« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

明日は川崎戦

首位を独走する広島に完勝し、次の相手は川崎です。川崎も手ごわい相手ですから浦和の真価が問われる一戦になりそうです。
中断明けは4戦して負けなし。対戦相手も結構な難敵、オリベイラの中断期間の厳しいトレーニングの効果が徐々に出て来ていると言うなのでしょうか。このくそ暑い夏場での効率の良いセットプレーからの得点続いていたわけですが、広島前半では流れのなかから鮮やかな得点、特に後半のカウンターからの得点は見事でした。
新加入のファブリシオが非常にチームにフィットしている。興梠との2トップにして、4バックを採用してもいいじゃないという感じがします。川崎戦でもこの辺が機能してくるか、そこが注目されるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

鹿島化

まあ、いろいろと揶揄されている事ですが、興梠、オリベイラ、ファブリシオときて浦和の鹿島化?が言われています。新潟化、広島化と言われたわけですが、まあいいのではないですか。強ければ良いのですから。
ファブリシオは良いですね。ボールの収まりどころが興梠と、2カ所出来るわけです。これでフォーメーションの選択肢もオリベイラには出てくるわけで、楽しみが増えてくるわけです。さてさて、川崎、長崎と続くホームの連戦なのですが、ここで勢いを一気につけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

アウエー札幌戦

jリーグの後期の日程が発表されました。それによると11月に開催されるアウエー札幌戦の会場がまさかの厚別陸上競技場、何で札幌ドームではないんですか?チケットのゲットがこれは厳しくなって来ています。札幌ドームのイベントスケジュール調べてみると、エグザイルのコンサートと重なってしまったみたい。という事は、飛行機のチケットも取るのもちと大変になる?
一応、ホテルはクラビーサッポロを一休.comで早割で予約だけは入れてあるのですが・・・ただ札幌は観光というより、旨いものツアーという感じになるので、グルメツアーに行って、運が良ければ浦和の試合を見てくる。こんなスタンスで臨みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

さすが鹿島

鹿島がC大阪に勝ちましたね。ACLの日程の影響で残っていた試合の消化が昨夜行われた。
金崎の鳥栖への移籍が発表され、どうなるのと思われていた鹿島ですが、C大阪に完勝。昌子も足を怪我してしまったが、そこはさすが鹿島という事ですね。
なんか若手も出てきているようですね。これである程度の結果を出せれば良い。でも、鹿島は日本勢で唯一ACLで勝ち残っているので、更にACLでは頑張ってもらいたい。ジーゴTDの影響?まだ来てないでしたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

鹿島金崎移籍

鹿島の金崎が鳥栖に移籍が電撃的に発表されました。金崎は鹿島の10番を背負っており、リーグ期間中に主力FWがJの他チームに移籍のは非常に珍しいことです。金崎は、今オフにも神戸から移籍オファーを受けたが、鹿島に留まった。
鳥栖には、トーレスが移籍して来ておりこれに影響を受けたのでしょうか。大物を連れてくると、このような副次効果も期待できるわけですね。鳥栖は現在17位に低迷していますが、金崎の移籍で巻き返しの陣容を整えて来ている。G大阪が監督を電撃的に解任したのとは対照的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

G大阪監督解任

G大阪が迷走状態になっているようです。攻撃的なチームを目指して、C大阪での実績もあるクルピ監督が今期から指揮を取るようになったわけですが、一向にチーム状態上がらない。W杯中断明けも、連敗で解任されることになりました。
後任はOBで日本代表のキャプテンも努めた宮本ということのようです。どうにも、前から準備しているわけでもなく、直前の話し合いで急転直下で決まったようです。
厳しいですな、このチーム状態で経験なく、監督が初体験、その前にもJ2に落ちた時にも、監督経験ないOBの松波監督持って来てJ2に降格、既視感たっぷりですな。宮本監督の検討をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

速報C大阪戦

蒸し暑い真夏のアウエーでのC大阪との戦い、突然の移籍発表となった遠藤のラストマッチとなりました。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、ファブリシオ、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、阿部、菊池、武冨、マルティノス、李。ファブリシオがスタメン、武藤と2シャドー。主審は福島。
前半、浦和の立ち上がりはあまり芳しくない。C大阪にボールをキープされて、さして厳しいとは思えないC大阪の前プレスにビルドアップもままならず。C大阪に攻められ、CKから事もあろうか高木に決められる。
その後も、浦和は攻めてがなく、人数をかけようにも上がりが遅く、どうしてもDFラインからの縦ポンが多くなる。しかし、そのセカンドが全く拾えない。兎にも角にも、DFは踏ん張り特にバイタルが開かないように工夫はしていた分、攻めに人数がかけられないのか。惜しかったのは、槙野スペシャルから宇賀神が抜け出してループを放った場面くらい。遠藤は、ヤマムーに振り切られて危ない場面も。
後半、浦和より先にC大阪のあしが止まる。浦和がだんだんセカンドボールを回収できるようになり、浦和のペースとなってくる。
オリベイラは、宇賀神→萩原、柏木→阿部と交代してサイドより攻勢をかける。柏木は故障?途中から武藤がCKを蹴るようになったが、やはりキッカーは柏木と思える。
浦和は、CKから槙野→興梠て見事なシュートを決めて浦和が追いつく。オリベイラは、その後、武藤→マルティノスの勝負に出る。マルティノスの守備に不安はあるものの、C大阪もヘロヘロでマルティノス、萩原で左サイドから攻めるのもありかと。一応見どころは見せてくれたが、得点までは至らず。アデッショナルタイム、CKよりクロスバー直撃、跳ね返りを西川セーブと際どい場面を作られたが何とか失点は防いで、ひきわけの結果となった。
お互いにヘロヘロで、まあ引き分けは妥当な結果と思うが、またCK絡みの得点だったが、攻めて行って得たCKですからあまりストレスはない、立ち上がりの不出来が悔やまれる試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

夏休み

夏休みが始まります。学校は今日が終業式で明日から電車がら空きますかね。下り電車通勤ですが高校生が多く、電車に座れないのは気分的につらい。そうそう、帰りもうかうかしていると座れない事もある。それから、夏場は汗臭い高校生ご隣に座ってくるのは困るな。思わず近くに寄るなと叫びたくなる。
私の夏休みはお盆の週です。まだ、だいぶ先ですな。それまで仕事を頑張るしかないありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

真夏の夜の夢

骨まで溶けるよなテキーラみたいな恋をして〜、
昨夜の試合は、真夏の夜の試合に相応しい内容では、浦和の得点も正に夢のような、今までまるきり冴えなかったセットプレーからでした。
直輝、長澤が怪我、森脇もようやく怪我上がり、ファブリシオはまだ調整中?メンバー的にも厳しい中での試合でありましたが、お互いにヘロヘロ、まあ最下位の名古屋から勝ち点3を獲得した事を良しとしましょう。
マルティノスがシャドーに入り、一応興梠、柏木とのコンビネーションは良くなってているようですが、マルティノスが守備をサボりがちなので、その割を宇賀神、青木が食ってしまいバイタルがスカスカになる悪癖はあいも変わらず。オリベイラは、3ボランチにしてその辺に対応してバランスを取りました。橋岡、萩原の2人のWGは良いじゃないとの思います。
オリベイラの目指す所は更に高みにあると思います。流れの中から点が取れない?いいんです、点が取れれば!その為に練習を重ねてセットプレーから得点出来たのですから。もう少し頑張ってもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

速報名古屋戦

W杯の中断を、開けてリーグ戦の再開戦、、相手へびけの名古屋だけに今日ほ勝ち点3ほ必須です。
スタメンは
FWー興梠
MFーマルティノス、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、森脇、阿部、武冨、李。W杯帰りの槙野、遠藤はスタメン。森脇がベンチに復帰。主審は松尾。
前半、浦和の立ち上がりは芳しいものではありませんでした。ぼんやりとした守備、名古屋にボールをキープされ、一応ブロックは形成しているのですが、青木、柏木がDFラインに吸収されてしまうと、バイタルすかすか、浦和の悪癖はオリベイラになっても解消されない。
攻めも、2シャドーなのですがサイドが上がってのコンビネーションに難あり。左サイドは、まだいいとして橋岡は全くいい所なし。武藤→マルティノスのクロスに中合わず、くらいでチャンスは無い。それでもCKから、遠藤が合わせ浦和が先制。その後、マルティノスが、GKと1対1となるが決めきれず。
1ー0で前半を終えられば良かったが、スカスカのバイタルをつかれ同点ゴールを決められる。シュートが味方DFに当たる不運もあったが、必然の失点でしたな。
後半、浦和が攻める、サイドがワイドに開いて、名古屋DFを引き剥がしにかかる。興梠が上手く相手DFをかわしてシュートにマルティノス詰める、絶好機あるが決めきれず。
散々な出来のマルティノスに替えて萩原投入。守備をする萩原投入でバランスは良くなったような。右サイドから、橋岡→遠藤抜け出し中の興梠へは相手DFに僅かにカットされる。
更に、宇賀神→阿部で柏木トップ下、WGが橋岡、萩原。バイタルが開く事に対策してきた。
そしてまたCKから槙野がゲット。また、バランス良くなった浦和は積極的な前プレスでボールを奪い、武藤の惜しいシュートからのCKからまた遠藤がゲット。恐れ入谷のオリベイラ、的確な選手交代でバランスを取り直し、そしてセットプレーから3点、ここ数年の間では考えらない事、キャンプでは散々練習したんだろうな。最後は、興梠→森脇できっちりと締めをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

W杯終了です

一か月近くにわたり開催されたいたW杯もフランスの優勝で幕を閉じた。MVPはクロアチアのモドリッチ、まあモドリッチの活躍からすれば当然と言うことですか。
得点王はケイン、一次リーグでは得点出来たが、決勝トーナメントではさっぱりでしたね。近代サッカーは守備の機能が上がり、遅攻での得点はなかなか出来無くなってきており、やはりセットプレー、カウンターからの得点が増えた来ている。絶対的な選手一人だけでは通用しないようになってしまった。また、スペイン的なパスを繋いでいく戦法も通用しなくなって来ている。
また、ポグバとか、ルカクに代表されるようにフィジカルに優れた選手が活躍する、こうなって来ると日本は苦しいですね。フィジカルで世界に通用するのは酒井宏くらいしかいない?
監督も日本人で長期的な育成にシフトして行くようでが、今回成功していたようでそうでない部分も上手く吸収出来ていくか、ハリルホジッチのやり方は間違っていなったが、JFAとコミュニケーションが取れなかったのが致命的でしたね。果たして、どういう方向に行くのか、東京五輪を含めて注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

W杯いよいよ決勝

W杯の決勝選が決まった。フランスvsクロアチアとなりました。私の予想は、ベルギーvsイングランドでしたので、予想は全くの外れとなってしまいました。
フランスがやはりコンデション的にも有利ですかね、クロアチアは決勝トーナメントに入って120分の戦いが続いているなかで、休養日もフランスより少ない。モドリッチ、ラキティッチはヘロヘロでしょう。
フランスは、エムベッパのスピードに目が行きがちですが、カンテ、ボクボがやっぱ凄い。今回の特徴として、フィジカルに優れた選手が活躍していますね。これからもこういう傾向になるのでしょうかね。何となく寂しい気持ちもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

天皇杯松本戦

天皇杯松本戦、過去JFLの松本に負けた苦い経験のあるアルウィンでの戦い、スタメンには槙野、遠藤め名を連ねる。
スタメンは、
F Wー興梠
MFー武藤、マルティノス、宇賀神、橋岡、青木、柏木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、阿部、柴戸、菊池、李。
試合は、立ち上がり前から来る松本のプレスに対してビルドアップもままならず。案の定、青木ボールロストからサイドに繋がれて、あっさりと失点。その後、浦和が盛り返し、CKからマウリシオのヘッドで同点。
松本のフォーメーションに合わせて、1-6-3の興梠ワントップ、負傷明けの興梠、W杯帰りの槙野、遠藤とコンデションどうなのかという起用でしたね。
マルティノス→阿部で2ドップ?に切り替え、宇賀神→萩原、これぇCKがそれなりに取れるようになり、CKからマウリシオのヘッドで逆転。内容的にも、いまいちながらここでJ2勢に足をすくわれなかった事を良しとしよう。
まだまだ、これからですな。厳しい戦いはこれからも続きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

4kテレビレビュー

液晶テレビをREGZA49-BZ710を購入しました。買って3週間経ちましたが、レビューを書いてみたいと思います。
買った商品は去年の商品で、価格もかなり安くなっており、ただリアル店舗では消費税入れると15マンくらいでしたが、ヤマダwebで6年保証付きで、113340円で購入しました。今価格.comをのぞいても、もうこの価格で売っているお店はないので、底値で一応ヤマダで買えたということで。
11年前の37型からの買い替えですが、やはり商品自体は、一回り大きく今までのテレビ台にようやくのるサイズでした。画面もベゼルが薄くなっているので、テレビサイズの割に画面は大きくなった印象です。4kテレビなのですが、番組自体が4k対応でないと性能が発揮できないらしい。私は、西郷どんのオープニングでもって4kの素晴らしさを体感出来ました。普通に見るのでは、それ程感じないですかね、私が鈍感なのかもしれないが、
この後テレビを購入した最大の要因は、東芝バズーカなる音の良さを売りにしていたところです。最近のテレビはコストダウンの影響で、スピーカーが前面に備えていることは少ないようですが、この商品は前面スピーカーとサイドにはバズーカスピーカーが備えられている。ただ、普通の音量で聴くにはあんまり影響は感じられない。音量を上げると確かに低音の迫力が伝わりますが、普段はそこまで音量は上げませんからね。
スカパー!のチューナー内蔵ですが、JリーグごDAZNになってしまったので、スカパー!を見ることはまあないでしょう。ネットは、YouTubeとか見れるので便利と言えば便利ですが、うちはマンションですのでネットのスピードに限界あるらしく、カクカクしてしまう。新しくテレビを買っても、DAZNはきっと快適に見るとは無いと思います。スマホをいじってYouTubeを見ようとしていたら、テレビが急にYouTubeに切り替わってしまうこともありました。
外付けHDDで接続出来るのですが、そこまではまどやっていません。BDレコーダーとの連携もまあ今まで通り。リモコンの操作性も、地デジとBS.CSと切り替えねばならないので、面倒くさく感じることもある。
ざっと、こんなところですか、きっともっと便利な機能はあると思いますが現状での感想はこんなところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

W杯4強

W杯は、4強が決定、ベルギー、フランス、イングランド、クロアチアと全て欧州のチームとなった。南米のチームが全部敗退してしまったのは残念ですが、まあ、世界中の選手は欧州に集まってくる現状を考えれば妥当な結果なのかもしれない。現在、世界最強のプレミアリーグ、多国籍化が進み本家のイングランドの成績はここ最近芳しくなかったが、その中でも活躍する自国選手が多いなって来たのか、久々の4強入り。
残った4チームを見ると、フランスvsベルギーの勝者が優勝なのかと思います。でも、強豪チームが多かった左のやまのチームは決勝戦までの戦いで疲弊してしまい、案外イングランドあたりが優勝してしまう事もあり得ますよね。でも、やっぱりベルギーが一番優勝に近いのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

ベルギーは強かった

W杯の準々決勝戦が開始になりました。左の山に強豪が集まってしまい、準々決勝でもベルギーvsブラジル、フランスvsウルグアイともったい組み合わせになってしまいました。
中でもベルギーvsブラジルは注目のまとでした。試合は前半にベルギーCKから、ブラジルのクリアミスによりまさかのオウンゴール、そして日本戦で見せたカウンター炸裂、ルカクがボールキープして反則受けるが、最後まで倒れず、そして最後はテブルイネが見事なシュートを決める。
2-0となった後の、ベルギーの試合運びは秀逸でしたね。攻めにはやるブラシをいなして時にカウンターを発動させ、追加点の気配も漂わせブラジルに攻められるが試合はコントロールする、強豪と言われるチームの戦い方はこうだという見本を見せてくれました。やっぱ経験なんだろうね、いきなりこのレベルに到達することは非常にむづかしい。だけどメキシコは8度ベスト8の壁に跳ね返されているわけで、それプラスアルファな何が必要なわけですね。
もうひと試合の、フランスvsウルグアイはフランスの力勝ちなのかな。ベルギーvsフランスが事実上の決勝戦ですね。ただ勝負の世界にありがちな事として、逆の山から出て来たチームが勢いに任せて勝ってしまう、これはありがちな事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

西野監督続投?

クリンスマン監督に決定したかの昨日の報道とは、また別に西野監督続投の報道が出て来ました。ソースを見て見ると、スポニチと日刊スポーツが張り合ってるなですか?
日本人監督で、路線の継続性を図る。これもまた真のなりですね。代表監督は、華があり、カリスマ性の指導者も必要なのでしょうが、日本人監督で手堅く行くのもまた正しい。
どっちが正しいのか、まあこれも楽しみの一つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

清水キャンプ

浦和のW杯の期間中のトレーニングキャンプが終了しました。先週の土日で美味いもの食いに行くのも兼ねて、清水に行ってみようかと思いましたが、暑いのでやめました。
オリベイラ監督の厳しい指導があったようですね。来週から天皇杯、そして再来週からはJリーグも再開されます。気になるのは、磐田とのTMで興梠が負傷した事。詳しい事は分かりませんが、ナバウトもW杯で負傷し長期離脱らしいし、長引くようだとまずい。中途加入したファブリシオがどんだけやってくれるか、そろそろ浦和モードに切り替えていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

クリンスマン監督?

次期日本代表監督候補にクリンスマンが浮上して来た。クリンスマンはドイツ代表の、ストライカーで、監督としてもドイツ代表監督で3位、アメリカ代表を率いてベスト16に率いた実績があります。
西野監督続投という報道もありましたが、記憶に残る試合は行ったが、記録的には1勝1分2敗ですから結果は大した事ない。結局は退場者を出して10人のコロンビアに勝っただけという成績を問題視する声もあり、監督交代になりそうな雰囲気です。
他に、ベンゲル、ドナドニなどの声も上がって来ましたが、クリンスマンに白羽の矢が立ったみたいですね。誰か、監督になるか、あーでもない、こーでもないとかってな事を言うのも楽しみの一つですが、JFAはまず今大会に結果をしっかりと総括してもらいたい。私もそうなのですが、大会前は全然期待していなかったわけですが、強豪に善戦して惜しいとこまでは行った、ただ結果からすれば大したことはない。今大会から次に引き継ぐものは何か、足りないものは何か、ちょっとの差だけどそこには大きな差がある、その差はなんでどうすれば良いの?そういうとこを検証できなければ、決勝トーナメントを勝ち上がるのは夢のまた夢ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

W杯ベルギー戦

いやいや惜しい試合でしたね。2-0になったところでこれはいけるかなと思ったが、やはり世の中そんなに甘くなかった。2-0は危険な点差がもろそのまま出てしまいましたね。
前半はベルギーに押されていましたが、後半立ち上がりの原口、乾の連続得点、大男のベルギーが棒立ちになった一瞬をついての見事なゴールでした。ここで、柴崎に代えて山口を入れたわけですが、この交代が微妙でしたね。メンバー構成からすれば、妥当なら交代なのでしょうが、山口はゲームに入れていないという感じでしたね。
ベルギーに、1点目のヘッド、川島あれはセーブ出来んか?その後のフェライニのヘッドもベルギーの狙い通りの得点でしたね。あれを防げないと上には行けないですね。
柴崎いなくなり攻め手がない中、本田投入、これも理にかなっていますね。本田がFKを決めていれば西野作戦的中な訳ですが・・・最後に喰らったカウンター、あれは無いわ。ルカクのスルー、あれも無いわ。結果すれば、見せ場は作ってくれたが最後は力負けでしたね。延長戦を予想してか、交代枠を一つ残したのも悔いが残るところ。まあ、今大会では守備に頑張っていた原口が得点出来たのは良しとしましょう。
日本代表は次の監督は誰なんでしょうね?西野継続は無いとは思うのですが、大胆な若返りが予想されますが中心となる世代が育っていない現実もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

W杯決勝トーナメント

今日の試合は、2試合ともPK戦で決しまた。
スペインvsロシアは、スペインは攻めながら結局勝ち越し点は奪えずに、PK戦に持ち込まれ全員が決めたロシアとは対象的に2にんはずて、ジ・エンド。負ける時はこんなものでしょう。イニエスタは途中出場で、ピーク戦では最初に出て来てきっちりと決めた。
クロアチアvsデンマークも、ピーク戦で決した。延長戦後半でモドリッチがPK外すが、PK戦になり、クロアチアが勝つ。この試合、PKを外しまくりなんですが、GKがあれだけ早く動いているのだから、どうにかなりそうな気もします。キッカーが魅入られたようにGKの方向に蹴っている。最初から蹴る方向を決めているのですかね?
さあ今晩は、日本戦です。この試合に勝ち上がらなければ、塩っぱく勝ち上がった記憶しか残らない。日本代表の健闘を期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »