« 靴ずれ | トップページ | 速報札幌戦 »

2020年8月 3日 (月)

速報清水戦

連戦を考慮したかの選手起用、興梠は怪我なのか杉本へ、デンが復帰、武冨がベンチ、いろいろとやり繰りをしている。
スタメンは、
FWーレオナルド、杉本
MFー汰木、関根、青木、エベルトン
DFー山中、槙野、デン、橋岡
GKー西川
サブは、福島、鈴木、荻原、柴戸、武冨、武藤、伊藤。
前半は、良い所なし、細かくボールを繋いで来る清水に主導権を握られ、CKをかなり取られるも、まあ守備は良かった。
後半、不出来で早々とイエローをもらった青木→柴戸、浦和のボールのまわりは良くなった。清水にボールキープされるが、清水は浦和の守備ブロックの周りでボールを回すだけ、浦和は効果的にカウンターをくりだす。
レオナルド、関根の前プレスからスローインを奪い、クイックスロー、レオナルド→杉本でこぼれたボール。レオナルドが落ち着いてボールをキープして先制する。
まあ、このまま試合を終えれば良かったが、大槻監督の作戦は追加点狙いなのか、荻原投入。失点場面は、レオナルドのクリアが短くそこからつながれ、サイドにボールを追ったのは杉本で、粘りなくクロスを送られ、橋岡が被ってしまい、清水に決められてしまうと言う、何だかなあと失点。何で、武藤、伊藤を投入しなかったの?と疑問は残ります。
今季の浦和を考えれば、勝てないと、何の結果も残らない、負け試合に等しい結果となってしまいました。

|

« 靴ずれ | トップページ | 速報札幌戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靴ずれ | トップページ | 速報札幌戦 »