« 速報仙台戦 | トップページ | ホジホジ解任 »

2018年4月 9日 (月)

今日から転勤です

今日から浦和から埼玉北部地域に転勤になりました。浦和通勤ですと電車が、混んでおり朝ブログを投稿する事は出来ませんでした。しかし、今日からは通勤に時間がかかるのでブログ投稿の時間もたっぷりとありますので、ゆるゆると投稿していきたいと思います。
さて、土曜日の仙台戦ですが、大槻暫定監督に代わり何とか勝利をもぎ取ったと言う試合展開で、内容的にもピリッとしないものがありましたが、内容よりも結果、久しぶりに勝ち点3を取れた事は良かったと思います。大槻暫定監督の強面が注目されてしまいましたね。オールバックで、アウトレイジ大槻という感じで、お亡くなりになられた大杉漣さんに代わり北野監督映画に出演されても良い面構えでした。暫定監督という事なので後日正式監督が決まるまでの間ですが、まあその面構えでチームを引っ張って行って欲しいものです。
そのうちに、今日JFAが緊急記者会見を開くというニュースが入って来ました。ホジホジの電撃解任のようなのですが、この時期に監督交代はどうなのか少し心配です。10年の南アフリカ大会、直前まで全然調子が上がらずに、全く期待されていなかった岡田ジャパンですが、本大会で守備重視の戦術に切り替え、これが当たり予選を通過しました。どなたが監督になるのか良く分かりませんが、やっぱ守備的なチームを作り上げていくしかないのでしょうか。
前回大会では、ザッケローニは4年かけてチームを作り上げ、パスサッカーを志向して、結構良いチームが仕上がったかなと思いましたが、結果はチームは煮詰まり状態で、結果は予選で惨敗でした。また、ドイツ大会のジーコジャパンも中田、伸二、中村らの黄金世代が一番油の乗った世代で期待されていましたが、これも予選で惨敗。結果からすれば、悪いのと良いのが交代してくる、それからすれば今回は全然期待されていないので、良い成績を残す順番なのですが。
岡田ジャパンが単に運が良かっただけなのか、それは今回の戦い方で決まってくる。しかしですな、その当時に比べると、世界的にレベルアップ、上位ランクのチームはもちろんランクの低いチームもレベルを上げた来ていますので、10年の南アフリカ大会とは違う。日本は世界的なレベルアップからは遅れてしまっている。欧州に出て行く選手は多くなりましたが、この辺の克服が日本のサッカー会の将来に関わってくる事になってくるのでしょうか。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | ホジホジ解任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日から転勤です:

« 速報仙台戦 | トップページ | ホジホジ解任 »