« 速報FCソウル戦 | トップページ | 速報清水戦 »

2017年5月14日 (日)

速報新潟戦

公式戦3連敗かつ無得点、新潟といえどなめてかかってはいけない、大宮戦を他山の石とせねば。
スタメンは、
FWーラファ
MFー興梠、武藤、駒井、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、宇賀神
GKー西川
サブは、榎本、那須、青木、高木、李、矢島、ズラタン。森脇は出場停止、宇賀神がCB、柏木、遠藤が復帰。主審、池内。
前半、立ち上がりボンヤリしているうちに、セカンドボールを取られ、サイドからクロスを上げられ、武蔵にヘッドを決められる。
先制点を取られ目が覚めるかと思われるがどうもパッとしない。だが、新潟の出来も浦和より酷い。右サイドてまのパス交換から抜け出したラファのシュート気味のクロスを武藤が決め同点。右サイドのパス交換から宇賀神クロスを興梠が決め逆転。更にセットプレーから槙野が押し込んで3点目。いずれもタイミング的にはオフサイド臭かったが、新潟DFはオフサイドをアピールするのみで、浦和の選手にはついて行けず。
浦和はラファ故障で高木に交代。新潟は大谷のGKミスでオウンゴール。そして、前半終了間際にカウンターから関根が決め5点目。得点の割には内容は乏しい、新潟の不出来が、目立つ展開。
後半、立ち上がりにCKから遠藤がマークにきた武蔵を弾き飛ばしてシュートを決め、6点目。何点取れるのかと言う展開となるが、浦和の攻撃はフェードアウト。
柏木→青木、宇賀神→李、その後も、新潟の、緩慢な守備陣をついて決定機を作るがシュートは決まらず。浦和の出来も良くなかったが、新潟の出来は更にそれを上回る不出来、次のゲームから呂比須に監督が代わるが降格争いは必至、厳しいかもしれない。

|

« 速報FCソウル戦 | トップページ | 速報清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 速報FCソウル戦 | トップページ | 速報清水戦 »