« W杯いよいよ決勝 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2018年7月17日 (火)

W杯終了です

一か月近くにわたり開催されたいたW杯もフランスの優勝で幕を閉じた。MVPはクロアチアのモドリッチ、まあモドリッチの活躍からすれば当然と言うことですか。
得点王はケイン、一次リーグでは得点出来たが、決勝トーナメントではさっぱりでしたね。近代サッカーは守備の機能が上がり、遅攻での得点はなかなか出来無くなってきており、やはりセットプレー、カウンターからの得点が増えた来ている。絶対的な選手一人だけでは通用しないようになってしまった。また、スペイン的なパスを繋いでいく戦法も通用しなくなって来ている。
また、ポグバとか、ルカクに代表されるようにフィジカルに優れた選手が活躍する、こうなって来ると日本は苦しいですね。フィジカルで世界に通用するのは酒井宏くらいしかいない?
監督も日本人で長期的な育成にシフトして行くようでが、今回成功していたようでそうでない部分も上手く吸収出来ていくか、ハリルホジッチのやり方は間違っていなったが、JFAとコミュニケーションが取れなかったのが致命的でしたね。果たして、どういう方向に行くのか、東京五輪を含めて注目です。

|

« W杯いよいよ決勝 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯終了です:

« W杯いよいよ決勝 | トップページ | 速報名古屋戦 »