« 天皇杯YSCC横浜戦 | トップページ | 西郷どん »

2018年6月 9日 (土)

速報ルバン杯甲府戦

1stレグはいいところなく敗戦、だけどオリベイラスタイルは何となく出てきている。
スタメンは、
FWー興梠、武藤
MFーマルティノス、直輝、青木、阿部
DFー宇賀神、マウリシオ、岩波、橋岡
GKー西川
サブは、福島、森脇、菊池、柏木、武冨、萩原、李。スタメンは、4-4-2になったのでょうか?森脇、柏木はベンチから。主審は廣瀬。
前半、浦和のフォーメーションは直輝トップ下の4-2-3-1、甲府のDFラインは高いが、裏抜けする興梠をら捕まえけれない。甲府も攻めに出てくるが、やはりフィニッシュが悪い。
浦和が、マルティノスのサイドで有利になる。興梠が、ドリブルからミドルを撃つとGKとDFの視界をすり抜けゴールイン。また、マルティノスの興梠のスペースへのパスで、見事にループシュートを決めて、2試合トータルで追いつく。
前半の早い時間帯で追いついたが、甲府の縦ポンで浦和DFは入れ替わられ、一度は防ぐご詰められ失点、その後は浦和のベースで、進むが得点は上げられず。
後半、マルティノス→柏木、武藤のポストを叩くシュートあったが、甲府に攻められるようになる。李と武冨投入して、柏木を、ボランチにして、4-4-2になったのですが、試合展開に好転はない。試合は硬直、そのまま試合終了。

|

« 天皇杯YSCC横浜戦 | トップページ | 西郷どん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ルバン杯甲府戦:

« 天皇杯YSCC横浜戦 | トップページ | 西郷どん »