« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

速報ACL①FCソウル戦

来たー、ミシャ得意のターンオーバー。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、青木、駒井
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、榎本、遠藤、長澤、矢島、菊池、ズラタン、ラファ。前の選手を弄って来るのは分かっていましたが、ボランチになんと駒井をスタメン抜擢、相方は横浜戦で負傷退場した青木を起用、阿部はベンチにさえいない。また遠藤に代わり那須をリベロで起用。連戦を勘案した選手繰りは出来るような体裁は整えた。主審は

前半、前の3人のコンビネーションがよい、特に李がキレキレ。李起点に興梠が幹サイドに流れて武藤のへっが決まって先制。その直後、駒井からのバスを受けた李が冷静に決めて追加点。
FKから1点返されるが、武藤の突破から関根にパスが通り3点目。必死になったFCソウルにボールを支配される展開が続いたが、冷静に対応。前から来るFCソウルの裏を取り、李の突破から宇賀神のあたり損ないのシュートが決まり、4点目。更に駒井のシュートが決まり5点目。FCソウルは中の守備がルーズ、GKも挙動不振ではこの失点も止むを得ない。
後半、浦和はFCソウルの攻撃をいなしての、カウンター狙い。駒井のボランチはあの位置でのボールキープは安全第一が肝要かと思うが、トリッキーなプレーも、ハマった時は良いが変な奪われ方をされるとたちまちピンチに。ただ足が速い分だけ相手の攻めを防ぐ場面もあった。
FCソウルは浦和の右サイドからの攻めに対抗出来ない、ケアする分逆サイドの宇賀神がノーマークになる、一度あった決定機はクロスバーをはじく。
興梠→ラファ投入、ラファはドリブル突破する際の爆発的なスピードを見せてくれる。関根からの絶好機はGKのセーブに阻まれる。
長澤、ズラタンと投入するが決定機は掴めず。逆に終了間際に、サイド突破こらバイタルがら空き、横浜戦でやられたのと同じ形で、また失点。せっかくの快勝に、水をさした感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

速報横浜戦

2017シーズン開幕戦は横浜との対戦、守備が堅い横浜はここ数年浦和にとって嫌な相手となっている。
スタメンは、
FWーラファ
MFー興梠、柏木、宇賀神、駒井、青木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、長澤、矢島、関根、李、ズラタン。怪我からの復帰は、シャドウでの起用。主審は山本。
前半、横浜は効率的なプレスで浦和のビルドアップで前3人に繋ぐタイミングでの、プレスで浦和は柏木が下がって鯖ことする為、前でのコンビネーションが出来ない。立ち上がりの宇賀神→青木のダイビングヘッドの惜しいチャンスあり。しかし、攻めては横浜のカウンターを食らう。森脇は斎藤にチンチンにされる。また、斎藤に飛び出されると浦和のDFは斎藤に集中、バイタルがスカスカになってしまう。取られるべくして取られらた先制点を奪われる。その後ラファが絶好機に2度掴むが決めきれず。
後半、浦和はビルドアップでドリブルを使うなどして、プレスに来る横浜を散らすようにする。前のラファ、興梠にシンプルにボールが入るようになる。
興梠がチャンスを決められず。青木が傷んで関根が右WGで駒井ボランチ。関根のクロスをラファがDFをかわして同点。その直後、柏木からラファで逆転、ラファはいとも簡単にシュートを決めてしまうのね。
柏木→那須で逃げ切りに入るが、セットプレーから同点にされ、アデッショナルタイムに斎藤のドリブルから、バイタルがスカスカ、最初の失点と全く同じパターンで逆転されてしまう。ゼロックスで露呈したカウンターへの脆さ、ボールにつられてしまい組織的な守備が出来ていない。ラファのプレーには期待持てたが、守備での脆さが修正出来ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

奄美大島に行って来た

LCCのバニラエアーのセールの片道1990円なるもので予約が取れましたので、かみさんと奄美大島まで旅をしてきました。1月下旬の予約でしたが、予約を取ったのは去年の10月でセールにて本当に運よく予約が取れました。






LCCは成田の第三ターミナルを発着点にしており、これが出来ていわゆるボーディング・ボードだ出来たわけですが、何故かバニラエアーはバスによる搭乗ということでした。第三ターミナルと遠いところかつそこからバスで搭乗、まあ1990円で奄美大島まで行くのだから文句も言えませんか。
成田までは、鹿島遠征で通る利根川水郷ライン&農免道路で行きました。朝早く5時に家をでましたので渋滞は全くなし、2時間で成田の駐車場まで。第三ターミナルで時間をつぶしましたが、バニラエアーはジェットスターに比べても成田での搭乗までの待合室がチープという感じでした。
9:40発成田で若干の遅れがあったものの、12:45には奄美航空に到着。そこらかレンタカーでの2泊3日の旅が始まりました。

Dscf6444Dscf6445 まずは奄美パークに行きそこで、昼食をしました。しかし、そこからの海の景色も本当にきれいでした。ランチは鶏飯といういう選択もあったのでしょうが、いまいち鶏飯の味にはなじめず何故かから揚げ定食を食してしまいました。



レンタカーデ本日の宿となっている、名瀬市内奄美サンプラザホテルをめざしました。まずは、あやまる岬に行きましたが、ここも言葉を失うくらいのきれいばビーチ、泳ぎたい誘惑にかられました。

Dscf6455Dscf6481



 ハートロック、大浜海浜公園を経由して、ホテルに到着しました。ホテルは名瀬市内の中心街にあるホテル、早期に予約したせいかなぜか最上階11楷の海が見える角部屋が用意されたいました。

当日は、ホテルのレストランの割引券やら、ドリンクサービスがあるためホテル内のレストランで夕食を頂く。近くの酒屋で黒糖焼酎の長雲を手に入れることが出来ました。長雲はお湯割りにすると黒糖の独特の香りが目立ち最高ですね。





翌日は、レンタカーにて島めぐり、まずはマングローブの原生林を見学、カヌーとかのアクテビティもあったのですが、年も年だし運動神経に不安あるため見学だけにしました。


ならに島の南部に進み、瀬戸内町の古仁屋まで行きました。フェリーで加計呂麻島に行ってみたかったのですが、行きのフェリーはあったのですが、帰りは5時になってしまい、止む無く断念。道の駅せとうちでランチに刺身定食を頂く。これが結構いけました。

午後は、やどり浜に行きましたが、これもめちゃくちゃ綺麗なビーチ、当日は暑かったので海水浴をしたくなるような感じでした。


続いて綺麗なビーチが続きました。



そして、黒糖かりんとで有名ななんとか製菓、それかられんとで有名な酒蔵を見学。そして、滝を見てしました。


最後は夕陽が沈むサンセットビーチをみて、ぐうたらな観光を行う。


ホテルに帰ると8時近く、奄美大島の時差は1時間以上ありましたね。外で食事も良かったのですが、さすがに疲れていましたので、またホテルのレストランで島の御膳を頂きました。
最終日は、奄美パークとあやまる峠を見学して13:00発の飛行機で成田空港まで帰還しました。LCCのセールで予約した旅行であまり計画も立てずに行ってしまいましたが、それはそれで良かったのかな。次回は加計呂麻島に行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »