« オリベイラ監督就任 | トップページ | オリベイラ監督就任会見 »

2018年4月21日 (土)

速報札幌戦

いよいよ最終章を迎えた大槻組長での戦い、対するは元組長であるミシャ叔父貴、舞台は整いました。
スタメンは
FWー興梠、武藤
MFー柏木、宇賀神、橋岡、阿部、長澤
DFー槙野、岩波、遠藤
GKー西川
サブは、福島、青木、菊池、柴戸、武冨、李、ズラタン。宇賀神がスタメンに復帰、マウリシオは欠場、基本的にはリーグ戦とカップ戦はメンバー使い分け。対する札幌は、契約の為か駒井はメンバーに入っていない。主審は、井上。
前半、浦和は阿部がリベロで遠藤がボランチの位置に入っている。札幌はボールポゼッションよりも、攻守を素早く切り替えて、都倉狙いのシンプルな戦法。最初は札幌に攻められ場面があったが!徐々に浦和のペースになる。
札幌はファールが多く再三FKをもらうが得点までは繋がらない。遠藤のフィードが今一歩、武藤に届かなかった場面があったくらい。サイドには!ボール回しのテンポが悪く、なかなかいいタイミングで繋がらない。
後半、サイドにボールが回るようになり、攻撃にも厚みが増してくる。しかし、サイドのクロスには正確性を欠く。柏木から興梠で、コロコロシュートは決まったかに見えたが、オフサイドの判定。
守備は集中して都倉は完全に抑えた。札幌には決定機は作らせない。選手交代も局面の打開にはならず。アウトレイジ最終章は痛み分け。

|

« オリベイラ監督就任 | トップページ | オリベイラ監督就任会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報札幌戦:

« オリベイラ監督就任 | トップページ | オリベイラ監督就任会見 »