« 速報神戸戦 | トップページ | スマホアプリの修正 »

2019年4月25日 (木)

ACL④全北戦

橋岡、柏木が故障で欠場、エベルトンは何とか先発、森脇を右WGに起用し、鈴木がスタメン。前半は良いところなく、あっさりと森脇のパスミスから失点。全く得点上がる気配がない。全北の放り込みに、DFラインが下げられ、これほ攻めに転じる時は辛い。
後半、立ち上がりサイドからクロスを中で見事に合わされて失点。この失点が痛かった。全北は後半足が止まるのは、前節でわかってはいたので、ここは耐えて欲しかった。その後、全北のクリアミスが興梠に通り、こうあがゲットして一点差になる。その後、守備をやらされて疲弊した2トップを変えざる得ない時点で、追加点の気配は消えた。ただ、汰木はそんな中で左サイドでキープして、GKの頭越しにラストを狙い、見せ場はまた作ってくれた。
この日の敗戦で、残り2試合は勝ちが必要、崖ふちに追い込まれました。ただこここらが強いのが、ACLの浦和の歴史なんですがね。

|

« 速報神戸戦 | トップページ | スマホアプリの修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 速報神戸戦 | トップページ | スマホアプリの修正 »