« 速報清水戦 | トップページ | 速報柏戦 »

2017年5月31日 (水)

速報済州戦

済州のカウンターでいいようにやられてしまった1stレグ。アウエーゴールを奪われる事は敗退に直結、1点取れば相手は慌てるから、そのてんかいに持ってゆきたいところです。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、駒井、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、青木、梅崎、矢島、高木、ズラタン。KLMで組んだ前3人のコンビプレーには期待したいところ。
前半、浦和は前の3人をいかしたコンビによる、中央突破での攻撃、スルー、フリックが決まりゴールの匂いプンプン。済州はカウンターを狙っている。済州は浦和のプレスの前にビルドアップが四苦八苦でミスが多い。
FKから、興梠がヘッドを決め浦和が先制。その後も、中央からのコンビによる突破が続く。李のポスト直撃のシュート、逆サイドの関根にふったシュート、惜しい場面が続く。そして、中央のコンビプレーから左に流れたボールを李が決めて追加点。
済州のカウンターに対しては、集中して対応出来ており、危ない場面はなかった。
後半、駒井、森脇、李の右サイドから再三チャンスを掴む。しかし、前半からの飛ばしすぎがたたったなか浦和の足が止まりだす。李→青木でなんとか凌ぐが、済州にボールを回され厳しい時間帯が続く。駒井→高木、済州に退場者が出るが、守りを固められゴールは上げづらい展開となる。
延長、高木のクロスから森脇が決めて浦和が逆転、最後は済州の選手が切れてしまい、後味悪い結末。

|

« 速報清水戦 | トップページ | 速報柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報済州戦:

« 速報清水戦 | トップページ | 速報柏戦 »