« 速報札幌戦 | トップページ | 爪白癬治療 »

2020年10月 4日 (日)

爪白癬

Image0_20201004073201

爪白癬の治療をしています。爪白癬て、分かりやすくか言えば爪に出来た水虫です。平成28年5月に右足の親指と人差し指の間に水虫が出来たのが始まりでした。それは、ひ皮膚科で塗り薬のルリコンを処方してもらい半年くらいで治りました。

しかし、その後親指の爪に白い線状のスジが爪の中にできました。残っていたルリコンや、薬局でエクシブを購入してた爪に塗っていたが、一向に良くならない、それどころか足爪全体が白くなってしまった。これはさすがにまずいと思い、再び皮膚科に行ったのが平成31年5月、爪白癬と診断され塗り薬のルコナックを処方してもらいました。

一年以上、ルコナックを塗り続けましたが、全然よくならない。ネットで調べると、塗り薬での、完治率は15%程度、塗り薬で治らないのなら飲み薬での治療があるとのことで先生にも相談して、飲み薬を処方してもらいました。注意することは、肝臓の機能障害を起こす可能性があるので、血液検査をしながらと言うことでした。

飲み薬には、イトリゾールを1週間飲んで3週間様子見する、これを3回繰り返す。パルス療法と言うようです。2回目の服用が終わったところです。白い部分が伸びて来て、その後に白い部分が出て来ていない事が分かります。このまま、爪が生えかわり良くなればと思っています。

|

« 速報札幌戦 | トップページ | 爪白癬治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 速報札幌戦 | トップページ | 爪白癬治療 »