« ACL日本勢は苦戦 | トップページ | オリベイラ監督就任 »

2018年4月19日 (木)

速報ルバン杯G大阪戦

速報でも何でもありません。情報もネットからのもので、実際には映像は見ておりません。しかし、勝ってなにより、これでルバン杯もグループ2位に上がりました。
スタメンは、
FWー李、ナバウト
MFー尚貴、マルティノス、萩原、武冨、青木
DFー柴戸、岩波、遠藤
GKー福島
サブは、西川、宇賀神、橋岡、大城、柏木、長澤、ズラタン。スタメンは、前の試合からは遠藤以外全て入れ替え?宇賀神がメンバーに復帰。
G大阪のメンバーも大幅に入れ替えで、ユース上がりの選手なのか知らない選手だらけでした。G大阪はJ3のG大阪ユースの、ような選手でした。メンバーからすれば勝って当然の試合だったなかもしれません。
大槻監督は、ターンオーバーを上手くやっている印象です。連戦が続くのであればこの辺の巧拙が成績に大きく関係してくる。
ナバウトは、清水戦もそうでしたが、あまりチームにはフィットしていない印象、とにかく周りとの連携がよろしくない。ただし、前から一生懸命に守備はしている。
マルティノスも、まだまだでナバウトよりも少しはましという感じなのでしょうか。後半になってサイドを替えて少しはマシになり、最後は、対面の米倉をイライラさせて退場に追い込んだところが今日の見所でした。
得点は、青木からの縦パスを受けた武冨がエリア内で倒され、そのPKを自ら決めたものが決勝点になりました。
内容からすれば、J1とJ3のしょっぱい戦いでしたが、結果は額面通りJ1の浦和が順当に勝ったという事でしょうか。G大阪はクルピ監督を迎えたわけですが、ここまでの戦績は全く冴えません。このままではJ2まっしぐらですが、浮上のきっかけさえ掴めていない。矢島どうしたん?今日のメンバーにすら
入っていませんでした。
これで大槻監督に代わり、4連勝で代わってから負けはなし。運が強いのか、本当に優秀な監督なのか、もう少し様子を見ましょうといううちに新しい監督が就任と言う事になるのでしょうね。

|

« ACL日本勢は苦戦 | トップページ | オリベイラ監督就任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ルバン杯G大阪戦:

« ACL日本勢は苦戦 | トップページ | オリベイラ監督就任 »