« ネットショッピングで液晶テレビを買う | トップページ | W杯ポルトガルvsモロッコ »

2018年6月20日 (水)

W杯コロンビア戦

西野ジャパンがW杯で南米勢に初勝利という歴史的勝利を飾ったわけですが、展開からすれば勝たねばならない試合であったことは確かですね。
試合開始わずか3分で、コロンビアDFがPK献上におまけに一発レッドで退場、こうなるともはや勝たねばならない戦いであったわけですな。しかし、流石にランク上位のコロンビア、1人少なくなっても数的不利を感じさせない戦いぶりで、ボールポゼッションはコロンビア、日本もカウンターから乾、大迫の絶好のチャンスがあったが決めきらず。
そうこうしているうちに、FKから失点し同点に追いつかれる。まあ、壁の下からボールを通して来たコロンビアのFKを褒めるべきなのでしょうが、反応が遅れた川島の対応が非常にしょっぱい対応になってしまいましたね。
後半に入ると、コロンビアは前半に同点に追いついたが、これが精一杯で、後半は日本が圧倒的にボールポゼッションを握る。コロンビアもハメスロドリゲスを投入して勝負に出るが、動けない中に動けない選手が入って来たので、日本の優位性は更に上がる。ハメスは相当コンデションが悪かったのでょうな。コロンビアは、ボールも繋げなくなりクリアボールも日本に拾われてしまい、ここいらでコロンビアの勝ちは無くなって来ました。
後は日本が点を取れるか取れないかに興味は移って来ました。香川→本田で反撃に出る。本田は前線で身体を張ってボールをキープする。酒井の惜しいシュートがあるなど日本の優勢は相変わらず。本田のCKから大迫がヘッドを決めて日本が勝ち越し、岡崎投入し、きっちりと守備を固めて日本が逃げ切りました。
ポイントは、試合開始そうそうのPKと退場でしたね。その後、コロンビアの反撃に会うがコロンビアの反撃もここまで。選手交代もいまいち戦局には影響をおのぼささず。最後は大迫がきっちり決めたことで日本は貴重な勝ち点3が転がり込みました。H組はポーランドがセネガルに負け混戦模様でまだまだ油断は出来ない。

|

« ネットショッピングで液晶テレビを買う | トップページ | W杯ポルトガルvsモロッコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177853/66849512

この記事へのトラックバック一覧です: W杯コロンビア戦:

« ネットショッピングで液晶テレビを買う | トップページ | W杯ポルトガルvsモロッコ »