« 明日はルバン杯名古屋戦 | トップページ | ルバン杯予選 »

2018年5月 9日 (水)

速報ルバン杯名古屋戦

勝ち点3を取らねばならない今日の試合、オリベイラはやはり選手を大胆に入れ替え。
スタメンは、
FWー李
MFーマルティノス、武冨、直輝、長澤、阿部
DFー萩原、槙野、岩波、菊池
GKー福島
サブは、榎本、宇賀神、橋岡、青木、白土、池高、武藤。興梠、柏木は休養。名古屋は玉田がスタメン。主審は岡部。
前半、浦和はアウトサイドのマルティノス、武冨に裏抜けを狙わせる戦略、再三、マルティノスが裏抜けに成功するもラストパスが不正確で中で合わない。それでもマルティノス起点からのクロスに武冨フリーのヘッドはGKがセーブ。そして、左サイドで長澤→武冨とつないて、李スルーこらマルティノスご決めて浦和が先制。
浦和のDFは4バックで最初はドタバタ感あったが、名古屋の攻撃はパスをつないで行こうとするいしきはあるのだが、ミスが多く浦和のDF陣は楽々とクリア!危ない場面はなし。左サイドの萩原は積極的にボールに絡んで行き、調子へまあまあか。
後半、立ち上がりマルティノスの裏抜けから絶好機が2回、2度目のクロスは阿部に合うがシュートは決まらない。いつになったらマルティノスのクロスからシュートは決まるのか。そうは言うものの、名古屋はマルティノスに目を奪われ、オフサイドポジションにいたマルティノスに名古屋DFは注意を払うが、後ろから上がってきた李にはノーケア、李はGKも抜き去り追加点を決める。
こうなると完全に浦和ペース、長澤→青木で、マルティノスを上げて、4-4-2のような形となる。そこからマルティノスはいいプレーするのだが、周りの選手には全くと言っていいほどシンクロしない。
橋岡、武藤と投入、名古屋はジョーを投入するが何の役ににも立たず、そのまま試合終了。
予選グループはG大阪が広島に勝ったため、浦和よ予選通過は最終節の広島戦に持ち越し。負けは許されない立場になってしまった。

|

« 明日はルバン杯名古屋戦 | トップページ | ルバン杯予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ルバン杯名古屋戦:

« 明日はルバン杯名古屋戦 | トップページ | ルバン杯予選 »