« W杯決勝トーナメント | トップページ | クリンスマン監督? »

2018年7月 3日 (火)

W杯ベルギー戦

いやいや惜しい試合でしたね。2-0になったところでこれはいけるかなと思ったが、やはり世の中そんなに甘くなかった。2-0は危険な点差がもろそのまま出てしまいましたね。
前半はベルギーに押されていましたが、後半立ち上がりの原口、乾の連続得点、大男のベルギーが棒立ちになった一瞬をついての見事なゴールでした。ここで、柴崎に代えて山口を入れたわけですが、この交代が微妙でしたね。メンバー構成からすれば、妥当なら交代なのでしょうが、山口はゲームに入れていないという感じでしたね。
ベルギーに、1点目のヘッド、川島あれはセーブ出来んか?その後のフェライニのヘッドもベルギーの狙い通りの得点でしたね。あれを防げないと上には行けないですね。
柴崎いなくなり攻め手がない中、本田投入、これも理にかなっていますね。本田がFKを決めていれば西野作戦的中な訳ですが・・・最後に喰らったカウンター、あれは無いわ。ルカクのスルー、あれも無いわ。結果すれば、見せ場は作ってくれたが最後は力負けでしたね。延長戦を予想してか、交代枠を一つ残したのも悔いが残るところ。まあ、今大会では守備に頑張っていた原口が得点出来たのは良しとしましょう。
日本代表は次の監督は誰なんでしょうね?西野継続は無いとは思うのですが、大胆な若返りが予想されますが中心となる世代が育っていない現実もある。

|

« W杯決勝トーナメント | トップページ | クリンスマン監督? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯ベルギー戦:

« W杯決勝トーナメント | トップページ | クリンスマン監督? »