« G-SHOCK好き | トップページ | オリベイラ戦術 »

2018年5月13日 (日)

速報鳥栖戦

名古屋戦に快勝した浦和ですが、鳥栖戦では3バックに戻して来る。
スタメンは、
FWー興梠、武藤
MFー柏木、宇賀神、橋岡、長澤、青木
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、マルティノス、菊池、阿部、直輝、李。柏木がスタメン復帰して、3バックに戻す。橋岡は既に絶対必要なレギュラー。主審は家本。
前半、立ち上がりから一方的な浦和ペース、タコ殴りに近い状態で鳥栖へ守備に奔走するあまり、まともな攻めは出来ない。
鳥栖ほ守備的に戦っているにも関わらず、バイタルがすかすか、よってセカンドボールもほぼ浦和に溢れてくる、浦和も、縦パスからサイドに振って再三チャンスを掴むものの、ラストパスの精度が悪く、得点をあげられない。マルティノスのクロスが周りに合わない病が皆に伝染してしまっているのかという印象です。
後半、浦和のペースは相変わらず、しかしながらラストパスの精度が悪くシュートまで持っていけない。青木、長澤のサイドを抉ってのパスは誰にも合わず。
オリベイラは、青木、長澤を下げてマルティノス、李を入れて、^4バックにしてペースを展開を図るが今日ほ選手交代もはまらず。鳥栖は調子悪いは分かったが、このレベルのチームに勝てなければ厳しそう。W杯中断での鍛え直しご必要ですな。

|

« G-SHOCK好き | トップページ | オリベイラ戦術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鳥栖戦:

« G-SHOCK好き | トップページ | オリベイラ戦術 »