2018年8月15日 (水)

速報磐田戦

お盆の、ミッドウィーク開催の磐田戦。上位には2連勝しながら、下位チームに引き分け、負けと寂しい結果に終わってしまった。
スタメンは、
FWーこうろき、ファブリシオ
MFー武藤、宇賀神、森脇、柏木、青木
DFー槙野、阿部、岩波
GKー西川
サブは、福島、萩原、橋岡、長澤、菊池、マルティノス、李。マウリシオはサスペンションで欠場、センターほ阿部ご入る、ここのところお疲れ気味でパフォーマンスが上がらない橋岡に代わり森脇起用、ながさわがベンチに復帰。主審は山本。
前半、お互いに守り重視の構え、カウンターから攻めに人数をかけない戦法。浦和はボールをキープするが、守りを固めた磐田の守備を切り崩せない。
浦和は興梠がDFラインの裏に抜けシュート放つが磐田DFにブロックされる。ゴール正面のFKも、柏木のシュートは壁に当たる。磐田もカウンターから松浦のシュートはポスト直撃。お互いに低調な出来の前半。
後半、磐田は前半に入れ込み過ぎたのか、後半早々に足が止まり、バイタルがスカスカになる。右サイドこら流れたボールを青木がシュート!カミンスキーが一旦はセーブするが、跳ね返りをファブリシオご決めて浦和が先制。その後も、武藤から中央でフリーのファブリシオにパスが通り!ファブリシオが落ち着いて決める。
磐田は、これで攻めに出ざるを得なくなっご、浦和の、餌食にあう。大久保ご入って来たのも火に油を注いだ。柏木→長澤と変えて、CKこら槙野ごヘッドでゲット。森脇→菊池、興梠→萩原と交代、最後は萩原がドリブル突破して、ファブリシオにラストパス、ファブリシオがハットトリックを達成。完勝でしたが、やはり先制したのが大きい。相手が攻めて来ざるを得ない状況を作ることが、今の浦和には必要かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

速報長崎戦

広島、川崎と上位チームに連勝して調子が上がるが、今日の相手は長崎。下位チームと与し易いと考えたら大違い、守備が固いから要注意です。
スタメンは
FWー興梠
MFーファブリシオ、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、福島、森脇、萩原、菊池、阿部、マルティノス、李。スタメン、サブとも前節と変わらない。主審は今村。
前半、長崎は5バックで中を固めてくる。しかしファンマがボールをキープ出来るから!その間に武蔵が絡んでくると厄介。
浦和の展開で試合は進む、ファブリシオ、マウリシオが積極的にミドルを狙ってくる。ファブリシオ→興梠、ファブリシオ→武藤の決定機2度あったが決めきれず。
長崎はただ守っているだけでなく、カウンターから攻めに人数をかける時は、かけてくる。ただ後半は運動量が落ちてくるだろう。
後半、展開は前半と同じだが、試合のベースは長崎ですな。浦和は長崎のDFラインを崩せないまま時間が過ぎる。武蔵のゴールポストを叩いたシュートが決まっていたら、完全に長崎のゲームプラン通りでしたな。
浦和は、阿部のスキルフルのパスから武藤がゴールネット揺らすがオフサイド。選手交代も少し手を入れたが、好転なし。まだまだですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

速報川崎戦

前節は首位を独走するの広島に快勝、その手が川崎にも継続するがポイントです。
スタメンは、
FWー興梠
MFーファブリシオ、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、岩波
サブは、福島、森脇、阿部、菊池、萩原、マルティノス、李。スタメンは広島戦と変わらず、サブも変わらない。主審は
前半、浦和は川崎DFの目測誤りから武藤が裏に抜け出し、中の興梠に合わせて先制。
その後は川崎にぼをキープされるが、中をしっかり固めて川崎の、攻撃を許さない。しかし、小林との1on1、フリーのヘッドをセーブ、西川のおかげで無失点でしのぐ。
後半、川崎がボールをキープ!セカンドが拾えなくなり厳しい展開ご続く。だが、オリベイラはいつもの通り、阿部、森脇を入れて修正測る。川崎何故か中村下げてしまう。ボールの出してがらさ大島だけになり守る方も楽になった。橋岡のパスミスを拾われて絶体絶命のピンチを西川がナイスセーブ。
最後に入ってきた李がドリブルから粘ってPKゲットして、ファブリシオが決めて浦和が、快勝。選手に自信が出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

速報C大阪戦

蒸し暑い真夏のアウエーでのC大阪との戦い、突然の移籍発表となった遠藤のラストマッチとなりました。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、ファブリシオ、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、阿部、菊池、武冨、マルティノス、李。ファブリシオがスタメン、武藤と2シャドー。主審は福島。
前半、浦和の立ち上がりはあまり芳しくない。C大阪にボールをキープされて、さして厳しいとは思えないC大阪の前プレスにビルドアップもままならず。C大阪に攻められ、CKから事もあろうか高木に決められる。
その後も、浦和は攻めてがなく、人数をかけようにも上がりが遅く、どうしてもDFラインからの縦ポンが多くなる。しかし、そのセカンドが全く拾えない。兎にも角にも、DFは踏ん張り特にバイタルが開かないように工夫はしていた分、攻めに人数がかけられないのか。惜しかったのは、槙野スペシャルから宇賀神が抜け出してループを放った場面くらい。遠藤は、ヤマムーに振り切られて危ない場面も。
後半、浦和より先にC大阪のあしが止まる。浦和がだんだんセカンドボールを回収できるようになり、浦和のペースとなってくる。
オリベイラは、宇賀神→萩原、柏木→阿部と交代してサイドより攻勢をかける。柏木は故障?途中から武藤がCKを蹴るようになったが、やはりキッカーは柏木と思える。
浦和は、CKから槙野→興梠て見事なシュートを決めて浦和が追いつく。オリベイラは、その後、武藤→マルティノスの勝負に出る。マルティノスの守備に不安はあるものの、C大阪もヘロヘロでマルティノス、萩原で左サイドから攻めるのもありかと。一応見どころは見せてくれたが、得点までは至らず。アデッショナルタイム、CKよりクロスバー直撃、跳ね返りを西川セーブと際どい場面を作られたが何とか失点は防いで、ひきわけの結果となった。
お互いにヘロヘロで、まあ引き分けは妥当な結果と思うが、またCK絡みの得点だったが、攻めて行って得たCKですからあまりストレスはない、立ち上がりの不出来が悔やまれる試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

真夏の夜の夢

骨まで溶けるよなテキーラみたいな恋をして〜、
昨夜の試合は、真夏の夜の試合に相応しい内容では、浦和の得点も正に夢のような、今までまるきり冴えなかったセットプレーからでした。
直輝、長澤が怪我、森脇もようやく怪我上がり、ファブリシオはまだ調整中?メンバー的にも厳しい中での試合でありましたが、お互いにヘロヘロ、まあ最下位の名古屋から勝ち点3を獲得した事を良しとしましょう。
マルティノスがシャドーに入り、一応興梠、柏木とのコンビネーションは良くなってているようですが、マルティノスが守備をサボりがちなので、その割を宇賀神、青木が食ってしまいバイタルがスカスカになる悪癖はあいも変わらず。オリベイラは、3ボランチにしてその辺に対応してバランスを取りました。橋岡、萩原の2人のWGは良いじゃないとの思います。
オリベイラの目指す所は更に高みにあると思います。流れの中から点が取れない?いいんです、点が取れれば!その為に練習を重ねてセットプレーから得点出来たのですから。もう少し頑張ってもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

速報名古屋戦

W杯の中断を、開けてリーグ戦の再開戦、、相手へびけの名古屋だけに今日ほ勝ち点3ほ必須です。
スタメンは
FWー興梠
MFーマルティノス、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、森脇、阿部、武冨、李。W杯帰りの槙野、遠藤はスタメン。森脇がベンチに復帰。主審は松尾。
前半、浦和の立ち上がりは芳しいものではありませんでした。ぼんやりとした守備、名古屋にボールをキープされ、一応ブロックは形成しているのですが、青木、柏木がDFラインに吸収されてしまうと、バイタルすかすか、浦和の悪癖はオリベイラになっても解消されない。
攻めも、2シャドーなのですがサイドが上がってのコンビネーションに難あり。左サイドは、まだいいとして橋岡は全くいい所なし。武藤→マルティノスのクロスに中合わず、くらいでチャンスは無い。それでもCKから、遠藤が合わせ浦和が先制。その後、マルティノスが、GKと1対1となるが決めきれず。
1ー0で前半を終えられば良かったが、スカスカのバイタルをつかれ同点ゴールを決められる。シュートが味方DFに当たる不運もあったが、必然の失点でしたな。
後半、浦和が攻める、サイドがワイドに開いて、名古屋DFを引き剥がしにかかる。興梠が上手く相手DFをかわしてシュートにマルティノス詰める、絶好機あるが決めきれず。
散々な出来のマルティノスに替えて萩原投入。守備をする萩原投入でバランスは良くなったような。右サイドから、橋岡→遠藤抜け出し中の興梠へは相手DFに僅かにカットされる。
更に、宇賀神→阿部で柏木トップ下、WGが橋岡、萩原。バイタルが開く事に対策してきた。
そしてまたCKから槙野がゲット。また、バランス良くなった浦和は積極的な前プレスでボールを奪い、武藤の惜しいシュートからのCKからまた遠藤がゲット。恐れ入谷のオリベイラ、的確な選手交代でバランスを取り直し、そしてセットプレーから3点、ここ数年の間では考えらない事、キャンプでは散々練習したんだろうな。最後は、興梠→森脇できっちりと締めをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

天皇杯松本戦

天皇杯松本戦、過去JFLの松本に負けた苦い経験のあるアルウィンでの戦い、スタメンには槙野、遠藤め名を連ねる。
スタメンは、
F Wー興梠
MFー武藤、マルティノス、宇賀神、橋岡、青木、柏木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、阿部、柴戸、菊池、李。
試合は、立ち上がり前から来る松本のプレスに対してビルドアップもままならず。案の定、青木ボールロストからサイドに繋がれて、あっさりと失点。その後、浦和が盛り返し、CKからマウリシオのヘッドで同点。
松本のフォーメーションに合わせて、1-6-3の興梠ワントップ、負傷明けの興梠、W杯帰りの槙野、遠藤とコンデションどうなのかという起用でしたね。
マルティノス→阿部で2ドップ?に切り替え、宇賀神→萩原、これぇCKがそれなりに取れるようになり、CKからマウリシオのヘッドで逆転。内容的にも、いまいちながらここでJ2勢に足をすくわれなかった事を良しとしよう。
まだまだ、これからですな。厳しい戦いはこれからも続きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

速報ルバン杯甲府戦

1stレグはいいところなく敗戦、だけどオリベイラスタイルは何となく出てきている。
スタメンは、
FWー興梠、武藤
MFーマルティノス、直輝、青木、阿部
DFー宇賀神、マウリシオ、岩波、橋岡
GKー西川
サブは、福島、森脇、菊池、柏木、武冨、萩原、李。スタメンは、4-4-2になったのでょうか?森脇、柏木はベンチから。主審は廣瀬。
前半、浦和のフォーメーションは直輝トップ下の4-2-3-1、甲府のDFラインは高いが、裏抜けする興梠をら捕まえけれない。甲府も攻めに出てくるが、やはりフィニッシュが悪い。
浦和が、マルティノスのサイドで有利になる。興梠が、ドリブルからミドルを撃つとGKとDFの視界をすり抜けゴールイン。また、マルティノスの興梠のスペースへのパスで、見事にループシュートを決めて、2試合トータルで追いつく。
前半の早い時間帯で追いついたが、甲府の縦ポンで浦和DFは入れ替わられ、一度は防ぐご詰められ失点、その後は浦和のベースで、進むが得点は上げられず。
後半、マルティノス→柏木、武藤のポストを叩くシュートあったが、甲府に攻められるようになる。李と武冨投入して、柏木を、ボランチにして、4-4-2になったのですが、試合展開に好転はない。試合は硬直、そのまま試合終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

天皇杯YSCC横浜戦

あいにくの天気で、かつ遠方からの参戦へ無理。
スタメンは、
GK 西川
DF 菊池、マウリシオ、岩波、宇賀神
MF 阿部、青木、マルティノス、長澤、武藤
FW 興梠
SUB 福島、荻原、森脇、武富、柏木、直輝、李

4バックでの試合が多くなって来たわけですが、どうなんですか、なかなかフィットしないような印象があります。
3-0で勝ったわけですが、1点目はOG.2点目はPK、3点目は後半のアデッショナルタイム、流れの中からは点が取れない。チーム改造の途上だからしょうがないといえばしょうがないのですが。後半戦開始まではまだ時間があります。焦らないで見守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

ルバン杯甲府戦

2日にルバン杯があることは完全に忘れていました。それは、相手がJ2なんで問題ないじゃないと言う軽い気持ちを持っていたからでしょう。
私と同じ気持ちを、選手達も持っていたのではないでしょうか。舐めならいかんぜよ、と言う事ですな。急に暑くなりその中でのデーゲームはキツイですよね。それにしても残念な結果に終わってしまいました。
オリベイラ監督は、4-4-2を試したようですが残念ながら機能せず。ここは、チーム戦術を構築の次期だから、結果に一喜一憂してはならんのでしょうが、埼スタでのホームの試合に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧