« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報新潟戦 »

2017年7月 1日 (土)

速報広島戦

3連敗となりチーム状態は最悪、前掛かりとなりミス犯し失点耐えるべきところで耐えられない、これに尽きると思います。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、柏木、関根、駒井、阿部、遠藤
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、榎本、青木、長澤、平川、李、ズラタン、ラファ。ミシヤは、那須をレベロに起用、柏木、遠藤のポジションを一列上げる戦術を取ってきた。守備の安定をもたらす事が出来るか。主審は福島。
前半、調子が上がらない同士の戦い、お互いにミスが多い。ミスからチャンスがいきなりピンチへ、序盤は浦和ペースだったが、次第に広島ペースとなる。西川のプレーは相変わらず不安定。
浦和のプレーは、判断が遅い。そのためシュート出来ない、ミスから一気にピンチになる。ロングボールから右サイドでボールをキープした駒井こら、中央でフリーの興梠がごっちゃんゴール。続いて、ショートカウンターから武藤にボールが渡り、武藤のシュートはGKはセーブしきれずゴールイン。ラッキーなかたちで追加点が取れた。
後半、交代のアンデルソンロペスに気を取られたかのように、浦和の守備がザルになる。カウンターから一気に2対5って何?3失点とも同じような失点。守備は完全に崩壊。
前の選手を投入して更に傷口を広げる。だだ今日は相手が、浦和に輪をかけて具合が悪かった広島だったのがすくい。
ズラタンは相手の守備のズレをついて、そして関根が単騎ドリブルでシュートを決めて逆転。勝つには勝ったが内容は全くの糞試合。守備の修正はされていない。また、今の戦術では負荷のかかる、WGに交代無し。関根、駒井はヘロヘロ、ミシャ戦術の限界を見た。
去年、同じ時期
に瓦斯に逆転勝ちして調子上げたが、ことしもこの試合をキッカケにして欲しい。

|

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177853/65481450

この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報新潟戦 »