« 速報磐田戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2019年5月 8日 (水)

速報ACLプリーラム戦

ACLの予選突破には、残り2試合負けは許されません。ここは、織部の今期が試される試合となるのでしょうな。
スタメンは
FWー興梠、武藤
MFー山中、森脇、エヴェルトン、長澤、青木
DFー槙野、岩波、鈴木
GKー西川
サブは、福島、宇賀神、阿部、萩原、柴戸、ナバウト、汰木。マウリシオに代わり岩波がスタメン、マルティノスが外れ、阿部、萩原がメンバー入り。織部は連戦にもかかわらず、メンバーは固定の方向。
前半、浦和は立ち上がりから、人数をかけて攻め込む。相手DFラインの間にポジションした興梠に、エヴェルトンからのパスが通り、興梠が落ち着いて決め早々と先制。その後は浦和ごボールをキープし、山中が惜しいチャンスを掴むが追加点は奪えず。
そうこうしているうちに、プリーラムはカウンターからPJが浦和の左サイドのフリーの選手にパス、浦和はDFは肝心のPJのマークを外しまい、PJにやすやすと決められてしまう。その後、ゴール前の混戦からエヴェルトンが拾ったボールが武藤の前に溢れて武藤がそれを決めて勝ち越しに成功。
36度の気温の中、吸水タイムを設けられたが、お互いに足ご止まり始める。
後半、互いに足が止まり中盤ごオープンな展開になる。プリーラムに攻められる展開になるが、長澤、興梠ループと絶好機はあったが、ゴールを決めきれず。
プリーラムに攻め込まれるが、PJ以外に決定力なく、攻められるがCKで終わるみたいな展開に。織部は、長澤→柴戸、武藤→ナバウトと交代。最後は、エヴェルトン→萩原、萩原は交代直後にポスト直撃のシュートを放って見せ場を作る。
なんやかんや言っても、プリーラムの攻めは芳しくなく、セットプレーを取るのかが精一杯て、浦和は逃げ切りに成功。
日テレは、最終戦の北京戦は引き分けでもOKみたいなことを、言っていたが、スコアレスドローはOKですが、基本的には勝つ事が予選突破の条件と思っていたほうご良いかも。

|

« 速報磐田戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 速報磐田戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »