« 代表アジア杯イラン戦 | トップページ | 沖縄に行ってきた2019 »

2019年2月 8日 (金)

速報TM沖縄SV戦




沖縄旅行中に浦和のTMに行って来ました。会場は金武フットボールセンター、金武と書いて(きん)と読むそうです。レンタカーのカーナビに何と入力していいか、沖縄の地名はほんとに難しい。あいにくの雨ですが、TMが始まる頃には日が差して来ました。
前半、浦和のフォーメーションは
FWー興梠、杉本
MFー柏木、長澤、エベルトン、宇賀神、橋岡
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
織部は、4バックを志向しているようですが、まだ熟成していないので、去年まで慣れ親しんだ、3-5-2で臨む。注目は、新加入の杉本がどれだけチームにフィットしているか、興梠とのコンビネーションなのですが、それについては試合開始から、2人のコンビネーションはイマイチ、杉本は盛んに前線での起点となる動きをするのですが、周りとの呼吸は合わない。特に興梠とはさっぱりで、杉本がボールを持つと興梠は明後日の方向で杉本が孤立という場面が目立ちました。
盛んに前線からボールを奪いにいく戦法は、チームの決め事の様に思えました。ボールを奪った後の切り替えも素早い、しかし、逆にボールを奪われた後、カウンター気味に攻められると、これはいけない。人は足りているのですが、厳しく当たる選手がいない、ボールウォッチャーになっているのですな。
先制される前も、CKからバイタルがすかすかで際どいシュートを打たれる。橋岡判断ミスから右サイドを突破され、そこからのクロスに槙野がオウンゴール。つかのま、エベルトンがファール気味なプレーでボールを失うと、ボールウォッチャーとなり、左サイドを突破されてシュートを決められる。ここまでは良いところなし。
エベルトンがさかんにボールを捌くが鋭い縦パスは入らず。柏木が下りてきてボール捌くが周りとはイマイチ。右の橋岡が杉本、柏木から盛んに叱咤される。DFラインからの、縦パスやサイドチェンジのパスが入らない。
前半終了間際に、杉本→興梠のコンビネーションからようやく1点返す。杉本からの決定機を、長澤はシュートを決められず。
後半、浦和のフォーメーションは
FWーナバウト
MFーマルチノス、汰木、山中、岩武、直輝、柴戸
DFー鈴木、阿部、森脇
GKー福島
2本目の選手の、まず意気込みが違いましたな。動きが良く、プレーも非常に厳しい。特に、山中が非常に良かったですね。汰木とのコンビネーションで、左サイドを抉り可能性のクロスを再三送る。後、鈴木もそこに絡んできて左サイドからの攻撃でチームが活性化しました。
左サイドからのプレーで直輝がキープして、右の岩武が決めて同点。山中の素晴らしいプレーから直輝が決めて同点。コンビプレーからのナバウト中央突破、マルチノスの逆サイドパスからの汰木の決定機、などがあり、直輝の代わりに入った萩原が中央突破から倒されPKゲット、ナバウトが決める。その後も、山中→マルチノス、汰木キープから山中経由のシュートとか惜しい場面が続いたが、萩原が弾丸ミドルを決めて5点目となりました。
ここでおしっこご我慢出来ずに離脱、そしてその後はファンサに並びました。今日の結果を見ると、競争は激しくなってきており、その影響で2本目の選手の動きが良い。今日は出ていない、武藤、ファブリシオ、青木とかいるわけで、選手層は相当厚くなりましたね。
ファンサもひと通りやってもらいました!阿部ちゃんからは、ステッカーもらいました。
相変わらず、直輝とマルちゃんは神対応でした。これも、キャンプを見に行く楽しみですね。

|

« 代表アジア杯イラン戦 | トップページ | 沖縄に行ってきた2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報TM沖縄SV戦:

« 代表アジア杯イラン戦 | トップページ | 沖縄に行ってきた2019 »