« W杯セネガル戦 | トップページ | 4kテレビ到着届きました »

2018年6月26日 (火)

手のひら返し

W杯の日本代表、成績もさっぱりで開幕前に監督交代で全く期待されていなかったわけですが、コロンビアに勝ち、そしてセネガルにも粘り強く引き分けに持ち込み、日本代表に対する評価も大会前とは全然違って来ました。
私自身も西野監督に代わり、メンバーを見てみると失望しか無く、3連敗を予想しました。これについては、我が身に見る目の無さを反省するしかありません。しかし、西野監督がスタメンに抜擢した乾、柴崎、そして昌子しかり、そういう選手がきっちりと結果を出している。本田に関して言えばスーパーサブでおいしいところを持っていく活躍振りです。
ここまでは結果が出ているわけですが、それも紙一重の所で違う方向に転んでいた可能性もあるわけで、それによって世間からの評価も大いに変わってしまったわけです。
やっぱり代表が勝てばそれはそれで盛り上がるわけですが、ただ今までのプロセスは素晴らしいが、まだ予選突破という目標をクリアしたわけではありません。第3戦のポーランド戦、負けなければ良いわけですが、プレッシャーのかかる中で、相手は予選敗退決まったわけで、特にレバンドフスキーは得点を挙げていないわけで、そこは怖いところです。西野監督は今までは攻撃的に行って結果出したが、こんどはどういう戦い方をするか、興味ある所です。

|

« W杯セネガル戦 | トップページ | 4kテレビ到着届きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手のひら返し:

« W杯セネガル戦 | トップページ | 4kテレビ到着届きました »