« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報大宮戦 »

2017年4月22日 (土)

速報札幌戦

GWの連戦が開始となってくる今日の一戦、選手のやり繰りが今後のポイントになってくる。
スタメンは
FWーラファ
MFー興梠、武藤、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、青木、駒井、長澤、李、ズラタン。関根がスタメン、駒井がベンチ復帰、前節スタメンの菊地はメンバー落ち。ミシャの選手起用がポイントですな。主審は荒木。
前半、札幌は1-4-5なのだろうが、浦和に押し込まれて5-5の2ライン、引きこもりなのだか、再三浦和に裏抜けを許す。
興梠、ラファが裏抜けするが得点には至らず、右サイドは圧倒的に関根、札幌左サイドは炎上。先制したのは浦和、CKからラファがせり、こぼれ球に自ら反応してシュートを決める。その後^_^圧倒的に攻めるが、札幌のGKがあたりまくりで追加点は奪えず。
まったりした雰囲気が漂うなか、オフサイドトラップ掛け損ないような感じで、札幌に同点ゴールを許す。
浦和は圧倒的にボールを支配、宇賀神の左サイドクロスから興梠のヘッドはGKにセーブされるが、そのこぼれ球を関根がゴール。
後半、札幌は連動性が出て来て、ビルドアップが前半よりかなり良くなってくる。都倉がサイドに流れなくなり、戦術は都倉が効く体制に。ボールのポゼッションはイーブンという感じ。
浦和も何度か決定機あるが決め切れず。
札幌は内村投入で勝負に出る。がそこは浦和が一枚上手でした。カウンターから興梠のシュートはGKにセーブされるが、こぼれを拾った興梠に対してファール、このPKを興梠が決める。
札幌は伸二を投入して対抗、伸二を囮にしてFKを決めて一点差に迫るが、浦和は落ち着いてしのぎきる。札幌は、勝負に出たところで浦和に追加点を許したのが綾だった。ただの引きこもりサッカーでなく、この順位にいるのは当然の戦いだった。

|

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報札幌戦:

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報大宮戦 »