« 速報清水戦 | トップページ | 速報ACLプリーラム戦 »

2019年5月 3日 (金)

速報磐田戦

スタメンは、前節とは変更なし。キックオフには気温も高くなり、織部のトレーニングの成果が出るだろう。
スタメンは、
FWー興梠、武藤
MFー山中、森脇、長澤、エヴェルトン、青木
DFー槙野、マウリシオ、鈴木
GKー西川
サブは、福島、岩波、宇賀神、柴戸、マルティノス、ナバウト、汰木。鈴木はCBでの序列を変えてスタメン定着。磐田は、川又欠場、中村俊輔がベンチ。主審は松尾。
前半、磐田は何故かエンドを変えてのキックオフ。お互いにDFライン高くして、中盤での潰し合いに終始する。磐田は、ロドリゲスとアダウイトンご厄介、しかしながら効果的なパスは入らない。
浦和は守りは安定しているが、攻めは人数をかけていないぶんだけに淡白、前半終了間際に、鈴木の突っ込み、山中の惜しいFKあり。山中ねり、興梠の動きは磐田に読まれている。これも織部の想定の範囲内か。
後半、磐田の運動量は落ちない。磐田優勢のペースで進む。汰木が入ったあたりで磐田のDFラインは下がったが、今日の汰木は見せ場無し、マルティノス、ナバウトと入れたら活かせるスペースが無い。
引き分け間際のATに青木が痛恨のパスミス、そこから磐田に決められて、試合終了。今までのしっぺ返しが来たのかな

|

« 速報清水戦 | トップページ | 速報ACLプリーラム戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 速報清水戦 | トップページ | 速報ACLプリーラム戦 »