« 沖縄に行ってきた2019 | トップページ | 速報仙台戦 »

2019年2月18日 (月)

ゼロックス杯川崎戦

今シーズンの、開幕になるわけですが相手は昨シーズンの川崎ですので厳しい戦いになる事は予想できたのですが、結果はまあまあながら内容的には圧倒されてしまいました。
キャンプで、織部は最終日のみしか試合は設定していない為、チームとしてのコンビネーションに不安があったわけですが、沖縄SV戦での課題は解消されていないと言うか、全く改善されていない。興梠ー杉本の2トップですが、どうしても2人のコンビネーションが取れていない。杉本が起点になるように盛んにボールを受けようとするのですが、杉本にボールが入った時の興梠の位置が良くない、興梠はファーでポジションを取る事多くて、2人が絡んだのは杉本が興梠の、かかとを蹴った場面くらい?全く沖縄からの改善は見られてませんでした。
この日は、長澤なり橋岡がフォローに入るのですが、川崎の素早い寄せでなかなか効果的な攻めが出来ず。
守備は、中はしっかり固めて結果すれば川崎の、得点を1点のみに抑えたが、オフサイドになったが、ゴールネットを揺らされる場面は2度ありましたが、完全に川崎に崩されていましたね。この辺はさすが川崎という事なのでしょうが、守備は昨シーズンからやっている事が継続されている安心感はありました。
山中は後半から入り、試合の流れを変えてくれる事を期待したが、そこまでこの時点で期待のは厳しいか。
ただ、JリーグだけでなくACLも並行して戦っていく事を考えると、ACLは緻密なコンビネーションより、守備を固めて力づくで戦っていく事を考えると、現状ではまあこんなものなのしょうか。武藤、青木、ファブリシオが戻ってくれば、また違う戦い方も出来るでしょうが、いま少しの辛抱が必要かもしれません。

|

« 沖縄に行ってきた2019 | トップページ | 速報仙台戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロックス杯川崎戦:

« 沖縄に行ってきた2019 | トップページ | 速報仙台戦 »