスは鳥栖の守備網に引っかかる。それでも、CKからマウリシオのヘッドが決まり同点。堀監督は、森脇→ズラタンのカードを、切って3バックにする。ズラタンをターゲットに浦和の、攻撃は鋭さ増すが、相手GKからのパントキックを西川判断ミスして失点。ただ、ここから浦和も駒井→長澤、高木→梅崎で反撃。武藤のヘッドを権田がこぼして、そこに武藤が詰めて同点。互いにGKミスで点を取り合うという内容は冴えない。何とか引き分けまで持ち込む。覚悟を決めてのズラタン投入の3-5-2はそれなりに迫力はあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

速報天皇杯鹿島戦

これで来年のACLはほぼ不可能になった、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

速報ACL川崎戦

こんな事もあるわけです。川崎に先制され、お前はもはや死んでいる状態になったと思ったが、川崎に退場者が出たのはしょうがないが、憲剛を下げ守備固め。これで川崎はボールの収まりところが、なくなってしまい後半はハーフコートゲームで、川崎ほ疲弊してしまい攻める気力さえ無いだろ。
堀監督の選手采配も結果からすれば当たっていたが、川崎の自滅のような
気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

速報柏戦

堀監督に代わり安定した戦いになってきたが、上位チームには勝ちきれない状態が続いている。
スタメンは
FWー興梠
MFーラファ、武藤、高木、矢島、阿部、青木
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、岩舘、マウリシオ、平川、長澤、駒井、李、ズラタン。スタメンに、サイドの選手がいない、高木、森脇がWGを努め、阿部がCBに入る布陣?怪我のマウリシオ、ズラタンがベンチに復帰。主審は西川。
前半、浦和のフォメーションは矢島、武藤がIH、ラファ!高木がOH、阿部が下がり、青木アンカーの1-4-1-4。柏の強烈ね3トップにスペースを与えず、青木のサイドはIHでカバー。
左サイドからのクロスが!フリーのラファに通りら、ラファごGKとワンオンワンになるが決めきれず。右サイドを深く抉ったクロスからの興梠のシュートもゴールを捉えきれず。
守備はミスこら危ない場面もあったが、柏の3トップには決定的なチャンスほ与えず。
後半、決定的なチャンスあったが、ゴール奪えず。カウンターこらすきを突かれて失点。これで勝負あり。浦和の一点はおまけ。堀システムは残念ながら不発だった。IHに負荷がかかりすぎなような気がしました。最後は浦和式パワープレー、何か違うような、でもこんなものですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

速報ルヴァン杯C大阪戦

ルヴァン杯の準々決勝2ndレグ、堀監督はスタメンを随分といじくってきた。
スタメンは、
FWー興梠
MFーラファ、矢島、菊池、平川、阿部、長澤
DFー田村、遠藤、橋岡
GKー西川
サブは、榎本、森脇、青木、駒井、高木、武藤、李。ヤングマン枠は、前節でまずまずの出来だった橋岡を起用。前は興梠、ラファに矢島の組み合わせ、平川ごなんとスタメン起用、長澤もスタメン。森脇はベンチに戻ってきた。ミシャではあり得ない選手起用。主審へ松尾。
前半、新しいメンバーで浦和のビルドアップですが、長澤が盛んにボールに触り、積極的にボールを持ち上げる。興梠の裏抜けに長澤からボールが通るが、興梠のシュートはGKにセーブされる。
その後はC大阪の時間帯、CKからのボールが逆サイドまで抜けて、やすやすとC大阪に詰められて先制点を許す。浦和の前のコンビネーションご悪く、ラファが個人プレーに走り出す。ラファは浦和の攻撃の終着点になる。前半終了間際にFKから失点、全く失点の仕方が悪い。
後半、矢島、橋岡→武藤、森脇の2枚替え、前のコンビネーションが出てきてボールの回りが良くなる。平川からのクロスが武藤にあいヘッドが決まり、一点差。その後、西川からのパントキックからラファが裏抜けする場面が2度あったが決めきれず。
最後のカードは、田村→高木、高木は交代直後のCKを興梠にどんぴしゃり合わせ同点。しかし、惜しい場面もあったが勝ち越し点は奪いきれず。チームコンデションは随分と整ってきたが、上位チームとの戦いは厳しいものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

速報清水戦

連戦、かつ怪我人続出で苦しい台所、選手の入れ替えが、上手くいくかどうか
スタメンは
FWー興梠
MFーラファ、武藤、菊池、梅崎、矢島、阿部
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、榎本、平川、青木、長澤、駒井、高木、李。柏木ご故障て矢島がスタメンに、サイドは久しぶりに梅崎が右サイドに。主審は扇谷。
前半、浦和が主導権を取る。柏木が不在の、穴を埋めるべく矢島がスタメンであったが、柏木の様にボールを、散らす事が出来ず。ビルドアップはマウリシオ、遠藤が上手くボールをコントロールする。興梠は好調を持続している。梅崎も守備におもきをおいている。
しかし、セットプレーから安い失点を喫する。
後半、遠藤、ラファのシュートで、逆転。バランスを考えた戦いになってきた。清水相手なら、これくらいの戦いは出来る。C大阪、柏、川崎と上位との戦いでポイントですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

速報瓦斯戦

ここからACL、ルバン杯を挟んで連戦が続く。何はともあれ2試合連続無失点という結果になっていますが、本当の所の評価はこれからという事ですね。
スタメンは、
FWー興梠
MFー李、武藤、菊池、駒井、柏木、阿部
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、榎本、田村、青木、平川、矢島、ラファ、ズラタン。青木が久しぶりのメンバー入り。森脇は負傷欠場で宇賀神の名前もない、マウリシオがスタメンに入る。前線はKLMでのスタート。主審は、廣瀬。
前半、瓦斯は前田のワントップで大久保がトップ下、高萩がボランチか、前田が前線から盛んにプレスを仕掛けてくる。浦和はマウリシオが中心となりビルドアップ、柏木経由してKLMのコンビネーションを使って行く。
右サイドの駒井のクロスから武藤の落としたボールを興梠が決めて先制。その後、瓦斯は大久保からの絶妙のボールご浦和の左サイドの、裏に通され同点になる。しかし、浦和は柏木から李→武藤→興梠のコンビネーションこら興梠のころころシュートが、決まり浦和が、勝ち越し。大久保に対しては阿部が、きっちりとマークしリスクマネジメントは行き届いている。
後半、瓦斯は頭から前田→ピーターウタカ、瓦斯に攻め込まれる時間帯はあったが、浦和はカウンターてま対抗。柏木→青木、興梠→ラファと交代は明確で分かりやすかった。最後は武藤→矢島、瓦斯に攻め込まれポスト、バーに救われる場面もあったがなんとかしのぎきる。ただし浦和にも、ラファ、矢島の決定機はあり、どちらかを決めていれば展開はもう少し楽になったと思われます。
ミシャ時代より、CBは両方攻め上がらない、リスクマネジメントへきっちりと出来ていたような気はしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

速報大宮戦

ミシャが解任となり堀監督に代わり初戦となる大宮との埼玉ダービー、前回のダービーでの敗戦が浦和にとってはケチのつきはじめとなる。きっちり結果を残しておきたいところ
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、ズラタン、菊池、関根、柏木、阿部
DFー宇賀神、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、田村、平川、駒井、矢島、李、ラファ。故障で出場が心配された遠藤はスタメン。菊池がスタメン、宇賀神が左CB、メンツ的には、菊池以外は驚きはなかったものの、選手のやり繰りは苦しい。マウリシオがどのくらい使えるのかな。主審は山本。
前半、基本的な部分はミシャ路線を踏襲、しかし、大宮の2トップに対してはサイドに流れて来た場合はWGとCBの2人でケア、ボランチは中を固めバイタルエリアはスカスカにならないようにしている。ゲーゲンプレスは今まで通り、ただし陣形がコンパクトになっている印象。またCKにも工夫があり、柏木に菊池が寄って行きショートコーナーも行う。
浦和は左サイドからの攻めが目立つ。菊池は積極的に前に出て攻める。左サイドの繋ぎからズラタンに合わせるが、ズラタンのベッドは枠を捉えきれず。ゴール前の混戦で大宮DFがハンドでPKゲット。興梠が確実に決めて浦和が先制。その後もカウンターからの右サイドからのクロスを遠藤がシュートするが、ゴールならず。
後半、ペースは浦和だと思うのであるが、自軍ゴール前のFKから相手にプレゼントパス、あり得ないミスから失点。その後、菊池の単独突破からのクロスを加藤が弾いたところを柏木が詰めわ勝ち越し。武藤が2度あったけつていきを決めきれす、
興梠→ラファ、菊池→駒井と交代し逃げ切りを、図るが大宮のサイドクロスからあっけなく失点。見慣れたような失点シーン。ミシャとは変わったところは垣間見得たが、やはり前途は多難と感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

速報札幌戦

いつもアウエーの洗礼を試合開始前の待機でかませてくれる札幌アウエー戦ですが、今回は待機についても不満無し、もっともアウエー自由席は確保出来なかったが。Tシャツといい、ホスピタリティのこもったおもてなしでした。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、関根、駒井、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、田村、長澤、宇賀神、高木!ズラタン。ラファはサスペンションで欠場、李が故障明けいきなりスタメン。守備陣に特段の変化なし。主審は佐藤。
前半、浦和がコンビネーション良く攻め、興梠、李の決定機があるがシュートは決めきれず。札幌の攻めに対しては冷静に対応している。
駒井、関根の両サイドからの攻撃も良いが最後のところで合わず。中盤から徐々に札幌にボールをキープされるようになる。CKから福森のクロスに槙野は都倉に着きれずベッドを決められる。また、槙野は愚かな報復プレーで一発退場。苦しいチーム事情を理解出来ているのか、誠に腹立たしいプレー。
後半、ミシャはいきなりの3枚替え、しかも交代間も無く那須が負傷退場。最悪シナリオの展開となる。
しかし、ここから残りの選手が踏ん張った。2人の数的不利に関わらず、選手な良く頑張った。最後にはジェイに、トドメを刺されてしまったが、最後の最後まで戦う姿勢を示してくれた選手には拍手で送ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

速報新潟戦

ミシャの解任騒ぎも今日から連勝始まれば一旦は治る?新潟、熊本の連戦では連勝する確率はさすがに高いでしょうな。
スタメンは、
FWーラファ
MFー武藤、興梠、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、榎本、長澤、青木、駒井、梅崎、高木、オナイウ。出場停止の遠藤に代わり那須、宇賀神左WGに入り駒井はサブ、梅崎、オナイウがベンチ入り、ズラタンは故障?主審は井上。
前半、新潟はリトリートして浦和の攻めを対抗するが、浦和にサイドに起点を作られ、関根→武藤、宇賀神→ラファと決定機を作るが、ゴールを決めけれず。
新潟の動きは緩慢て、浦和の、ミスからのカウンターもプレーの精度が低く救われ。しかし、カウンターから一旦止めたと思ったが、そこから繋がれ新潟先制。いつも見ているような失点の仕方。新潟の攻めだから1点で済んだが、散々の出来。
後半、前がかりになってカウンターを食らう悪癖が出て肝を冷やす。新潟の攻めが、あんまりなので助けられた。
ミシャは、武藤→駒井、関根の奇策をうってくる。ただ、駒井、武蔵のミスマッチから右サイドこらちゃんすを掴む。のシュートの跳ね返りを阿部が決めて同点。更に、CKからラファのヘッドを自ら押し込んで逆転。
高木、オナイウと投入、どうなのかなと言う部分もあったが、なんとか勝利。しかし、守備のところの根本でな問題はそのまま、この先も思いやられそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧