« ドイツ敗退 | トップページ | W杯決勝トーナメント »

2018年6月29日 (金)

W杯ポーランド戦

いやいや結果良ければ全て良し、そんな感じですかね。西野監督はこの試合、今までの選手起用について、6選手交代と大胆な戦術で臨んで来た。決勝トーナメントに進むと、後のG組、H組は日程が、非常にきつくなる。その為、勝ち進んで行くにはターンオーバーが必要になるわけですが、西野監督はこの試合だけでなく、次も考えての選手起用、ましてや予選突破の可能性が高いならば、監督としては当然の選択となります。
代わりに起用された選手は大過なく過ごす、まあ唯一の失敗は失点シーンで槙野と酒井の、マークがずれてフリーの選手を作ってしまいましたね。ただ、ポーランドの大黒柱であるレバンドフスキーには仕事らしい仕事はさせなかった。川島も今日の試合ではやらかしはなかった。でも決定機は作れませんでしたね。
最後は、長谷部を入れて、ステイのメッセージをピッチ上の選手にメッセージを送る。そして、時間をかけたのゆっくりボール回し、こういうシーンは今までの代表には見られなかった事ですね。確率を計り、その上でリスクを排除してくる。当たり前と言えば当たり前てますが。日本は、アンフェアなプレーをしたにもかかわらず、フェアプレーポイントで勝ち上がった」と皮肉を込めて批判しています。そういう考えもありますな。しかし結果が全て。今から思い返せば、初戦のコロンビア戦で、開始直後にコロンビア選手が一発退場、PKと言う幸運に恵まれた事が全てでしたね。
さて、決勝トーナメント初戦ではベルギーと当たる事になりました。ベルギーは決勝トーナメントに進出したチームでは、現状一番強いチームだと思います。ただし難しいのは、W杯はここからが勝負です。ピークを早くに持って来すぎて調子を落としてしまうケースはよくある事なのです。ベルギーはルカク、アザールりが絶好調です。しかし、ひょっとしたらそこに付け入る隙は出て来るかもしれない。しかし、苦戦は必至ですね。

|

« ドイツ敗退 | トップページ | W杯決勝トーナメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯ポーランド戦:

« ドイツ敗退 | トップページ | W杯決勝トーナメント »