« 速報ルヴァン杯決勝G大阪戦 | トップページ | 速報横浜戦 »

2016年10月22日 (土)

速報新潟戦

ルヴァン杯を勝った勢いで調子で一気にいきたい今日の試合。何故か柏木はベンチから
スタメンは、
FWー興梠
MFー高木、武藤、関根、駒井、阿部、青木
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、平川、柏木、石川、李、ズラタン。宇賀神は怪我で欠場、柏木はベンチから。主審は山本。
前半、5バックで前からプレスに来る新潟に対して、浦和はビルドアップから前線にパスを送る。遠藤から興梠へのパスで、興梠は新潟DFライン裏に出て、やすやすとゴールを決める。
その後も、駒井のサイド突破に新潟DFは対応出来ない。楽勝予感漂うところで、森脇がラファエルシルバにプレゼントパス、ラファエルシルバは遠藤もぶっちぎり、先週のアデミウソンにやられたデジャブー。
その後、新潟にボールを支配される展開が続く。また森脇が決定的ミス、ラファエル→レオ→小泉でピンチを招く。森脇はその後もレオに
かっさわらピンチを招く。
後半、不調の森脇に代わり那須。浦和の守備は落ち着く、浦和の攻勢が続く、後半は圧倒的に浦和が攻める。しかし、守備を固める新潟に対して効果的なコンビネーションプレーが出来ない。李、ズラタンと投入。
カウンターを狙う新潟が武蔵のゴールネットを揺らしたヘッドはオフサイドの判定。試合終了間際の武蔵のヘッドはゴールポスト直撃、そこからのカウンターで、青木→関根とつなぎ、関根のパスを李がスルー、興梠がゲット。厳しい戦いを制する。
去年までなら、ポスト直撃が決まってしまったのではないだろうか。しょぱい戦いながら結果を出している浦和、去年までとは一味も二味も違う。

|

« 速報ルヴァン杯決勝G大阪戦 | トップページ | 速報横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 速報ルヴァン杯決勝G大阪戦 | トップページ | 速報横浜戦 »