« 浦和出勤 | トップページ | 前半戦を終えて »

2018年5月21日 (月)

【遅報】G大阪戦

W杯の中断前の狂気の15連戦の最終戦、やはりお互いに後半はバテバテになってしまい、客から金を取る興行としてはどうなんだいと言う思いがしました。
浦和のスタメンは、
FWー興梠、武藤
MFー柏木、宇賀神、橋岡、青木、長澤
DFー槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、武冨、マルティノス、阿部、菊池、李。現状オリベイラが考えるスタメンはこうなんでしょうね。
前半、G大阪が前がかりで攻撃に枚数をかけて来るが、冷静にブロックを築いてG大阪には決定機を許さない。攻めは、左サイドから宇賀神→興梠の決定機があるが東口にセーブされる。G大阪のら長沢にボールを集めて来るが、マウリシオを中心に完封。
後半、浦和優位の展開が続く。サイドチェンジから武藤→興梠の胸シュートはからぶ。しかし、G大阪に決定機を2度ほど作られるが、西川のセーブによりなんとか切り抜ける。オリベイラは、マルティノスを投入して、興梠と2トップで攻めるが、お互いにヘロヘロで足がとまり、スコアレスドローで終わる。
非常に苦しい前半戦でした。現状の順位は堀監督の時からすれば、妥当な順位だと思います。大槻監督に代わり少しは上昇の気配は見えたが、オリベイラに代わり、守備面での整備は一定の結果は残せたが続く、やはり攻めには課題を残す。ミシャ戦略のらば現状の戦略のコンビネーションでなんとかなるのだろうが、オリベイラ戦略からすれば、攻めにはポンテ、ワシントンのようなスーパーな存在がいないと厳しいかもしれない。楽天のように!ビッグネームを連れて来るわけにはいかないのかのう。

|

« 浦和出勤 | トップページ | 前半戦を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遅報】G大阪戦:

« 浦和出勤 | トップページ | 前半戦を終えて »