« 仙台戦 | トップページ | 父親の死 »

2018年10月20日 (土)

速報鹿島戦

これで今期の行方が決まってくる、ACL圏内に残るに勝たねばならない試合

スタメンは、

FWー興梠

MFー武藤、柏木、宇賀神。森脇、青木、長澤

DFー槙野、マウリシオ、岩波

GKー西川

サブは、福島、茂木、武冨、柴戸、阿部、ナバウト、李。橋岡、萩原はU20で欠場。森脇が久しぶりのスタメン。主審は、荒木。

前半、中断の間のトレーニング成果なのか、立ち上がりから浦和の攻めは小気味良い。前線で興梠がキープして、上がってきた森脇がシュート、武藤のトリッキーな動きからのシュート、中央でボールを繋いでの長澤のシュート、宇賀神クロスこらの興梠シュート。どれが入っていてもおかしくない。

ところが、鹿島にきっちりとワンチャンスを活かして、サイドに振って西が先制ゴールをあげる。いつも見たような風景です。

後半、浦和が見違えるように決定機を決める。CKから岩波がゲット。更に中央からドリブルで相手をかわして、武藤が見事なミドルを決める。

しかし、ここからは鹿島にボールをキープされて、決定機を再三作られたが、粘り強く守る。防戦一方にねるが、ナバウト、阿部、柴戸と入れて鹿島の攻撃を跳ね返す。最後は、逆襲がドリブル突破して鹿島の息の根を止める。まことに痛快な鹿狩りでした。

|

« 仙台戦 | トップページ | 父親の死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 仙台戦 | トップページ | 父親の死 »