« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報上海上港戦 »

2017年10月14日 (土)

速報神戸戦

週中にはACLのSFもあり、選手起用が木になるところですが、堀監督はメンバーを随分といじってきました。
スタメンは
FWー興梠、
MFーズラタン、武藤、柏木、矢島、青木
DFー宇賀神、阿部、マウリシオ、森脇
GKー西川
サブは、榎本、遠藤、平川、長澤、平川、高木、ラファ。代表帰りの、槙野はメンバー外、遠藤はサブ。サイドは、宇賀神、森脇。アンカーが青木なのでしょうね。主審は岡部。
前半、立ち上がり宇賀神のボーとしたプレーからあっさり失点。神戸は、渡邉!小川の2トップで、その下にポドルスキーが構える。ただポドルスキーが余りにボールを触りたがるポジションを取っているため、ゴールから遠くなってしまい怖さはない。
浦和は柏木の右からのクロスのこぼれたところを、宇賀神がシュート、枠を全然外れていたが矢島が反応して同点。全くラッキーね得点でした。
左の宇賀神の出来が余りに ひどく、左からの攻撃はかたちにならず。右からのズラタンの攻撃が効いていたような。宇賀神は試合にでるレベルで無いね。
後半、宇賀神→平川ほ当然の交代。神戸はポドルスキーはゴール前でポジション取っていたが、ボールが来ないため、またゴールこら遠ざかりボールを受けに行く。
浦和もズラタン奮闘しているが、コンビネーションがイマイチ、武藤は消えていた。決定機はあったがゴールネットを揺らすまでには至らず。こういう試合をものにしないと上には行けない。

|

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報上海上港戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報神戸戦:

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報上海上港戦 »