« 浦和の観客動員について思うこと | トップページ | 横浜戦 »

2018年9月12日 (水)

森保ジャパン初戦

森保ジャパンの船出となりました。札幌で予定されていたチリせんは地震の影響で中止となり、この日のコスタリカ戦が初戦となりました。
召集されたメンバーは非常にフレッシュなメンバーで、いつも代表を見ていると出てくる閉塞感を余り感じませんでしたね。4バックで青山と遠藤がボランチ、中島と堂安がS.H、小林と南野が2トップの布陣。
組織的に前から相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪ったら一気に前に展開、縦に早い攻めをする印象でした。中島、堂安の2人にボールが渡ると、安全第一でなく常に相手に仕掛けていく感があったのが、閉塞感を生まない原因でしたかね。
結果は、相手のOGもあり3-0で圧勝、スポンサー的は満点の華試合でしたね。フレッシュなメンバーで積極的に戦うとこうなるのですね。実績がある欧州組は呼ばずにこのメンバーで森保色を出していくのもいいかもしれないですね。まずは来年1月のアジアカップが目標ですか。

|

« 浦和の観客動員について思うこと | トップページ | 横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森保ジャパン初戦:

« 浦和の観客動員について思うこと | トップページ | 横浜戦 »