« 靴ずれが直らない | トップページ | 瓦斯戦 »

2020年7月13日 (月)

速報鹿島戦

コロナによる自粛が段階的に解除され、有観客となった埼スタでの鹿島戦、鹿島は今期公式戦での勝利がない。えてして、こういう相手に浦和は勝利を献上してしまう事がありがちなのですが、
スタメンは、
FWー興梠、レオナルド
MFー汰木、長澤、エベルトン、青木
DFー山中、デン、岩波、橋岡
GKー西川サブは、福島、マウリシオ、岩武、柴戸、関根、マルティノス、杉本。興梠、レオナルドなら2トップ、エベルトン初スタメン、サブに岩武入る。過密日程を考慮しての選手起用。
前半、互いに低調な試合内容、鹿島は永木がチームの中心なのだろうがちと荷が重い。後ろでパスは回るが肝心な所でのテンポアップはない。
浦和は、左サイドで汰木がボールを持って、そこを山中が、追い越して行くとチャンスになる。二人のコンビネーションから、レオナルドあわやの場面あるが得点にならず。しかし、セットプレーから、山中のFKをファーで岩波が折り返し、エベルトンがバックヒールで決める。その後も山中のFKから、レオナルドに僅かに合わずの場面もあった。ボールのキープは互角だが、決定機は浦和が多い。
後半、お互いに前線でのミスが多い。なかなか、シュートが打てない鹿島は、伊藤→上田て局面の打開を図ろうとするが、決定機は上田のヘッドが一度あったきり、それとて枠を捉えきれず。
浦和も、杉本、柴戸、関根、マルティノスと交代、最後は、1-5-4にして鹿島の攻撃を完封。鹿島は、レオシルバも不在で、チームの中心となる選手が不明、鹿島らしい選手はいない、鹿島のいやらしさご全然出ていない。これではチームの不調はよく分かる。今期は、降格がないからもうしばらくザーゴで行くのもありかと思うが、メルカリさんになってから、鹿島らしさが無くなって普通のチームになっているような気がしました。
この試合、チケットを買うチャンスはありましたが、家族から、調子に乗らない方が良いとの忠告を受けて、止むを得ずDAZN観戦。ちょっと今の情勢だと出かけるのは、高齢者としては厳しいと思います。

|

« 靴ずれが直らない | トップページ | 瓦斯戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靴ずれが直らない | トップページ | 瓦斯戦 »