« 速報新潟戦 | トップページ | 速報済州戦 »

2017年5月20日 (土)

速報清水戦

悪いなりにも大勝した新潟戦、真夏のような好天の中での試合、コンデションが大いに影響してくるだろうね。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、関根、駒井、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、宇賀神
GKー西川
サブは、榎本、那須、青木、梅崎、矢島、高木、ズラタン。ラファは怪我、森脇はこの試合まで欠場。前線はKLM、サイドは、関根と駒井、梅崎がベンチへ。主審は、村上。
前半、立ち上がり左サイド関根突破からの、興梠のシュートはポスト直撃。浦和が、圧倒的にボールを支配。特にサイドからの攻撃で清水DFをちんちんにする。
関根のサイド突破からボールがルーズになったところを興梠が見事に、バイシクルシュートを決める。その後もサイドこらチャンスを作るがゴールは決まらず。
清水は、テセとチアゴが前線からプレスをかけ、力任せにボールを奪いとるくらいしかチャンスは作れない。浦和も安易なビルドアップからボールを失いピンチを招くが清水の攻めがショボすぎ?
後半、槙野がCKで再三フリーになるが決めきれず。駒井のサイド突破から興梠がゲット、楽勝ムードが漂うが、清水がテセのパワープレーで連続得点で同点に、更に慌てなくていいのだが、バイタルすかすかになりチアゴにミドルを決められてしまう、まかさの展開。
李→高木、更には禁断の駒井ボランチとして、興梠がハットトリックとなる3点目を決め同点にする。
その後は、互いに決定機を掴むが決めきる事ができす、バカ試合の様相を呈する。何も慌てなくても良いのに、自分からリズムを崩してしまう残念な展開でした。

|

« 速報新潟戦 | トップページ | 速報済州戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« 速報新潟戦 | トップページ | 速報済州戦 »