« 速報ルバン杯名古屋戦 | トップページ | G-SHOCK好き »

2018年5月10日 (木)

ルバン杯予選

ルバン杯予選の、第5節を終えて浦和は勝ち点10でグループ首位に立った。昨日はG大阪に勝ってしまったので、浦和の予選勝ち抜けは最終節の結果まで待たねばならなくなってしまった。広島が勝っていれば、浦和と広島で決まりだっのに広島真剣にやれよということでしたね。
浦和の勝ち抜けの条件は、勝てば文句なし、引き分けでもオーケー、負けた場合はG大阪が引き分けならばオーケーだがG大阪が勝つと当該対戦成績で浦和は敗退となる。最終節の対戦は、浦和vs広島、G大阪vs名古屋となっており、G大阪はここまで今シーズン調子が上がらない名古屋ですから、勝ってくる事が可能性としてはかなり高い。となると広島には負けるわけにはいかない。広島はリーグ戦ではダントツ首位を走っているチームで、対戦結果が予選勝ち抜けに関わってくるわけですから、これは相当な難敵であると考えた方がよろしいですね。
オリベイラは、昨日4バックを試しましたが、最初はバタバタ感があり、阿部のアンカーも不安定でしだが、結果すれば無失点でしのいだので、ぼちぼちとオリベイラ色を出して来るのでしょうか。最後の方は、マルティノスを上げ李との2トップにして、4-4-2を試しているようにも見えた。
さてさて、非常に興味ある戦いが続くわけですがオリベイラ監督がどんな戦術を使ってくるか楽しみです。昨日の試合の観客は16000じゃくという事で寂しい限りでした。ウィークデイの寒いカップ戦ですので、この結果は止むなしかもしれないが監督変わって面白味も出て来ていると思います。皆で埼スタに行きましょう。

|

« 速報ルバン杯名古屋戦 | トップページ | G-SHOCK好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルバン杯予選:

« 速報ルバン杯名古屋戦 | トップページ | G-SHOCK好き »