« 天皇杯東京V戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2018年8月24日 (金)

携帯電話の使用料

携帯電話での市場競争が働いておらず、使用料が他国から比較すると割高になっているということで、政府は使用料の値下げを視野に入れているようです。
そもそも、携帯大手3社は民間企業ですから料金について、政府があれこれ口出しするのはおかしい事です。しかし、イギリスのシェア1位の月間使用料に比べると、日本は2.5倍との事。家計調査でも通信料金の割合は高止まりしている。携帯料金を値下げして消費に回してもらう、そんな思惑も見え隠れします。
私は、2年ごとに3大キャリアを家族全員てまわたり歩く、渡り鳥です。そのおかげで、一人当たりの月間使用料は@4000円、学生の長男は@1500円です。ただし、その乗り換えの手続きが非常に厄介です。携帯料金の引き下げは勿論ですが、その前に複雑奇怪な料金体系をもっとシンプルにする事が必要だと思います。携帯料金が高止まりしている要因として、料金体系が複雑ですから、料金が、安くなるにもかかわらずそのまま継続している人が多いのではと思います。

|

« 天皇杯東京V戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の使用料:

« 天皇杯東京V戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »