« 速報横浜戦 | トップページ | 速報C大阪戦 »

2017年2月28日 (火)

速報ACL①FCソウル戦

来たー、ミシャ得意のターンオーバー。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、青木、駒井
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、榎本、遠藤、長澤、矢島、菊池、ズラタン、ラファ。前の選手を弄って来るのは分かっていましたが、ボランチになんと駒井をスタメン抜擢、相方は横浜戦で負傷退場した青木を起用、阿部はベンチにさえいない。また遠藤に代わり那須をリベロで起用。連戦を勘案した選手繰りは出来るような体裁は整えた。主審は

前半、前の3人のコンビネーションがよい、特に李がキレキレ。李起点に興梠が幹サイドに流れて武藤のへっが決まって先制。その直後、駒井からのバスを受けた李が冷静に決めて追加点。
FKから1点返されるが、武藤の突破から関根にパスが通り3点目。必死になったFCソウルにボールを支配される展開が続いたが、冷静に対応。前から来るFCソウルの裏を取り、李の突破から宇賀神のあたり損ないのシュートが決まり、4点目。更に駒井のシュートが決まり5点目。FCソウルは中の守備がルーズ、GKも挙動不振ではこの失点も止むを得ない。
後半、浦和はFCソウルの攻撃をいなしての、カウンター狙い。駒井のボランチはあの位置でのボールキープは安全第一が肝要かと思うが、トリッキーなプレーも、ハマった時は良いが変な奪われ方をされるとたちまちピンチに。ただ足が速い分だけ相手の攻めを防ぐ場面もあった。
FCソウルは浦和の右サイドからの攻めに対抗出来ない、ケアする分逆サイドの宇賀神がノーマークになる、一度あった決定機はクロスバーをはじく。
興梠→ラファ投入、ラファはドリブル突破する際の爆発的なスピードを見せてくれる。関根からの絶好機はGKのセーブに阻まれる。
長澤、ズラタンと投入するが決定機は掴めず。逆に終了間際に、サイド突破こらバイタルがら空き、横浜戦でやられたのと同じ形で、また失点。せっかくの快勝に、水をさした感じ。

|

« 速報横浜戦 | トップページ | 速報C大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ACL①FCソウル戦:

« 速報横浜戦 | トップページ | 速報C大阪戦 »