« 速報ルヴァン杯神戸戦 | トップページ | 速報鳥栖戦 »

2016年9月 4日 (日)

速報ルヴァン杯神戸戦

1stレグは半ば神戸の自滅で勝利、今日は苦手のPJが前節レッドでいない。
スタメンは、
FWーズラタン
MFー高木、武藤、関根、駒井、阿部、青木
DFー宇賀神、那須、森脇
GKー大谷
サブは、岩館、永田、加賀、イリッチ、石原、李、興梠。梅崎に代わって駒井、神戸はPJに代わり小川を入れてくる。浦和としては、アウエーゴール2点があるので、慎重な戦い方が必要。主審は山本。
前半、芳しくない立ち上がり、ビルドアップが上手くいかずに神戸にゲームをコントロールされる展開。しかし、要注意のレアンドロは那須と宇賀神がはさみ込むように対応する。
バイタルエリアがぽっかりと空いてしまい、神戸に際どいミドルを喰らうが幸いにも大谷の正面。冴えない展開にミシャご主審の判定にクレームをつけて退席処分となってしまう。しかし、これをきっかけとして浦和のテンポが上がる。高木のカットインから武藤のシュートは惜しくもサイドネット。
カウンターから関根のドリブルから、フリーの高木へ、高木はGKの動きを冷静に見切ってゴールをあげる。浦和のボール回しが良くなり、サイドからの見事なボール繋ぎ、最後はゴール前でフリーの高木のごっちゃんゴールと思われたが、神戸選手にどつかれシュートは外すがPKゲット。阿部が冷静に決める。ミシャがいなくなってから浦和の動きが急に良くなった。
後半、神戸は不安定なDFライン交代したが逆に炎上。浦和のやりたい放題になってしまった。高木はチームにようやくフィット、鋭いカットインから今日2点目のゴールをゲット。ズラタン、高木→興梠、李に交代。素早いリスタートから関根が左サイドを駆け上がり、李が4点目をゲット。高木よ覚醒によって本当のターンオーバーが出来る体制になった様な気がします。
私の後ろの席の妙齢の女性がボールが大谷に行くたびに悲鳴をあげていましたが、大谷はそんなヘボじゃないで。

|

« 速報ルヴァン杯神戸戦 | トップページ | 速報鳥栖戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ルヴァン杯神戸戦:

« 速報ルヴァン杯神戸戦 | トップページ | 速報鳥栖戦 »