« 速報神戸戦 | トップページ | ユーザー車検に行って来た »

2017年4月 7日 (金)

速報仙台戦

鬼門の、アウエー神戸をクリアしたわけで、浦和の攻撃力は見せつけられた。ACLとの、連戦が続くが調子は上げていきたいところです。
スタメンは、
FWー興梠
MFー李、武藤、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、青木、駒井、菊地、亜土、ズラタン。ラファは依然として欠場、KLMのコンビネーションを見せつけたいところ。主審は村上。
前半、仙台は2-3-5で前からは当たりにいかず、浦和の攻撃をリトリートする。余裕あるビルドアップするが、スペースなくコンビネーションが活かせない。
サイドも、サイドハーフが降りて来て一対一がら作れない。と思ったところせきご個人技でDFをかわして、左足で興梠へピンポイントクロス、興梠はやすやすとヘッドを決め浦和ご先制。今度は関根がDF浦和に抜け出して、興梠に合わせて追加点。そして、武藤がゴラッソ、豪快ミドルを決める。
関根が脇腹を痛めて前半途中で交代。しかし
浦和へ攻撃の手を緩めず、左サイドこら攻め、PA内で宇賀神ごファールを受けPK獲得、興梠ごハットトリックとなるPK決める。
後半、李、オウンゴール、柏木と仙台をタコ殴り。守備も最後まで集中し、今季初の、無失点勝ち。

|

« 速報神戸戦 | トップページ | ユーザー車検に行って来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報仙台戦:

« 速報神戸戦 | トップページ | ユーザー車検に行って来た »