« 速報仙台戦 | トップページ | 速報ACLプリーラム戦 »

2019年3月 2日 (土)

速報札幌戦

ホーム開幕の札幌戦、ACLも始まるので選手起用にも注目、
スタメンは
FWー興梠、杉本
MFー山中、宇賀神、柏木、長澤、エベルトン
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、福島、鈴木、森脇、柴戸、マルティノス、汰木、ナバウト。サブが、森脇、汰木が入り阿部、橋岡がベンチ外、この辺はACLの戦いを見据えての事なのか。スタメンは仙台戦と変わりなし。主審は今村。
前半、札幌のファーストプレーで、武蔵に裏を、取られてああっさり失点。更に山中の中途半端なパスを拾われて、チャナティプから武蔵にボールが通りまた失点。札幌はボールを奪ったら裏抜けする武蔵に素早くボールを、渡す約束事に浦和DFは対応できず。
浦和の攻めはピルドアップがなかなか出来ず。コンビネーションで攻めるなんていうレベルでない。杉本が、我慢出来ずにボールをもらいに降りてくるが、札幌にとってそこはボールの取り所、浦和のフォローが遅いため、札幌の狙い通りになっている。
左サイドから面白いようにボールを、繋がれてゴール前の武蔵はごっちゃんゴールを見事に外してくれた。
後半、杉本→ナバウト、早めに一点返せば何とかなりうるがゴールは遠い。興梠の裏抜けにパスが入り出すが、攻撃の連動性はない。
守備は武蔵の裏抜けとチャナティプは抑えることはできたが、長澤→柴戸、柏木→マルティノスと選手交代するが、攻撃は力攻めのような感じになってしまった。これはこれでACLを、戦っていくのはいいのかもしれないが。まあ、実戦を重ねてコンビネーションを構築していくしかないのか。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | 速報ACLプリーラム戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報札幌戦:

« 速報仙台戦 | トップページ | 速報ACLプリーラム戦 »