2018年6月13日 (水)

代表パラグアイ戦

ようやく勝ちましたね。というかやっと点が入った。前半で、パラグアイ先制されたところで、いつものパターンと思われましたが、乾の活躍で逆転にもっていった。ただ、パラグアイDFの、寄せが甘いですよね。最後には香川もゴールを決めて、結果としては良かったんじゃないですか。私の、一勝出来ずに、いや一点も取れずに解任という最悪シナリオは回避されたようです。
ただ、これで本番の戦いに希望が持てることはないと思います。今日はたまたまパラグアイDFが脆かっただけです。今回の一勝に浮かれてはいかんのです。
乾をスタメンで使うことは宇佐美を下げる事になるのですかね。今日メンバー全てを試したわけですが、誰がレギュラーになっても別におかしくないわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

西野ジャパン

今日、西野ジャパンはW杯前、最後のテストマッチを行う。今回はレギュラーメンバーからガラリと変更をするようです。西野監督に代わり5連敗で、まともに点を取れる気配が無い。チーム内からは楽観的なコメントが多く聴こえてくる中で、まともな結果を残すことが、できるのかはなはな疑問です。
仮にですよ、今日のメンバーが結果を出したにせよ、このメンツで本番に臨むとは考えにくいし、この後に及んで出ていないメンバーの確かめてみたいとは、
うーむ、緊張感が無いのでは、それから監督自身に当事者意識が欠如している、末期的な様相を呈して来ている。
忖度ジャパン、前回とメンバーの入れ替えもない、今回結果が出ない事が分かっているのだから、次に繋がるメンバーを選んだらどうなのかと思いますが、それもない。
W杯後の代表を考えると非常に前途多難、厳しいものが待っている。アジアでも勝てない、そんな現実が待っているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

W杯メンバー選出

W杯のメンバーが発表されました。まあ、変わりばえのない、いつもの、年功序列、忖度メンバー、色々とありますが夢も希望もないメンバー。
まあ、ハリルホジッチのままでしたら、いわゆるビッグ3がメンバーから外れてしまうので、サポンサーに気を使っての西野起用、そしてこのメンバーはどうなんすかね。
リオ世代は、大島と遠藤と植田、中村くらいで、レギュラーと言える選手はいない、完全に世代交代からは取り残されましたね。ザックジャパンからして時間が止まってしまった。この代償は後から来ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

西野ジャパンガーナ戦

やはり想定されていたような結果に終わってしまいました。攻めは、ボールを保持しつつゴールに迫るものの、肝心なシュートご決まらない。守りは、最初の失点のFKも壁の作り方がいかにもお粗末、また2失点目となったPKもGKとD Fの連携が悪いことに起因する。
肝心の3バックですが、3人のDFでビルドアップするのってどうなの?サイドで数的優位ご作れない。そもそも可変式だから、ボランチが降りてきてビルドアップに参加、サイドのCBは攻めのフォローに回るではないの。今のままでは、攻めの人数が1人削られてしまい、サイドでの数的優位が作りづらい。
WGは長友は目立っていたが、原口はいまいちで守りに追われた印象。まあ、守備的に行くのならばありなのかと言う感じです。
本田、香川、岡崎も一応顔見せして、可もなく不可もなくでしたから、結局メンバーに選ばれるわけですな。しかし、日本は弱くなって地盤沈下進行中ですな。選手の世代交代が上手くいっていないのが最大の原因なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

西野ジャパン

西野監督に交代し初戦となる、ガーナ戦ご明日に迫って来ました。ハリルホジッチ監督からの電撃的な解任、ハリルホジッチの選手起用、それに絡むスポンサーとの軋轢、まあ色々とあったのでしょうな。
西野監督に代わってから、本田、香川、岡崎、この3人はビッグ3と言うらしい、が復帰して、更には浅野、井手口、決して所属チームで活躍していると言い難い選手ご選出され、中島、森岡、堂安らの結果を出してる選手は呼ばれていない。全く過去の実績重視で、スポンサーを忖度しているとしか思えない選手選抜ですな。
戦術的には、代表では古くから慣れ親しんだ4バックではなく、3バックを試すような感じではあります。いわゆる、両WGを張り出したミシャ式の可変フォーメーションを試すようです。長谷部がリベロに入り、ボランチが蛍、柴崎、右WGが原口、大迫が1トップでシャドウーに宇佐美と浅野が入るような感じです。長谷部と原口がポイント、長谷部は所属チームでリベロはやっているが、原口はWGはどうなんだ、やはり原口はシャドーのような気がします。ただ、そうすると本田、香川の居場所がなくなってしまう。いずれにせよ、トップ下をおかないフォーメーションでは香川が外れる可能性ご高まって来るのですかね。
今回の、W杯は全く期待しておりません。南アフリカ大会だって全然期待されていなかったが予選突破、しかし当時と情勢は違う。シード1のチームの強さは変わらないが、それ以下のチームのレベルが向上している。日本のFIFAランキングは60位まで落ちてしまっている。付け焼き刃的は戦術で安易に臨めば、大敗ありえる。まあ、ぼちぼちと見ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

代表ブラジル戦

急ごしらえの二軍メンバーでブラジルに臨むアギーレのメンタリティーて、どうなんすかね。ボロボロのピッチに怪我が怖いのか、流し感ありありのブラジルですが、パス回しについていけず。ボールを如何に奪取するかもままならず。一応守備に人はさいてはいるのですが、簡単にスルーパスからネイマールにやすやす先制される。
後半に入り攻めようとしたのてすかね、ミスが多く、柴崎のミスからネイマールに追加点、柴崎は守備にまわる時間が多く全く使い物にならない。ドロップするシュートだからキャッチは難しいでしょうが、川島も何もネイマールの前にパンチングする必要は無いでしょう。カカからの山なりクロスに誰も反応出来ないDF陣、見ていて絶望感に襲われました。日本代表って、こんな弱かったけ?まあ、でもこれが現実か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

U19韓国に勝利

初戦に中国に敗退、第2戦もベトナム相手にATにようやくの勝ち越し、予選リーグを勝ち抜くには韓国戦に勝利が必要となったわけですが、南野の2ゴールで何とか勝ち上がり。
でもポイントはベトナムの躍進だったわけで・・・ 次を勝てばWユースに出場出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

サンキュー・ザック

W杯は結果としては非常に残念なものに終わってしまいました。結果がすべて、プロであるならそうなのかもしれませんが、そうなるまでのプロセスを見ていきますと、ザックは非常に良い仕事をしてくれ、日本の国民感情といいますか、そのへんの琴線にまでふれてくれたような気がします。ただし、最後の最後で、今までやってきたことを貫くことが出来ず、偶然によるパワープレーに勝負をかけてしまったというか、そういう気持ちさせてくれるのがW杯の本番ということなのでしょうね。そこんとが非常に残念でしたね。
 就任してアジア杯で優勝という結果を見事に出してくれ、その後発生した東日本大震災でもいち早く日本に戻ってくれ復興という意味でも手助けをしてくれた、雨の降る日に傘をさしてくれた、その時の立ち振る舞いは忘れてはいけないことですね。 
 ただ今から思えば、結果を早く出しすぎたがゆえに、さらなるステップアップのチャレンジをためらってしまった感がありますね。そもそも、ザックは可変的な3-4-3のシステムを志向していたようですが、結果をだしたことによって、4バックで選手固定に走り、チームの熟成に力を注いでしまった。それが、自分のチームの力を出せれば良いが、それを突き破る個の力が日本にはないわけで、自分のゲームプランと違った方向に試合が進んでしまうと、それを修正するすべがありませんでした。
 攻撃、守備とも連動して自らゲームの主導権を握っていく戦い、守備的にいく、あるいは手数をかけないでロングボールに頼るような詰まらない戦術ではなく、はまれば面白い、事実アジアでは敵なしだったし、フランス、ベルギーにもアウエーで勝利したし、オランダとも引き分けた。コンフェデでも結果は出なかったが、日本らしい戦い方をみせてくれW杯本番では期待を抱かせてくれただけに非常に残念でした。
 W杯の初戦で、本田が先制し、その後相手ペースでしたが、何とかしのいでいたが、ドロクバ投入で、4分で2失点、あそこの精神面の持ち方が非常に悔やまれますね。また、その後のパワープレー、ギリシャ戦でも同じことをやったわけですが、パワープレーは神頼みですから、日本の今までの戦いとは反するわけで、パスをつなぐより、パワープレーのこぼれ球が味方に落ちてくる、神様はそれには味方してくれないと思いますよ。やはり、最後まで自分たちの戦術をやりとげる方向で戦って欲しかった。最後でザックの戦いがぶれてしまったのは非常に残念で、今回の敗戦を暗示していました。
 ただし、ザックにより日本は間違いなく一歩すすんで次のステージに上がったと思います。今回の戦いで足りなかった何かが難なのか、それは突き詰めて欲しいですね。これが新しいスタートの第一歩になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

W杯メンバー発表

W杯代表の23人が発表されました。



【GK】川島永嗣(31歳/ベルギー・スタンダールリエージュ)、西川周作(27歳/浦和レッズ)、権田修一(25歳/FC東京)

【DF】今野泰幸(31歳/ガンバ大阪)、伊野波雅彦(28歳/ジュビロ磐田)、長友佑都(27歳/イタリア・インテルミラノ)、森重真人(26歳/FC東京)、内田篤人(26歳/ドイツ・FCシャルケ04)、吉田麻也(25歳/イングランド・サウサンプトン)、酒井宏樹(24歳/ドイツ・ハノーファー96)、酒井高徳(23歳/ドイツ・VfBシュツットガルト)

【MF】遠藤保仁(34歳/ガンバ大阪)、長谷部誠(30歳/ドイツ・1FCニュルンベルク)、青山敏弘(28歳/サンフレッチェ広島)、山口蛍(23歳/セレッソ大阪)

【FW】大久保嘉人(31歳/川崎フロンターレ)、岡崎慎司(28歳/ドイツ・1FVマインツ05)、本田圭佑(27歳/イタリア・ACミラン)、香川真司(25歳/イングランド・マンチェスターユナイテッド)、清武弘嗣(24歳/ドイツ・1FCニュルンベルク)、柿谷曜一朗(24歳/セレッソ大阪)、齋藤学(24歳/横浜F・マリノス)、大迫勇也(23歳/ドイツ・TSV1860ミュンヘン)

 とこういうことで、大久保、青山がちょっとしたサプライズ、概ね順当ということでしょうか。残念ながら代表での原口の姿を見れないのは非常に残念!細貝の落選も微妙ですね。
 ザックは、ポジション別に年齢順に読み上げていったのですね。最後に呼ばれたのは大迫でしたが、「オウダ?」とか発音したため誰が呼ばれたのか一瞬わかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

代表ニュージーランド戦

W杯本番まであと3ヶ月、親善試合も少ないなかニュージーランドとの対戦となりました。
キャプテン長谷部負傷、遠藤もコンデション不良という事でボランチには蛍、青山を起用、前は大迫、本田、香川、岡崎という顔ぶれとなりました。日本は立ち上がりから怒涛の攻め、まずは岡崎が香川からのスルーパスに抜け出して、相手DFに完全に体は入れられましたが、後ろから足を出して執念のゴール、岡崎らしいゴールでした。
その後、香川がPA内でドリブル突破を仕掛けるとニュージーランドは堪らずファール、PKを香川が決めて2点目。3点目はセットプレーからの森重のヘッドでゴール、4点目は香川、本田、岡崎の三人の連動から本田のヒールパスを岡崎が決める。あっという間の4点でした。
しかし後がいけない。前の
四人の連動がなくなり個人プレーが目立つようになる。特にしょそチームで苦しい立場におかれている本田、香川はいいところを見せようとしてか、どうもプレーが空回り気味、よって大迫が完全に消えてしまいました。
また、内田負傷をうけ先発に起用された酒井の出来もいまいち、コンデションが悪かったのでしょうね。
一時は10点くらい取るのではと思われましたが、その後のせめはさっぱり、豊田、清武とか起用されるわけですが、チームにフィットしているとは言い難い出来でした。
そんな中、蛍、青山は出足のよいボール奪取で見せ場をつくってくれました。蛍は今日のできならレギュラーを取ってもおかしくないレベルでした。
その後はニュージーランド相手に2失点、竜頭蛇尾な結果に終わってしまい残念でしたが、このチームはチームとしての連動性がないと厳しいですね。後はバッグアップメンバー経験をつませないといかんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧