« 速報柏戦 | トップページ | 速報鳥栖戦 »

2017年6月18日 (日)

速報磐田戦

中断明けの一戦、連戦の疲れもあり思うように勝ち点を積み上げられていなかったわけで、選手たちのコンデションに注目です。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブほ、榎本、那須、青木、駒井、高木、ズラタン、ラファ。前線はKLMのコンビ、ラファはベンチから。磐田は中村は欠場。ジェイはいなくなったが川又がいる、その辺注意が必要。主審は廣瀬。
前半、磐田は川又、アダウイトンの2トップが盛んにビルドアップにブレスをかけてくる。中もしっかり固められおり、浦和はなかなか攻めてがない。
セットプレーから武藤のヘッドはGKの正面。磐田のアフターの気味のタックルもあり、良い形が作れない。試合はだんだんいわたのペースになってくる。FKから西川飛び出すがボールに触れず、こぼれたボールを押し込まれ、磐田が先制。西川の判断ミスだな。
浦和はその後攻めて、槙野スペシャルから宇賀神が抜け出すが、宇賀神のクロスは興梠には合わず。CKから阿部がヘッドですらしたボールはそのままゴールインし同点に追いつく。
後半、浦和がボールを支配しベースは浦和になる。興梠のリターンを2列目から長駆駆け上がった阿部が決めて、浦和が逆転。ラファ投入し追加点とるに出るが、ここからが何故かミスが多くなり、磐田にボールを拾われる。西川の判断ミスで、アダウイトンに無人の、ゴールに流し込まれ同点に。楽勝ムードがあっと言う間に雲散霧消する。
磐田は、ここから松井に代わった松浦に2点取られてジ・エンド。ミシヤのその後の選手起用にも疑問は残る。人生いろいろ、会社もいろいろです。しかし後味が悪い敗戦。

|

« 速報柏戦 | トップページ | 速報鳥栖戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報磐田戦:

« 速報柏戦 | トップページ | 速報鳥栖戦 »