« 宮崎に行ってきた2018 | トップページ | iPhoneでのメール設定 »

2018年5月29日 (火)

西野ジャパン

西野監督に交代し初戦となる、ガーナ戦ご明日に迫って来ました。ハリルホジッチ監督からの電撃的な解任、ハリルホジッチの選手起用、それに絡むスポンサーとの軋轢、まあ色々とあったのでしょうな。
西野監督に代わってから、本田、香川、岡崎、この3人はビッグ3と言うらしい、が復帰して、更には浅野、井手口、決して所属チームで活躍していると言い難い選手ご選出され、中島、森岡、堂安らの結果を出してる選手は呼ばれていない。全く過去の実績重視で、スポンサーを忖度しているとしか思えない選手選抜ですな。
戦術的には、代表では古くから慣れ親しんだ4バックではなく、3バックを試すような感じではあります。いわゆる、両WGを張り出したミシャ式の可変フォーメーションを試すようです。長谷部がリベロに入り、ボランチが蛍、柴崎、右WGが原口、大迫が1トップでシャドウーに宇佐美と浅野が入るような感じです。長谷部と原口がポイント、長谷部は所属チームでリベロはやっているが、原口はWGはどうなんだ、やはり原口はシャドーのような気がします。ただ、そうすると本田、香川の居場所がなくなってしまう。いずれにせよ、トップ下をおかないフォーメーションでは香川が外れる可能性ご高まって来るのですかね。
今回の、W杯は全く期待しておりません。南アフリカ大会だって全然期待されていなかったが予選突破、しかし当時と情勢は違う。シード1のチームの強さは変わらないが、それ以下のチームのレベルが向上している。日本のFIFAランキングは60位まで落ちてしまっている。付け焼き刃的は戦術で安易に臨めば、大敗ありえる。まあ、ぼちぼちと見ましょう。

|

« 宮崎に行ってきた2018 | トップページ | iPhoneでのメール設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西野ジャパン:

« 宮崎に行ってきた2018 | トップページ | iPhoneでのメール設定 »