« 日銀短観 | トップページ | 速報仙台戦 »

2020年7月 6日 (月)

速報横浜戦

えー、全然速報ではないのですが、再開明けの横浜戦の感想です。埼スタの雰囲気は無観客でしたが、クラブとサポのおかげで座席には素晴らしいコレオが描かれていました。ビニールシート10万枚との事ですが、こんだけのものを用意するのに、どれだけ時間がかかっているのか、用意された皆様には敬意を表するしかありません。
スタメンは、
FWー興梠、杉本
MFー汰木、長澤、青木、柴戸
DFー山中、デン、岩波、橋岡
GKー西川
何故か、レオナルド、エベルトンはベンチさえ入っていない。まあ、守備優先の選手起用。
前半、やはり前年チャンピオンチームの横浜、チームの熟成度が違いますね。細かくパスを繋いで来て、なかなか浦和にボールをキープさせてくれない。なかごわ、遠藤あたりからあわやの場面をつくられるが、デンを中心に粘り強い守備で、相手をフリーにさせる場面は作らせませんでした。
浦和も、左サイド中心に、汰木にボールが渡ると山中が汰木を追い越していく場面が再三あり。二人のコンビから、汰木がカットインして、おしいシュートを放つ。また、サイドからのこぼれ球に対して、長澤があわやのシュートを放つ。ボールのキープ率は横浜でしたが、浦和にもそれなりの決定機はあり、五分の展開という印象でした。
後半、しかし後半に入ると横浜に一方的に攻められる。浦和は興梠を残して残りで守備を固める。青木、柴戸の積極的なボール奪取が目につきました。SHを、関根、マルティノスに二枚替え、しかしこれもボールを奪取しても、フォローがなく単騎攻撃では横浜の守備網にかかってしまう。終了間際、テレ玉の放送終了後に横浜にあわやのシュートを放たれるご、西川の好セーブで何とか防ぐ。
前年のチャンピオンチームになんとか引き分けという感じでしたが、守備に関していえば、簡単にサイドこら崩され、なかでフリーの選手を作ってしまう場面を目につかなかった。全体的には試合内容はそんなに悲観するものでは無かったと思います。ただ興梠以外守備ではなかなか得点はむづかしい。レオナルドが入ってくるとまた違うとは思うのですが。
これで、また、リーグは続いていくわけですが、去年までのやり方をさっぱりと変えまったわけですが、これがどんだけの結果を残していくが、また過密日程で連戦が続くわけですが、その辺がら注目されるとこです。

|

« 日銀短観 | トップページ | 速報仙台戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日銀短観 | トップページ | 速報仙台戦 »