« 沖縄に行って来た2018 | トップページ | 速報ルバン杯G大阪戦 »

2018年3月 4日 (日)

速報広島戦

2018シーズンのホーム開幕戦、前節瓦斯戦では守りを崩せず引き分け、やりたい事は分かるがコンビネーション不足は否めず、興梠の孤立ご目立った。
スタメンは、
FWー武藤、興梠、マルティノス
MFー長澤、阿部、青木
DFー宇賀神、槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、武冨、李、ズラタン。柏木は怪我なのかベンチにさえいない。両サイドに、はったWGとそのスペースをつくインサイドハーフのコンビネーションどうなっているか、興梠の孤立は防ぎたいところ。主審は木村。
前半、柏木の位置には青木が入り、阿部がアンカー。右サイド、マルティノスにボールが集まり、マルティノスほさかんに一対一を仕掛ける。そこに、長澤、青木ごフォローに入ってくる。左サイドは、宇賀神がビルトアップに入ってくる分、武藤の孤立ご目立つ。
マウリシオの軽率なプレーけらピンチを招くが、広島にはチャンスへ作らせず。槙野は集中しており、パトリックに抜け出されそうになる場面も身体を張って防ぐ。
マルティノスのFKけら武藤のヘッドご決まったに見えたが、ファールでノーゴール。マルティノスのサイド突破から、一度はクリアされたボールを遠藤がDFを交わして、フリーの青木に合わせて浦和が先制。インサイドハーフが攻めに絡んでくるのは前節けれ修正されてが、その分ピルドアップが窮屈な感じ。
後半、立ち上がり右サイドからマルティノス、遠藤のコンビネーションこらチャンスを作るがゴールを奪えず。浦和の時間帯であったがここで追加点を、奪えなかったのご今日の勝負の分かれ目となった。
西川のフィードを広島に攫われ同点される。ズラタン投入し、ズラタンが裏に抜け出しGKと一対一になるがゴールならず。浦和は足が止まりだし、広島のサイド攻撃に対して下がりすぎ、中がぽっかりと空き、逆転ゴールを許す。
武冨、李と投入し、武冨のゴールポスト直撃のシュートあったが、攻めのざつさは否めず、広島の守備を崩せずタイムアップ。
苦しいシーズンになりそうな予感!

|

« 沖縄に行って来た2018 | トップページ | 速報ルバン杯G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 沖縄に行って来た2018 | トップページ | 速報ルバン杯G大阪戦 »