« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

速報柏戦

台風の中の柏戦、ホームの埼スタ3年振りくらいの欠席です。
スタメンは
FWー興梠、武藤
MFー宇賀神、橋岡、柏木、青木、長澤
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、福島、茂木、萩原、阿部、柴戸、ナバウト、李。スタメンは前節と同じらサブにナバウトが入る。主審は松尾。
前半、台風の影響でJ1は2試合が中止となり、唯一開催された一戦は浦和レッズがエースFW興梠慎三(32)の2得点で競り勝ち、勝ち点を41にのばした。
前半35分に柏レイソルがFWオルンガのゴールで先制。浦和もすかさずMF長沢和輝が3分後に取り返し、1-1とした。同点で迎えた41分。浦和は興梠の鮮やかなループシュートで逆転に成功する。敵陣でのプレスで相手の連係を乱すと、こぼれたボールを拾ったFW武藤雄樹のスルーパスに興梠が反応した。裏へ抜け出すと、走りながら相手GKの立ち位置を確認。ペナルティーエリアの外からダイレクトでやわらかくボールを浮かせると、前に出ていたGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。利き足でない左足での技ありゴールだった。後半に入り、視界が悪くなるほどの雨が降り出した中、ゴールは柏に生まれた。15分、FWクリスティアーノの左クロスをFW瀬川祐輔がヘッド。ゴール左へ決めて追いついた。対する浦和は同21分に興梠がペナルティーエリア内から右足で狙うも、たたきつけたシュートはクロスバーに直撃した。両者ともに疲労の色が濃くなった36分、決勝ゴールを奪ったのは興梠だった。DF宇賀神友弥の左クロスを逆サイドで拾った武藤が再度クロス。中央でフリーだった興梠が右足ダイレクトで決めた。5分間のロスタイムも柏の反撃をしのぎ、このまま試合終了。中位の混戦を抜け出してのACL出場圏である3位以内へ望みをふくらませた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

SNS拡散

ヴィッセル神戸は27日に更新した公式ホームページ(HP)で、DF高橋峻希(28)が24日から自宅謹慎中とした。
23日の浦和戦をMFアンドレス・イニエスタ(34)が欠場。その情報が試合前にSNS上で拡散される騒動があり、高橋がその発信元の可能性がある。同HP上で「第三者による調査を進めており、本人に聞き取り調査等を行っている」と伝え、その結果についてはあらためて報告するとした。SNSの怖いところでよね。本人は何の気なしにやってしまった行為がSNSを通じて拡散してしまう。他山の石としなくてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

天皇杯8強揃う

天皇杯はベスト16の残り2試合が行われた。鹿島がJ1首位の広島を延長の末に2-0で破り、3大会連続で準々決勝へ進んだ。磐田は札幌に4-2で勝ち、2大会連続の8強入り。
準々決勝で鹿島はJ2の甲府と対戦し、磐田は仙台との顔合わせとなる。鹿島はこれで、ACL、天皇杯、ルバン杯と全て勝ち残っており、リーグ戦もACL圏内で今後のスケジュールがもう大変、殺人的スケジュールになるでしょうな。この時期になってチームの観戦で忙しいというのは羨ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

ダイソン掃除機の使用感

先日、ダイソンのハンディクリーナー、v6 triggerを購入しました。その使用感をまとめてみたいと思います。
大きさ、重さは思った以上に重くない。結構な重量感はありますが、思っていた以上に大きさもなく、パパッと使えて、そこは良いところです。
ハンディクリーナーですので、同袍されているアタッチメントなのですが、標準のブラシに布団用、スキマ用、ハードブラシというのですか、合計4個ついています。標準のブラシを使うと結構な吸引力ですじゅうたんやラグにかけると、吸い込んでいる感がハンパないです。
次に布団ですが、アタッチメントは少しちゃっちいブラシとなります。ベッドはいい使用感ですね。非常に使いやすい。布団になると吸引力が強いので、カバーを吸い込み少し使いづらい、吸引力をMAXではなく普通にするのが良いような感じですね。
次は、車ですね。車の車内清掃はなかなか綺麗にするものがないなか、ダイソンは良い。洗車場にあるクリーナーだと吸引力が弱く、全然ゴミを吸った気がしないのですが、これは綺麗になります。フロアマットのゴミも良く吸ってくれます。
非常に使いやすいし、さすがにダイソンという感じなのですが、しかしバッテリーの持続時間が余りに短い。v6ですと20分です。満タンに充電するには3時間半かかります。これではメインの掃除機にはなりませんね。最新のv10ですと1時間持つようになっているとのことです。ただ値段か最新の機種は高い。v6ですと サブ機として使用するのが良いのでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

速報神戸戦

イニエスタデイのはずだった今日の試合、イニエスタは欠場。埼スタのピッチの状態もわるい。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、柏木、宇賀神、橋岡、長澤、青木
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、榎本、茂木、萩原、阿部、柴戸、武冨、李。前節欠場だった柏木が復帰、サブのメンバーは茂木、柴戸ご入る。主審は佐藤。
前半、神戸は2トップでポドルスキーはトップ下かと思うのですが、ボールが来ないので、ボールをもらいに下がってゆき、バランスを崩しているような。これも浦和の前線からの連動した浦和の守備が良いからか。
浦和は神戸とは対象的に武藤、柏木がボールを引き出す動きをしている。それに両サイドが絡んでくる。GKブラインドからの青木のシュートが決まり浦和が先制、その後も浦和がボールをキープ。柏木からの神戸DF裏へ抜け出した興梠へのパスをワンタッチで決めて浦和が追加点。神戸は前半良いところなし。
後半、相変わらずの浦和ペース、浦和は青木、長澤に加えて柏木を入れてバイタルは完全に監視、バイタルでうけれないポドルスキーは下がって受けざるを得なくなる。
神戸DFの水したボールを、武藤がGK頭越しのループシュートをきめて、試合の行方はほぼ決まる。浦和の守備の前に神戸は攻めてなし。最後へ柏木クロスに長澤はフリーでヘッドを決める。全く有り難いチームです、神戸さん、観客今期最高の55000を呼んでくれて、しかも4点も得点を見せてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

ACL鹿島4強進出

AC準々決勝で鹿島は中国の天津に快勝して、準決勝に進出した。アウエーでも、、2-0で勝っており、ホームでの2ndレグでも、3-0の圧勝、鹿島の強さというより、中国チームの汚いプレーが目立った試合でしたね。これで、初のAC L準決勝に進出、対戦相手は韓国の水原になる。
また、西ではシャビ、カビを有するアルサッドが準決勝に進出した。シャビ見てみてー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

ダイソン購入した

ダイソンのv6triggerなるハンディークリーナーを購入しました。ダイソンの掃除機には興味がありましたが、結構お値段が高いのでなかなか購入するまでの決意には至りませんでした。
ネットを何気なく見ていると、ビックカメラ.comで連休特価と言うことで、19224円まで値下がりしていましたので、思わずポチッとしてしまいました。v6ですから最新はv10ですから、3世代前の機種と言う事で充電時間が弱いようです。充電満タンで稼働時間は20分で、満タン充電には3時間半かかるみたいです。
まあ、ハンディークリーナーとは言えダイソンが2万円以下で購入出来たのでお試しと考えて使い込んでみます。布団、車の掃除、この辺がまずはやってみたいところです。昨日商品は到着しましたが、まだ開封するまでには至っていません。今週末から使い出してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

速報横浜戦

いつの間にか、ACLどころか降格争いに巻き込まれそうな雰囲気漂うなかの、代表戦からの中断明けの試合。浦和は故障者続出、ここまで浦和の攻撃を引っ張ってきたファブリシオが今季絶望な怪我、柏木も内転筋の故障で、更にはオリベイラが今日の試合までベンチ入り禁止、メンバー的にも厳しい戦いになりそう。
前半、立ち上がり武藤から興梠の胸トラップこらの決定機があったが、それ以降はさっぱり。横浜にボールをキープされて、伊藤、遠藤に決定機を作られるが、相手のシュートミスに救われた。
スタメンのマルティノスは周囲とのコンビネーションも合わず、散々な出来でした。それでも守備で全員で頑張り横浜に得点を与えず。前半終了前に、セットプレーからのこぼれ球を宇賀神が決めて浦和が先制。
後半、散々なマルティノスに代わり萩原を投入。萩原は積極的な仕掛けからチャンスメイク。横浜ら、ウーゴヴィイウラ投入。そのウーゴに得点され

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

横浜戦

この3連休は横浜で鞠戦がありますが、DAZN観戦になりそうですね。横国はとにかく見にくいので見にいくのは気が引けます。駅に集合して、川沿いを贈る言葉を歌いながら横国待て行ったのが懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

森保ジャパン初戦

森保ジャパンの船出となりました。札幌で予定されていたチリせんは地震の影響で中止となり、この日のコスタリカ戦が初戦となりました。
召集されたメンバーは非常にフレッシュなメンバーで、いつも代表を見ていると出てくる閉塞感を余り感じませんでしたね。4バックで青山と遠藤がボランチ、中島と堂安がS.H、小林と南野が2トップの布陣。
組織的に前から相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪ったら一気に前に展開、縦に早い攻めをする印象でした。中島、堂安の2人にボールが渡ると、安全第一でなく常に相手に仕掛けていく感があったのが、閉塞感を生まない原因でしたかね。
結果は、相手のOGもあり3-0で圧勝、スポンサー的は満点の華試合でしたね。フレッシュなメンバーで積極的に戦うとこうなるのですね。実績がある欧州組は呼ばずにこのメンバーで森保色を出していくのもいいかもしれないですね。まずは来年1月のアジアカップが目標ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

浦和の観客動員について思うこと

裏議に興味深い記事が載っていました。議論の中心は浦和の観客数が減っていることです。確かに浦和の観客数は最盛期に比べれば2万人は減っているわけで、減ってとはいえまだJリーグではNo. 1でありますが、それを支えているのは古参のサポ、文句を言わずにシーチケを購入している、いわゆる岩盤層と言われている層ですね。
その2万人のサポが何処に行ってしまったこと言うと、アイドルとフェスと言う事のようです。これについてはいろいろと意見はあるかと思いますが、私の周りを見て見ても、浦和サポをやめて、AKBやももクロに乗換えている人が多い。最初のうちは、AKBの総選挙に行くとか言って、おまえ何言ってんのと言う感じでしたが、最近では彼らの方が主流となり、まだ浦和サポやってんですがと反撃を食らうようになってしまった。
また.ジャパニーズオンリーもまずかった。あれで浦和のゴール裏の殺伐とした、うっかりと足を踏み入れる事が出来ない所と言うことはなくなり、確かにゴール裏へのハードルは下がったけど、クラブはゲーフラ禁止とかいろいろと規制をかけてしまいたね。
人それぞれてます、人生いろいろ、会社もいろいろです。しかし、その潮流をクラブが掴みきれていない。確かに新しいサポを増やそうとしている努力はしているようですが、我々のこころには響いて来ない。一番心配なのは、どうもクラブの動向が良く分からず、岩盤層と言われる層が離れて行く事だ。アイドルもいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

災害が連続

西日本を襲った台風、そして昨日の北海道での大地震、平成の最後に日本は過去何年と言うような災害に連続して襲われました。
非常に嫌な予感がします。順番からすると次は関東地方?それだけはやめて下さい。せめて私が生きている間に、関東では大災害が起こらない事を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

北海道地震

北海道で大きな地震が起こったようです。震度6で、テレビで見る限りでは山が崩れているところがあったりと、結構やばそうな状況のようです。阪神大震災を経験したものとしては、震災後の大変さを感じいるだけです。
ところで森保ジャパンの初戦は札幌ドームでしたよね。現状では中止となる可能性が高いようですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

台風一過

いやいや凄い風でしたね。昨日は台風接近ということでいつもより早く会社を脱失したのですが、台風の影響で倉庫が線路内に侵入してしまい、高崎線が動かず。たまたま、5分遅れてホームに入り、そのまま乗り込めたのでラッキーと思っていましたが、その後が大変、復旧は30分後と最初の放送があり、その後90分後に変更。埼玉県の北部からですと、迂回する方法がないので、復旧するのを待つしかない。
そうこうしていると、停止してから1時間後に電車が動き始めた。取り敢えず次の駅でまでという事でしたが、その後は順調に運転していきました。まあ、1時間の、遅れなら普通に残業していたのとほば同じ。まあ我慢の範囲内でした、
今までだと迂回路線があり、最悪バスを使えましたが、埼玉県北部からですとそういうわけにもいかない。JRが正常に動いてくれるのが何よりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

沖縄旅行

毎年恒例の冬の旅行ですが、今年も2月に沖縄に2泊3日で行くことで、安定のLCCのジェットスターの予約をしてしまいました。
6か月前の予約で、沖縄まで5290円です。去年より1500円安く予約できました。行きは15:00成田発で初日は国際通りで飲み食いして寝るだけ、2日目から行動開始と言う事になります。
2泊目はアメリカンビレッジのヒルトンでも予約しようかと思っています。
早めに動けばかなり安く予約出来る。でも浦和のキャンプの予定はまだ決まっていないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

調子が上がらず

調子が上がりませんな。C大阪戦も先制したところまでは良かったのですが、その後はさっぱりでしたね。スコア的には惜敗ですが、杉本が決めるところをきっちりと決めていたら大敗でしたね。
ファブリシオが怪我で交代したのも気になるところです。ひざが変な曲がり方をした様な感じで長期の離脱にならなければ良いのでますが。
李が入ってきて、先制するところまでは、KLM復活かと思われましたが、その後はさっぱりでしたね。ミシャの残り香を少しの間楽しんだということですね。
この敗戦で、下位チームとの勝ち点差は縮まる。下手をすると降格争いに巻き込まれてしまう。ここは踏ん張りどころ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

速報C大阪戦

オリベイラ監督不在の試合、雷雨の影響により開始じこんが30分遅れる。不安定な戦いが続いているが、今週は1週間の休養があり随分涼しくなりリフレッシュした戦いをして欲しいのです。
スタメンは、
FWー興梠
MFーファブリシオ、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
D Fー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、福島、萩原、マルティノス、長澤、阿部、菊池、李。柏木がスタメンに復帰。C大阪は高木はベンチスタート。主審は村上。
前半、立ち上がり移籍以来浦和の攻撃を牽引してきたファブリシオが負傷交代。交代で入って来た李、柏木のDF裏パスに宇賀神が抜け出し、中にカットインしパスをつないだ李が先制点を決める。
先制点を決めKLMのコンビで攻めるが、ミシャ時代の様な切れ味はない。C大阪が攻めてくる。セットプレーから繋がれたボールを押し込まれて同点にされる。その後も、杉本に決定機を2度作られるが、相手ミス、西川のセーブに救われる。柏木→武藤→李でネット揺らすが、武藤がオフサイド。
後半、雨が激しくなりコンビネーションが取りづらくなる。ソウザに見事なミドルを浴びて失点。後はC大阪に守られて、得点の気配さえなし。橋岡はかなり足を気にしていたが、大丈夫なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »