« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月18日 (日)

速報横浜戦

開幕から調子が上がらず同士の戦い、ルバン杯では調子の上がらないG大阪に完敗、堀体制はお前はもはや死んでる状態。
スタメンは、
FWー武冨、興梠、武藤
MFー柏木、長澤、青木
DFー宇賀神、マウリシオ、槙野、菊池
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、阿部、直輝、マルティノス、ズラタン。ルバン杯でゴールを決めた武冨ごスタメン、遠藤ご欠場で右SBは菊池。マルティノス、阿部はベンチ。主審は山本。
前半、横浜のラインは超コンパクト、DFラインの裏のリベロがGKという感じ。お互いに高いライン同士で中盤でガチャガチャやっており、コンビネーションの匂いはない。
横浜のピルドアップは相当に怪しいが、浦和がボールを奪取しても横浜のオフサイドラインにかかり有効な攻めは出来ない。武藤、武冨はワイドじゃなくて、興梠の近場にポジションさせた方が良さそう。
横浜の攻めの相当酷い、ウーゴはお散歩状態、一度だけ浦和のラインに裏抜けして、ウーゴに繋がったが西川がナイスセーブ。浦和の攻めも横浜の高いライン対して工夫なく、裏抜けはオフサイド、サイドに回しても精度の無いクロスご上がるばかりで得点には至らず。
後半、横浜がボールを繋げるようになると横浜ペース。横浜の際どいシュートもあったが、何とかしのぐ。
直輝、ズラタンと、投入し打開を図るが何の打開策にならず。おしかったのは、青木の超ロングシュートと終了間際の青木の裏抜けくらい。得点の気配は感じられず。調子の上がらないG大阪戦に続いての敗戦、もう来るとこまでは来ていますね。試合終了後のブーイングでなく浦和レッズコール。選手よりも戦術の問題かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

速報ルバン杯G大阪戦

ミッドウィークのルバン杯、相手は調子の上がらないG大阪調子の上がらない同士の対決。
スタメンは
FWー萩原、ズラタン、武冨
MFー柏木、長澤、阿部
DFー菊池、槙野、岩波、遠藤
GKー西川
サブは、福島、宇賀神、青木、マルティノス、直輝、武藤、李。左WG萩原、ズラタンCF、阿部アンカー、岩波がスタメン。主審は今村。
前半、G大阪の、前ブレスにピルドアップご上手く行かない。せっかくボールを奪ってもズラタンがボールを収められない。ボールを持ち上がる泉澤に対してノープレッシャー、いとも簡単に決められる。
その後、浦和の時間帯になるが、コンビネーションが悪く、精度の悪いクロスご上がるのみ。FWに渡ってもシュートを狙わないなら点は入らない。
左サイドけらのクロスに対して、長澤はCBの間にぼじを取りやすやすと2点目。点の、取られ方といい、攻めといい本当に酷すぎの前半、埼スタにブーイングが鳴り渡る。
後半、前半からの改善はなし。ボールへのプレッシャーが弱い。守備も崩壊か。一点返すが見どころなく試合終了。これは監督解任レベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

速報広島戦

2018シーズンのホーム開幕戦、前節瓦斯戦では守りを崩せず引き分け、やりたい事は分かるがコンビネーション不足は否めず、興梠の孤立ご目立った。
スタメンは、
FWー武藤、興梠、マルティノス
MFー長澤、阿部、青木
DFー宇賀神、槙野、マウリシオ、遠藤
GKー西川
サブは、福島、岩波、萩原、武冨、李、ズラタン。柏木は怪我なのかベンチにさえいない。両サイドに、はったWGとそのスペースをつくインサイドハーフのコンビネーションどうなっているか、興梠の孤立は防ぎたいところ。主審は木村。
前半、柏木の位置には青木が入り、阿部がアンカー。右サイド、マルティノスにボールが集まり、マルティノスほさかんに一対一を仕掛ける。そこに、長澤、青木ごフォローに入ってくる。左サイドは、宇賀神がビルトアップに入ってくる分、武藤の孤立ご目立つ。
マウリシオの軽率なプレーけらピンチを招くが、広島にはチャンスへ作らせず。槙野は集中しており、パトリックに抜け出されそうになる場面も身体を張って防ぐ。
マルティノスのFKけら武藤のヘッドご決まったに見えたが、ファールでノーゴール。マルティノスのサイド突破から、一度はクリアされたボールを遠藤がDFを交わして、フリーの青木に合わせて浦和が先制。インサイドハーフが攻めに絡んでくるのは前節けれ修正されてが、その分ピルドアップが窮屈な感じ。
後半、立ち上がり右サイドからマルティノス、遠藤のコンビネーションこらチャンスを作るがゴールを奪えず。浦和の時間帯であったがここで追加点を、奪えなかったのご今日の勝負の分かれ目となった。
西川のフィードを広島に攫われ同点される。ズラタン投入し、ズラタンが裏に抜け出しGKと一対一になるがゴールならず。浦和は足が止まりだし、広島のサイド攻撃に対して下がりすぎ、中がぽっかりと空き、逆転ゴールを許す。
武冨、李と投入し、武冨のゴールポスト直撃のシュートあったが、攻めのざつさは否めず、広島の守備を崩せずタイムアップ。
苦しいシーズンになりそうな予感!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »