« 速報札幌戦 | トップページ | 速報ACL北京戦 »

2019年3月 6日 (水)

速報ACLプリーラム戦

前2試合ほ良いところなし、得点もあげられず。織部のキャンプからのやり方からすれば慌てることはないと思いますが、そろそろ結果を出さないとまずい。
スタメンは、
FWー興梠、ナバウト
MFー宇賀神、橋岡、柏木、長澤、エベルトン
DFー槙野、マウリシオ、森脇
GKー西川
サブは、福島、鈴木、山中、萩原、柴戸、汰木、杉本。F Wを杉本からナバウト、森脇がスタメンと多少の変更ありだが、基本ほ変わらない。
前半、プリーラムの、守備ご組織的でない分、浦和はパスはテンポ良く繋げる。槙野、森脇の前に大きなスペースがあり、そこを持ち上がってつく攻めは効果。
しかし、プリーラムはしっかりと守備ブロックを作って浦和のラストパスを通させない。よって、ボールをキープするもののシュートが打てない展開となる。
プリーラムは、ペドロジュニオールと9番の動きが怖い。一度、左サイドでペドロジュニオールへのスルーパスでフリーになりかけたが、オフサイドで救われる。浦和も、興梠のシュートとセットプレーかれの槙野のヘッドが惜しかったくらいで、チーム状態が良くなっているとは思えない。
後半、セットプレーから橋岡ごマークを外されポスト直撃のシュート。その後のCKから槙野が決めてやっと今季初ゴール。
しかし、その後ゴール前混戦とペドロジュニオールにら裏抜けされ切り替えされシュートされるが西川がナイスセーブ。ここを凌ぎ切ったのが今日の、勝負のあや。
長澤のシュートの跳ね返りを、橋岡が決めて追加点。長澤→柴戸、興梠→汰木と交代、プリーラムはこの辺で足が止まる。汰木がくねくねと変態ドリブルからクロス、ナバウトには合わなかったが、逆サイドから走り込んだ橋岡が詰めて3点目。
ここまで得点をあげららなかった鬱憤を晴らすかのような展開。橋岡、汰木、若い選手が目立った。特にイケメン汰木がボールを持つとざわめく埼スタでした。

|

« 速報札幌戦 | トップページ | 速報ACL北京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ACLプリーラム戦:

« 速報札幌戦 | トップページ | 速報ACL北京戦 »