« 速報ACLファイナル アルヒラリ戦 | トップページ | 沖縄キャンプに行こう »

2017年12月 2日 (土)

速報横浜戦

2017シーズンのラストマッチ、ACLを取ったもののリーグ戦では中位に沈みモチベーションが、保ち難い試合となった。
スタメンは
FWー興梠、梅崎、高木
MFー柏木、矢島、青木
DFー宇賀神、槙野、阿部、平川
GKー西川
サブは、榎本、マウリシオ、森脇、長澤、駒井、ズラタン、武藤。CWCを見据えてか、ラファ、遠藤はベンチ外。主審は今村。
前半、メンバーが大幅に変わってるにもかかまわず、浦和のプレスほ組織的で、横浜はビルドアップもままならず。浦和は攻守のきりかえも早く横浜を圧倒。
サイドけらの攻撃も効果的で、テンポ良い攻撃で横浜のゴールネットを2度ゆらすが!オフサイドの判定でノーゴール。横浜にはチャンスらしいチャンスは与えず。
後半、ボールキープはするものの決定機は作れない。柏木、矢島の、インサイドハーフは縦のいい関係を作っていたが、矢島の、ミスが目につくようになる。
横浜はプレスほ緩いが中に守備は堅牢。浦和のサイドからの攻めは跳ね返される展開続く。横浜の守備を跳ね返すようなコンビネーションもない。
集中していた守備の一瞬の隙があき、バイタルがガラガラになってしまい横浜にミドルを決められる。ズラタン、武藤、長澤と交代するもこうかてきね攻めが、出来ず。興梠もコンデション不良なのだか、ボールをキープできない。このままタイムアップ。
ACLのタイトルは取ったものの、その後リーグ戦は2連敗でシーズン終了。守備にテコ入れへできたものの、上位チームに守備を固められると対応出来ず、ラファの個の力に頼るくらいしか突破口はない。課題を残して今シーズンは終了。来期も苦しい戦いが、待っている予感。

|

« 速報ACLファイナル アルヒラリ戦 | トップページ | 沖縄キャンプに行こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜戦:

« 速報ACLファイナル アルヒラリ戦 | トップページ | 沖縄キャンプに行こう »